2018年05月05日

現場にいる「ヒト」の IOT武装とは?

労働人口の縮小・高齢化、熟練した作業員のリタイヤや外国人労働者増加など
から現場におけるITを活用した作業支援の需要が高まりをみせています。

そこで、AR(拡張現実)や身につけて持ち歩くことができる機器や装置
(ウェアラブルデバイス)の技術を使って、製造や物流を中心とした現場作業
を支援するシステムが注目を集めています。

ARメガネまたはヘッドマウントディスプレイ(HMD)は、それを装着すること
ハンズフリーになること、インターネットを通じて遠隔地と様々な情報のやり
取りができることなどから、製造や物流を中心とした現場支援や作業記録の効率
化などに適用可能です。
プレゼンテーション1.jpg

プラントエンジニアリング企業における応用例
プラントエンジニアリング企業では、工場内の点検作業では若手作業員とベテラン
作業員と二人一組で現場を回っていました。ペアで作業すればベテランのノウハウ
を若手に伝授することができますが、ベテランの人数が限られる中では効率的では
ありません。
また、マニュアル類を持ち歩いての作業は安全性に課題があり、点検を終えて事務
所に戻ってからレポートを書く業務も煩雑です。

そこで点検作業にARメガネを導入しました。ARメガネに装着されているカメラや
マイクなどを通して管理室でモニタリングしているベテランとやり取りすることで
若手でも一人で点検作業にあたることができるようになります。

プレゼンテーション2.jpg

作業のチェック項目もメガネのレンズに表示されますので、点検マニュアルを持ち
歩く必要もなくなります。更に作業が完了した機械部分を、作業員がレンズを通し
て見ると、自動で作業項目にチェックが入るので、紙のレポートを作成する必要が
なくなります。

業務マニュアルの拡張版
ARメガネ、HMDのその実態は「作業マニュアル」の拡張版として位置づけられます。
はじめは紙製のマニュアルから始まり、PCで見るWebマニュアルが加わり、近年は
可搬性の高いスマートフォンやタブレットを活用することも増えました。
そして新たに加わったのが、ARメガネ、HMD、スマートグラスなどと呼ばれる
ウエアラブル端末です。
今後は「物流」「フィールドサービス」「製造業の組み立て現場」などでの活用が
どんどん進んでいくことと思われます。




2019年 セミナー開催予定表
 2019年1月30日(水)東京北区王子 北とぴあ
  中小製造業で使えるFMEA実践コース<事例・演習付き>

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!