2019年09月30日

ルールとは?ルールを守るとは?どんな意味!

ルールとは?ルールを守るとは?いったいどんな意味があるでしょうか?




7つのステップ1.jpg

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

■ まず、ルールについて考えてみます。
「右側通行しよう」、「制限速度を守ろう」これは、子供もお年寄りも守るべき交通
ルールですね。

では、工場の品質管理のルールを考えてみます。
品質管理のルールは、一定の教育を受けた、あるいは一定の経験を経た社員が守るもので
子供やお年寄りに守れと言っても守ることができない、高度な内容が含まれています。

一方、品質管理のルールをもう少し細かく見てみましょう。

 品質管理のルール=工場のしくみ+作業の標準

これが、品質管理のルールの意味です。
つまり、大きく分けると工場のしくみと、作業標準から成り立っています。

工場のしくみは、工場のモノの流れや、情報の流れ、各部門の役割と責任、問題が生じた
時の処理方法など、工場全体または、部署間の共通の決め事が該当します。
作業の標準は、文字通り作業手順書、作業フロー、チェックシート、帳票などが該当します。

しかし、上記の明文化されたルールのほかに、実はもっと強制力を持ったルールがあるのも
事実です。
 ・顧客からの要求事項
 ・上司の指示、経営層の指示
 ・暗黙のルール(組織風土、力のある者の主張など)

■ ルールを守るとはどのようなことでしょうか?
以上述べた、さまざまなルールで、守らなければならないルールはどれでしょうか?
実は、ルールを守ると言っても、どれを優先的に守らなければならないかというと
なかなか難しい判断になります。

上司の指示が間違っているとわかっても、社員はそれに従わざるを得ない場合も多い
のです。暗黙のルールは、組織の構成員が従わざるを得ないルールのことです。

規定化された品質管理のルールは、間違っていれば比較的簡単に直せます。
しかし、暗黙のルールは、間違っていても直すのはかなり難しい作業になります。
品質管理ルールがしっかりしていないために、暗黙のルールが優先してしまうことが
日本の企業ではよく見られる現象です。

いくら理想的な品質管理の規定を制定しても、それが守られ無ければ全く効果を発揮
しません。

■ルールをどのように運用すべきか?
ルールの目的はそもそも何でしょうか?原点に戻って考えてみるべきです。

目的は、ルールをみんなで守って、トラブルを未然に防止することです。
そうすれば、昔の古い習慣を打ち破って、現実に即したルールを考え、運用し、不具合
があれば修正していくという品質管理活動が生まれてきます。

実は、ルールを作って守るということは、古い習慣を打ち破って未然防止の考え方と
行動に変えていくという、現場の改革を行うことに他ならないのです。


posted by k_hamada at 21:00| ★品質管理の基本と日常業務 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   セミナー予定表
 不良を絶対流出させない品質対策  ★6/24(水) 東京北区北とぴあ8階会議室
ルールの原因.jpg