2019年03月15日

設計ミスと自動車の市場トラブル(リコール)の現状

市場では、一体どのような製品のトラブル(故障や事故)が発生しているで
しょうか?下図は、自動車の設計に起因するリコール届出件数及びその割合
を示したものです。


 ★実例で習得するFMEA・設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス


  表紙.jpg



攻めの設計の仕組み1.jpg
(国土交通省「平成 27年度リコール届出内容の分析結果について」を参考に作成)

上記のうち事故につながった事例は以下のようなものがあります。
(原文のまま引用)

事例1(発煙 67件発生)
イグニッションスイッチにおいて、接点部に使用するグリスが不適切なため、
可動接点が固定接点から離れる際のアーク放電の熱によりグリスが炭化する
ことがある。そのため、そのまま使用を続けると、グリスの絶縁性の低下と
可動接点の摩耗による金属粉の堆積により接点間が導通し、発熱することで
グリスが発煙し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

事例2(火災13件発生)
イグニッションスイッチにおいて、スイッチ内部の接点に過剰な量のグリス
が塗布されたため、スイッチ操作時に発生するアーク放電の熱によりグリス
が 炭化して可動接点と固定接点間に堆積し、スイッチ内部の絶縁性が低下
することがある。そのため、そのまま使用を続けると接点間が導通して
スイッチが発熱、発煙し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

事例3(火災1件発生)
小型トラック・バスにおいて、戻り側燃料ホースの材質が不適切なため、
架装時、車両洗車時等に使用される化学物質により、燃料ホースが膨潤する
ものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料ホースの
接続部が外れて燃料が漏れ、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

事例4(発煙3件発生)
農耕トラクタの消音器において、熱疲労に対する強度が不足しているため、
原動機の排気熱及び振動により消音器に亀裂が生じることがある。そのため、
亀裂部位から排出ガスが漏れ燃料タンクにあたり、そのままの状態で使用を
続けると、燃料タンクが損傷し燃料が漏れ、最悪の場合、漏れた燃料が消音器
に付着して、火災に至るおそれがある。

事例5(物損1件)
前方障害物衝突軽減制御装置(衝突軽減ブレーキシステム)装着車において、
ミリ波レーダーによる障害物検知プログラムが不適切なため、路肩や中央分離帯
に防護柵があり、先行車との車間距離が離れた際に、受信したミリ波情報を稀に
前方障害物と誤認識することがある。そのため、衝突の可能性がないのに、マルチ
インフォメーションディスプレイに警告表示がされるとともに警告音を発し、
予期せぬ急制動がかかるおそれがある。

このような不具合が流出する原因は一体何でしょうか。
また流出を防ぎ、二度と発生しない様にするにはどうすればいいでしょうか。

【関連する記事】
posted by k_hamada at 17:15| ★リスク対応と信頼性設計の進め方 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

★★★工場の業務改革支援プログラム★★★
★詳しくはこちら

gd06.jpg 2020年4月1日から「時間外労働(残業)の上限規制始まる!
★★★若手中核人材を鍛える工場の業務改革プログラム★★★
Step1:残業が多い原因を分析しよう
Step2:残業削減の具体的な方法を考えよう
Step3:しくみの定着を図ろう

2020年 セミナー開催予定(東京/大阪/名古屋/群馬)
会員割引特典があります。受講料15,000円 → 10,000円(税込み)会員登録は<こちらから
新型コロナウイルス感染防止のため参加者人数を10名以下とし
濃厚接触を避ける対策を実施します。
 FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
 設計FMEA/工程FMEAにおける潜在不良流出防止
 7月予定 大阪市産業創造館 9:30~16:30

 ★2017年に発生した新幹線のぞみの台車亀裂事故の原因は何だったのでしょうか?
  直接の原因は、台車製造メーカーの製造ミスによるものですが、FMEAを
  正しく実施していれば防ぐことが可能だったでしょうか?
   ・安全性設計の考え方が末端の作業者に伝わらなかった
   ・現場監督者が、現場や製品をよく確認しなかった
   ・指示書通りに溶接を行おうとしたがうまくできなかった
  様々な現場の問題が浮かびあがってきますが、設計には全く問題はなかった
  のでしょうか?皆さんと一緒に検証してみたいと思います。
(今後の開催予定)
 ◆2020年8月予定 愛知県産業労働センター
 不良品を流出させない品質対策!
 全数検査による不良流出防止
   ヒューマンエラー再発防止・予防対策
 4月24日(金)名古屋市愛知県産業労働センター1601会議室 9:30~16:30
 6月24日(水)東京北区北とぴあ806会議室

 ★セミナー4つのテーマ
 ①再発防止手順:「なぜなぜ2段階法」による再発防止対策(ルールの見直しと定着)
 ②全数検査の見逃しゼロ対策:周辺視検査法、画像検査機導入手順
 ③ヒューマンエラー予防策:ルール順守とは?異常に気づく、コミュニケーション
 ④IT・AI技術導入:ヘッドマウントディスプレイ(HMD)AI検査機導入ステップなど

 小ロット受注生産工場の
   実践的!生産現場の問題解決手法!
 5月29日(金)群馬県太田市新田文化会館会議室1 9:30~16:30

 1.現場の3悪(リードタイム・在庫・不良)はなぜ放置されているのか?
 2.若手・中堅社員の「プロ人材」としての「現場改善力」を徹底的に鍛える!
 中小製造業の生き残り策はただ一つ!
 固有技術を磨き、ニッチな市場でオンリーワンの地位を確立すること。
 それにはまず、身近な課題を解決する改善力を身に着けることから始める。

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★購入お申し込みは <こちら>
  検査合格品が市場でクレームとなる、客先で不具合が発見されるなど、品質問題に
  悩まされている工場では、一体何が課題となっているでしょうか?時代は変化しています。
  これからの品質管理のポイントを徹底的に解説!

   2020 新品質管理の基礎講座.jpg
   目次.jpg