2018年05月08日

QCサークル活動(攻めの改善活動とは?):製造業の改善活動事例

QCサークル活動(小集団活動)は、多くの企業が形骸化に悩んでいます。
形骸化の理由は一体何でしょうか?

多くの工場では、多品種少量、受注生産で忙しい状態が常態化しています。
活動の中心となっている中堅社員は、毎日が忙しく、業務とは別にQCストーリー
作りをしている暇は有りません。

そんな中で、工場の改善活動はどのように実施していけばいいでしょうか?

 ★工場の日常管理と品質改善活動・事例セミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ

1.形骸化の理由
工場の改善活動の形骸化の理由を上げてみると活動する側、活動させる側の
いくつかの問題点が見えてきます。
 ①忙しいので、どうしても日常業務を優先してしまう。
 ②権限がない、業務範囲外などできない理由を上げ活動に消極的
 ③毎回テーマがマンネリ化して、対処療法的な改善しか実施しない
 ④発表に向けたQCストリー作りに頭を悩ませている
 ⑤管理層は自主活動として、小集団に全てをゆだねてしまい無関心

などです。
ここで、いわゆるボトムアップの小集団活動の限界が見えています。
中堅社員層の教育、意識付けと共に、トップ層、管理層が担うべき役割も大きい
ことも理解する必要があります。


2.改善活動は中小企業の生き残り策
では、改善活動は中小企業にとってどのように位置づけたらよいでしょうか?
 (1) 企業が倒産すれば,みんなが困る
 (2) 市場の要求の高付加価値化を追求せざるを得ない(品質・コスト面の圧迫)
 (3) チャレンジしなければ道は開けない
 (4) オンリーワン技術・技能が必要である
 (5) ニッチな市場でのイノベーションを実現する(アイデアと工夫)
人材の成長によって、職場が変わり、組織が変わり、会社が変わらなければ
中小企業は生き残れん\ません。

3.改善活動をレベルをアップする
活動のレベルをアップさせ、守りの活動(レベル1,2)から、攻めの活動
(レベル3)に引き上げていく必要があります。
レベル3の狙いは、経営成果の得られる活動であり、範囲も全社に拡大されます。
スライド3.JPG
4.本来あるべきボトムアップ活動とは
「本来あるべきボトムアップ活動」とは、この攻めの活動によって経営成果を
得るために、試行錯誤を繰り返し、何度でも困難な課題に挑戦する活動のことです。
この活動は、決してQCストーリー通り進むものではなく、失敗の連続となるはずです。

スライド4.JPG
5.各階層の役割
トップは方針を示し、企業の将来像を明示する必要があります。
特に、自社のオンリーワンの技術は何か?技術を高めるためには何が必要で、何が不足
しているのか、そのためには何をなすべきかを明らかにする必要があります。

管理層は、自主活動にゆだねることなく、積極的に関与し、支援を行っていく必要が
あります。

実際の活動の中心となる中間層は、「プロ人材」として自立し、課題解決に向かって
積極的な行動をとることが重要です。

個人が成長し、組織が活性化し、会社が良くなる・・・
これがQCサークル活動の理想の姿です。




7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG