2018年06月30日

標準化とルール・ISO9000の効果的活用方法トップページ(目次)

品質管理の基本となるのは「標準化」で、「ルール」として明文化します。
標準を体系化したものが「しくみ」そして、全社のしくみが品質システム
(ISO9000)です。

【INDEX】 
1.ISO9000とは

2.標準化とルール

【キーワード】
 ★報連相のルールを作る【 ★業務システム構築方法【
 ★業務マニュアルの作り方【 ★業務管理のしくみを作る【
 ★ルールはノウハウの結晶【 ★ISO9000を正しく取得する方法【
 ★現場品質向上【 ★経営品質向上【


標準化とISO9000

成長過程にある中小企業の落とし穴が、業務の仕組みの未熟さによる非効率
そしてミスの多発です。
これは、各組織や社員の業務範囲が不明確だったり、指示命令系統、情報ル
ートが曖昧なために、経営者と社員のベクトルが合わず、連携がうまく取れ
ないために起こるのです。

社長は社員が少数の時は、全員に目が届き、適時、直接指示を与えたり、情報
収集できたものが、業務の拡大に伴って社員も増え、一人ではコントロールが
困難になってきます。

そこで、会社の業務システム(仕組み・ルール)が必要になってきます。
社長はこの仕組みをうまく使って、間接的に組織を効率よく動かすマネジメント
力が必要なのです。

ISO9000の品質システムは、このような企業のニーズに沿って構築されなければ
なりません。どこかのシステムをコピーして構築したシステムは、業務の実態と
合わずに、品質向上どころか、余計な負担となって維持管理が困難となります。

posted by k_hamada at 23:59| ★標準化とルール:ISO9000 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   9月:セミナー予定
FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター