2018年05月11日

QC七つ道具 未然防止の使い方トップページ

【キーワード】
 ★特性要因図とQC工程図【 ★系統図とロジカルシンキング【1】
 ★パレート図【 ★層別【 ★チェックシート【 ★管理図(グラフ)【
 ★マトリクス図【1】 ★散布図【1】 ★ヒストグラム【


キーワード解説:QC七つ道具 未然防止の使い方

品質管理の目的を知ろう!手法の正しい使い方を理解しよう!
工程の不良率を不良項目別に層別してパレート図を作成します。その結果
トップ3つ(=ワースト・スリー)の不良が全体の85%を占めるので、
この原因を究明し対策すれば、問題の大部分が解決します。

パレート図は、重点管理の原則に沿った「テーマ選定のためのツール」として
広く知られています(重点指向)。ところが、しばしば間違った使われ方が
されています。

QC手法は問題の未然防止のために使うことが前提となります。
品質管理というのは「改善するためにデータを取ってパレート図を描く」ので
はなく、改善するかどうかに関係なく日常的にデータをとって、必要なら
パレート図も日常的に作っておくべきものです。

改善しよう → テーマを決める  → それにはパレート図が必要 → だから
データをとるという活動であってはならないのです。

異常や不良が見つかればすぐに原因を究明し対策することが、日常業務の中で
実施されていなければならないのです。多品種少量生産では、瞬く間に生産が
終わってしまうので、すぐに対応するというスピード感が求められます。
日常の問題は、パレート図を書くまでもなく、その日のうちに解決に向けた動き
を開始するのが本来の姿です。

品質管理の目的は、不良データを収集し分析することではなく、不良を出さない
よう、未然に対策することです。

posted by k_hamada at 23:55| ★QC七つ道具と未然防止対策 | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!