2019年03月01日

品質工学(タグチメソッド)導入事例トップページ(目次)

【キーワード】
 ★品質工学とは【
 ★ロバスト設計とは【
 ★タグチメソッドとは【


キーワード解説:品質工学(タグチメソッド)導入事例

品質工学(タグチメソッドのパラメータ設計)は何のために行うのでしょうか?
製品の信頼性を確保するための設計手法はFMEA/FTA/リスクアセスメント
など様々な方法があります。

自動車のリコールの増加は、製品自体の構造が複雑になったこと、消費者の目が
厳しくなったこと、それに、開発期間の短縮で、設計工程で問題をすべてつぶし
込むことができないなど、以前とは異なった市場環境における従来型の品質管理
の限界を示しているのです。

品質管理でリコールが防げない理由は、リコールの原因が設計段階で仕込まれて
いるからです。したがって設計の方法と考え方を「未然に防止」の考え方に革新
しない限り、リコールを減少させることは難しいのです。



posted by k_hamada at 23:59| ★タグチメソッド(品質工学)導入 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   セミナー予定
FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター