製造業の現場の特徴とヒューマンエラーを誘発する4つの要因とは?製造業の品質改善事例

製造業の現場の特徴とヒューマンエラーを誘発する4つの要因とは?

ヒューマンエラーの対策は、かつては量産ラインの加工・組立作業など
繰り返し作業中のミスが主な対象でした。
そこでは、人の認知、判断、行動に伴うミスに注目し、できるだけミスを
引き起こさないようにする「ポカヨケ」対策が主体となっていました。
つまり、個別の要因ごとに現場の「カイゼン」によって対策されてきました。

しかし、小量の受注で多品種化された工場のヒューマンエラーは、いままで
の「ポカヨケ」対策だけでは対応が難しくなっています。





 ★多品種少量生産工場の正しいヒューマンエラー対策シリーズ

多品種少量受注生産工場における現場作業の特徴は
 ①作業工程、手順
  機械加工や組立作業は変則的で、1個だけしか生産しない製品もあり必ずしも
  標準書が準備されているわけではなく、図面だけを頼りに加工する場合も多い
  ため、作業ミスや作業漏れが発生し安くなっている。

 ②準備作業、間接作業など
  工具や材料、条件セットなど準備作業、他部門との確認や調整、運搬作業など
  の間接作業など、直接生産作業以外の作業が格段に増加しており、間接作業に
  おいても、ミス防止対策を講ずる必要がある。

 ③作業教育訓練
  熟練技能者が減少し、パート社員などの非正規社員が増加していること、また
  新人社員が入社しても、多忙のために十分な教育訓練が実施できていないため
  作業ミスが多く発生する。

 ④部門間連携のルール
  複雑かつスピーディーな管理が要求される中、部署内や、部署間の連携が
  欠かせないが、連携のためのルールがない、または不明確な場合が多く情報
  伝達ミス、作業漏れ等が発生している。

 ⑤品質管理の基本
  「ルール順守」「報連相」などの品質管理の基本が守られず、品質軽視の
   組織風土が蔓延する様々な問題が放置され、解決されない状況にある。

など、生産を取り巻く環境は大きく変化しています。
従来の考え方に基づいた現場管理では、いくら作業者に注意を促しても、一向にミス
が減らず、むしろ増加傾向にあります。

ではその場合、何がヒューマンエラーの要因で、何を重点に対策を実施すればよい
でしょうか?

ヒューマンエラー要因.jpg

■ ヒューマンエラー要因
(1)情報要因
 情報伝達で求められるのは、内容の正確性/スピード性/到達性です。
刻々変わる製造品種に伴って、工程間のスケジュール調整や納期調整などの
生産管理情報、顧客からの要求仕様、図面などの情報、これらを正しく、
タイムリーに必要部署に伝達しなけれななりません。
しかし、必ずしも情報ルート、情報伝達手段などが明確になっているとは言え
ない状態です。

(2)教育訓練要因(人の経験・スキル)
 正しい手順を守るための教育・訓練が不足しているために技能が未熟なまま
作業を行い、ミスにつながっています。
教育計画、教育方法、教育手段、ツールなどが整備されていないため、新人教育
熟練技能教育がほとんどなされていないという状況を多く見かけます。

(3)変動要因(PSF)
 作業環境や、作業そのものにムリムラムダが生じている、やりにくい作業など
によってミスが生じます。
また、作業負荷によって焦りや疲労、プレッシャーが生じている中での作業は
ミスに結び付きます。

(4)組織風土要因
 工場の現場では、ルールを守らない、役割と責任が不明確、正しい品質管理
手法が浸透しないなど、組織全体の活力やモラールが低下している職場も多く
見受けられます。

ヒューマンエラーは以上のような要因が複合して発生しているが近年の製造業
の現場の実態ではないでしょうか?

では、このような状況を脱し、ヒューマンエラーを減らすにはどのように対策
すれば良いでしょうか?

