2018年04月25日

製造業の現場の特徴とヒューマンエラーを誘発する4つの要因とは?製造業の品質改善事例

製造業の現場の特徴とヒューマンエラーを誘発する4つの要因とは?

ヒューマンエラーの対策は、かつては量産ラインの加工・組立作業など
繰り返し作業中のミスが主な対象でした。
そこでは、人の認知、判断、行動に伴うミスに注目し、できるだけミスを
引き起こさないようにする「ポカヨケ」対策が主体となっていました。
つまり、個別の要因ごとに現場の「カイゼン」によって対策されてきました。

しかし、小量の受注で多品種化された工場のヒューマンエラーは、いままで
の「ポカヨケ」対策だけでは対応が難しくなっています。





 ★多品種少量生産工場の正しいヒューマンエラー対策シリーズ

多品種少量受注生産工場における現場作業の特徴は
 ①作業工程、手順
  機械加工や組立作業は変則的で、1個だけしか生産しない製品もあり必ずしも
  標準書が準備されているわけではなく、図面だけを頼りに加工する場合も多い
  ため、作業ミスや作業漏れが発生し安くなっている。

 ②準備作業、間接作業など
  工具や材料、条件セットなど準備作業、他部門との確認や調整、運搬作業など
  の間接作業など、直接生産作業以外の作業が格段に増加しており、間接作業に
  おいても、ミス防止対策を講ずる必要がある。

 ③作業教育訓練
  熟練技能者が減少し、パート社員などの非正規社員が増加していること、また
  新人社員が入社しても、多忙のために十分な教育訓練が実施できていないため
  作業ミスが多く発生する。

 ④部門間連携のルール
  複雑かつスピーディーな管理が要求される中、部署内や、部署間の連携が
  欠かせないが、連携のためのルールがない、または不明確な場合が多く情報
  伝達ミス、作業漏れ等が発生している。

 ⑤品質管理の基本
  「ルール順守」「報連相」などの品質管理の基本が守られず、品質軽視の
   組織風土が蔓延する様々な問題が放置され、解決されない状況にある。

など、生産を取り巻く環境は大きく変化しています。
従来の考え方に基づいた現場管理では、いくら作業者に注意を促しても、一向にミス
が減らず、むしろ増加傾向にあります。

ではその場合、何がヒューマンエラーの要因で、何を重点に対策を実施すればよい
でしょうか?

ヒューマンエラー要因.jpg

■ ヒューマンエラー要因
(1)情報要因
 情報伝達で求められるのは、内容の正確性/スピード性/到達性です。
刻々変わる製造品種に伴って、工程間のスケジュール調整や納期調整などの
生産管理情報、顧客からの要求仕様、図面などの情報、これらを正しく、
タイムリーに必要部署に伝達しなけれななりません。
しかし、必ずしも情報ルート、情報伝達手段などが明確になっているとは言え
ない状態です。

(2)教育訓練要因(人の経験・スキル)
 正しい手順を守るための教育・訓練が不足しているために技能が未熟なまま
作業を行い、ミスにつながっています。
教育計画、教育方法、教育手段、ツールなどが整備されていないため、新人教育
熟練技能教育がほとんどなされていないという状況を多く見かけます。

(3)変動要因(PSF)
 作業環境や、作業そのものにムリムラムダが生じている、やりにくい作業など
によってミスが生じます。
また、作業負荷によって焦りや疲労、プレッシャーが生じている中での作業は
ミスに結び付きます。

(4)組織風土要因
 工場の現場では、ルールを守らない、役割と責任が不明確、正しい品質管理
手法が浸透しないなど、組織全体の活力やモラールが低下している職場も多く
見受けられます。

ヒューマンエラーは以上のような要因が複合して発生しているが近年の製造業
の現場の実態ではないでしょうか?

では、このような状況を脱し、ヒューマンエラーを減らすにはどのように対策
すれば良いでしょうか?

続く!→ ヒューマンエラー・再発防止手順:是正・予防対策の進め方
【関連する記事】
posted by k_hamada at 23:56| ★ヒューマンエラー・ポカミス対策 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

2020年4月1日から「時間外労働(残業)の上限規制始まる!
★★★若手中核人材を鍛える工場の業務改革プログラム★★★
★詳しくはこちら

gd06.jpg
Step1:残業が多い原因を分析しよう
Step2:残業削減の具体的な方法を考えよう
Step3:しくみの定着を図ろう

2020年 セミナー開催予定(東京/大阪/名古屋/群馬)
会員割引特典があります。受講料15,000円 → 10,000円(税込み)会員登録は<こちらから
新型コロナウイルス感染防止のため参加者人数を10名以下とし
濃厚接触を避ける対策を実施します。
2020年7月予定:大阪 9:30~16:30

 FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
 設計FMEA/工程FMEAにおける潜在不良流出防止

 ★2017年に発生した新幹線のぞみの台車亀裂事故の原因は何だったのでしょうか?
  直接の原因は、台車製造メーカーの製造ミスによるものですが、FMEAを
  正しく実施していれば防ぐことが可能だったでしょうか?
   ・安全性設計の考え方が末端の作業者に伝わらなかった
   ・現場監督者が、現場や製品をよく確認しなかった
   ・指示書通りに溶接を行おうとしたがうまくできなかった
  様々な現場の問題が浮かびあがってきますが、設計には全く問題はなかった
  のでしょうか?皆さんと一緒に検証してみたいと思います。
(今後の開催予定)
◆2020年8月予定 愛知県産業労働センター
◆2020年9月予定 東京都北とぴあ
2020年4月24日(金)名古屋市愛知県産業労働センター1601会議室 9:30~16:30
2020年6月24日(水)東京北区北とぴあ806会議室

 不良品を流出させない品質対策!
 全数検査による不良流出防止
   ヒューマンエラー再発防止・予防対策

★セミナー4つのテーマ
 ①再発防止手順:「なぜなぜ2段階法」による再発防止対策(ルールの見直しと定着)
 ②全数検査の見逃しゼロ対策:周辺視検査法、画像検査機導入手順
 ③ヒューマンエラー予防策:ルール順守とは?異常に気づく、コミュニケーション
 ④IT・AI技術導入:ヘッドマウントディスプレイ(HMD)AI検査機導入ステップなど
2020年5月29日(金)群馬県太田市新田文化会館会議室1 9:30~16:30

 小ロット受注生産工場の
   実践的!生産現場の課題達成・問題解決手法!

1.現場の3悪(リードタイム・在庫・不良)はなぜ放置されているのか?
2.若手・中堅社員の「プロ人材」としての「現場改善力」を徹底的に鍛える!
中小製造業の生き残り策はただ一つ!
 固有技術を磨き、ニッチな市場でオンリーワンの地位を確立すること。
 それにはまず、身近な課題を解決する改善力を身に着けることから始める。

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★購入お申し込みは <こちら>
  検査合格品が市場でクレームとなる、客先で不具合が発見されるなど、品質問題に
  悩まされている工場では、一体何が課題となっているでしょうか?時代は変化しています。
  これからの品質管理のポイントを徹底的に解説!

   2020 新品質管理の基礎講座.jpg