2018年05月08日

STPDサイクルとは(PDCAサイクルの欠点を克服):製造業の改善活動事例

STPDサイクルとは何か?またPDCAサイクルの違いについて解説します。
STPDとはSee,Think,Plan,Doの頭文字を取ったものです。

 ★時代にマッチしたQCサークル活動の進め方トップページ(目次)

  ★工場の日常管理と品質改善活動・事例セミナー
  ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ


1.PDCAサイクル
PDCAサイクルはもともと工場での品質管理において、生産工程の改良や改善を
継続的に行うために、Plan、Do、Check、Actionが連続的にループすることを
指し、デミング博士らが提唱した考え方と言われています。
そしてこのサイクルは、やるべき仕事や与えられた任務を遂行するのに向いています。

ところが、このサイクルの最大の弱点は計画(Plan)を立てるとき、未来を検討し
活動計画を立てるという視点が弱いということです。ですから、管理する側の人間が
方向性を示し、部下に実行計画を立てさせ、仕事をしてもらうために誕生したのが
PDCAサイクルだと考えて頂きたいのです。

2.STPDサイクル
では、STPDサイクルとはどんなサイクルでしょうか?
それは、例えるなら、今のように変化の激しい中で、方向を見極めて任務を実行する
スタッフや管理層が実行するサイクルと言えるでしょう。
 See:よく見る
 Think:よく考える
 Plan:計画する
 Do:実行する

「会社の方向性や計画が妥当かどうか?」現状と目標の差を見ることによって、
攻めどころを絞り込んでから、そこに集中して対策を講じていくことになります。
このサイクルは、課題達成型のQCストーリーをイメージして頂けると理解しやすい
と思います。
stpd.jpg
3.See/Thinkについて、もう少し詳しく説明します。
Seeは「よく見る」ことですが、品質改善では「三現主義」を徹底することが必要です。
つまり、現場、現物、現状を実際に見ること、4M(人、機械、方法、材料)の
状態や、動きがどうなっているか?プロの目で見てあるべき姿、目標値との差が
どうなっているかを観ることを指します。

次に、Think「よく考える」ですが、これは頭の中だけで考えるのではなく、あるべき
姿に近づけるには、何を改善したらいいのか?データや現場を見て、一番効果のある
方法を絞り込むことを指します。
攻めどころはどこなのか?どのように対策すれば成功の道が開けるのか?の戦略を
練ることが重要です。

See/Thinkによって、攻めどころを絞り込むための分析用フォーマット例を紹介します。
工場の最終目標は、付加価値を高めて、利益を上げることです。
そのためには、ムダを省く、固有技術を高める、人や機械の生産性を上げるなどの対策
を講じますが、まず、どこを攻めると効果が上がるのかをこのマトリクスで分析します。
see_thinkシート.jpg
このSee/Thinkのステップは、課題達成型QCストーリを使って改善を行う、プロジェクトチーム
や、部門ごとに実施する「業務計画」を立案するときに使用するとよいと思います。

posted by k_hamada at 23:59| ★攻めのQCサークル活動の進め方 | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!