続く!→ ヒューマンエラー・再発防止手順:是正・予防対策の進め方

2021年 DVD版:ナレーション付きテキスト品質改善講座
 各6000円   お申し込みは <こちらから
 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから> 
スライド1.JPG
No.01 DVD:6,000円
時代に適した新たな品質管理の取り組みに重点を置き、潜在不良の未然流出防止対策の考え方と実施手順について解説します。
品質管理の基本とルールを守るしくみ、工程設計段階における予防処置、4M管理手法、検査方式設計手法など。
   詳しい内容はこちら 
スライド2.JPG
No.02a DVD:基礎編 6,000円
No.02b DVD:応用編 6,000円
ヒューマンエラー対策のポイントは、ミスの起きやすい作業を科学的に分析すること、ミスを予防するためのしくみをしっかり構築することです。多品種少量生産工場においてヒューマンエラー対策は最も重要な品質向上策です。
   詳しい内容は<こちら
スライド3.JPG
No.03 DVD:6,000円
多品種少量生産工場における現場の日常管理の主体は4M変化点管理です。本マニュアルでは、4M変化点の発生するケースを3つに分類し、それぞれの管理方法、手順を詳しく解説します。
   詳しい内容はこちら
スライド4.JPG
No.04a DVD:基礎編 6,000円
No.04b DVD:応用編 6,000円
モノと情報の流れ図を作成し、流れを阻害する個所を特定し、しくみの悪さを是正する活動で、部分最適に陥ることなく、全体最適化を図り、工場の品質向上、生産性向上を図る。 
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.11a DVD:基礎編 6,000円
No.11b DVD:実務編 6,000円
FMEA簡易評価法(DRBFM)を基礎から学ぶための入門テキスト 基本的な考え方補助ツール、実施手順(事例)をわかりやすく解説します。
   詳しい内容は<こちら
スライド2.JPG
No.12 DVD:6,000円
工程FMEAを実施するにあたっては、製造工程の信頼性設計の考え方、リスクの想定と予防策を講ずることが前提となります。また上流工程からの情報の欠落、劣化を防止するためのレビュー実施が欠かせません。
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.21a DVD:基礎編 6,000円
No.21b DVD:応用編 6,000円
スマートファクトリー化を見据えた中小製造業のロボット導入、IOT導入を伴う現場改革手順、導入の課題を明らかにします。
  詳しい内容はこちら
スライド2.JPG
No.22a DVD:基礎編 6,000円
No.22b DVD:応用編 6,000円
ボトルネック・制約条件(TOC)理論に注目して、攻めどころを設定し、リードタイム短縮、付加価値生産性(スループット)工場を図る改善手順について事例を交え、解説します。
   詳しい内容はこちら
お申し込みはこちらから
 品質管理・品質改善事例研究
      <PDF電子データー配信>

 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから 

★ご注文は <こちらから
  お支払いは、銀行口座振り込み、クレジットカード払い、Paypalから選択
  (海外からもで購入可能)

スライド1.JPG
多品種少量生産、人手不足など厳しい市場の品質要求に応える新しい品質管理手法を提案!統計を使ったもぐらたたき方式から気づき、予測に基づくトラブル未然防止に重点を切り替えます。
 ★PDF電子マニュアル:1500円
スライド1.JPG
多品種少量生産時代の現場の4M管理のルール重点管理・先手管理/重要要因・重要特性の統計的管理手法などを体系的に網羅しています。
 ★PDF電子マニュアル:3,000円
スライド2.JPG
まず、現場におけるモノと情報の流れ図を作成し、全体を俯瞰します。流れを妨げる問題をクローズアップし原因を究明します。原因は、管理の仕組み上の不備・欠陥に起因します。決して現場の整理整頓など目に見える事象に囚われてはいけません。
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド1.JPG
企業の問題で一番対策が難しいのはヒューマンエラーです。その再発防止手順を主体に具体的に分かり易く解説。ポイントはヒューマンエラーの品質管理要因分類!IT・AI最新技術を活用した検査装置、作業ミス防止装置など!
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド1.JPG
工場監査(工場選定)、ISO9000に沿ったシステム監査、工程監査(SMT基板工場)の3種類セットになっています。協力工場調査130項目、工場システム監査19項目、工程監査280項目、海外工場にも使えます。
 ★EXCEL形式データ:3,000円
スライド1.JPG
製造工程設計におけるFMEAの考え方・実施手順、リスク予防の観点で製造工程の予防対策を実施方法をわかりやすく解説します 
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド2.JPG
小規模設計チーム、部品設計、ユニット設計など小規模な製品でも使えるFMEA簡易評価法を紹介します。FMEAの基礎知識、設計工程に組み込むにはどうするか?ノウハウを明らかにする実務解説書。
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
全シリーズ(23種類)の一覧表は<こちら