2019年03月18日

設計ミス防止 品質不良ゼロ達成:守りの設計手法/攻めの設計手法とは?

設計品質の考え方には、「攻め」と「守り」があります。
攻めの設計品質改善とは?守りの設計品質改善とは?一体何でしょうか?


 ★実例で習得する設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス


  表紙.jpg

攻めの設計の仕組み2.jpg


「守り」の設計品質改善とは、評価テストや製造工程、あるいは最悪、市場で
不具合が顕在化してから原因を究明し、設計システムを改善していく手法のこと
です。

発生した不具合は速やかに原因の究明と対策を行い、二度とお客に迷惑を
掛けない様、再発防止の活動を確実に行うことが重要です。しかし、「守り」
の改善手法だけでは、真の再発防止(水平展開)が行われず、類似の不具合が
繰り返し発生するという事例がしばしば見受けられます。

守りと攻め.jpg
「攻め」の設計品質改善とは開発段階において「製造からお客様の使用に至る
まで不具合をすべて予測し、対策することによって市場で発生させないように
設計を進める手法」のことであり、今までの設計の考え方を180度発想転換が
必要となります。

類似の不具合が繰り返し発生するということは、今までの「守り」の改善手法
だけでは、市場の要求に応えられなくなっていることを示しています。
「攻め」の設計手法を取り入れていくことが必要になってきますが、

同時に、「守り」の品質改善についても並行して実施して行くことが設計品質
向上につながると考えられます。

本解説では、「守り」の設計品質改善とは何か?また、「攻め」の設計品質改善
とは何か?どのように取り組むのか?を事例を交えて解説します。

posted by k_hamada at 16:56| ★品質不良ゼロの設計工程 | 更新情報をチェックする

音声解説付きテキスト (DVD付き)
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

HE対策DVD講座.jpg FMEA DVD講座.jpg スライド1.JPG モグラたたき.JPG スライド5_2.jpg


  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>

0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG スライド04141.JPG 人材育成の進め方マニュアル.jpg