2019年03月01日

品質工学(タグチメソッド)導入事例トップページ(目次)

【キーワード】
 ★品質工学とは【
 ★ロバスト設計とは【
 ★タグチメソッドとは【


キーワード解説:品質工学(タグチメソッド)導入事例

品質工学(タグチメソッドのパラメータ設計)は何のために行うのでしょうか?
製品の信頼性を確保するための設計手法はFMEA/FTA/リスクアセスメント
など様々な方法があります。

自動車のリコールの増加は、製品自体の構造が複雑になったこと、消費者の目が
厳しくなったこと、それに、開発期間の短縮で、設計工程で問題をすべてつぶし
込むことができないなど、以前とは異なった市場環境における従来型の品質管理
の限界を示しているのです。

品質管理でリコールが防げない理由は、リコールの原因が設計段階で仕込まれて
いるからです。したがって設計の方法と考え方を「未然に防止」の考え方に革新
しない限り、リコールを減少させることは難しいのです。



posted by k_hamada at 23:59| ★タグチメソッド(品質工学)導入 | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!