2019年01月04日

「本質対策」と「モグラたたき対策」の違いを正しく説明できますか?

工場で不具合が発生したとき、「本質対策」を行わずに、 起こった表面上の現象
に対して対策を立てることを「モグラたたき」の対策と言います。そして、誰もが
モグラたたきでは駄目ということは分かっています。

しかし、いざ「本質対策」と「モグラたたき」対策の内容の違いは?と問われると
はっきり答えられないのではないでしょうか。





本質を見極めよ!とよく言われますが、本質とは一体何でしょうか?
分かり易くするために、本質を原理・原則に置き換えて考えて見ます。

 本質=原理+原則

■原理とは
製造業の世界では、材料を価値ある形や性質に変え、魅力ある製品を作り上げること
を目的として活動を行っています。
そこで、価値ある形や性質に変えるためには、自然科学の法則に従って材料を加工
したり、部品を組み立てたりして製品を作り上げます。もし自然科学の法則に従わ
なかったなら製品作り上げることはできません。

例えば、ネジ締め力が弱かったら、振動に耐えられずにネジは外れてしまいます。
つまり、ねじの締結力と振動の力との関係でどちらが大きいかによって、物理現象
が異なります。このことは、測定や実験、観察などによって理論付けられ、説明
することができます。

自然界で起こる現象は、ほとんどすべて、自然科学の原理(メカニズム)によって
その原因と結果、つまり因果関係が説明できます。

■原則とは
次に、魅力ある製品を作り続けていくための企業活動に注目します。
多くの人や設備などが関わってものづくりを行うには、一定のルールのもとに活動
を行わなければなりません。

江戸時代以前から行われていた、簡単な道具を使って、主に手先で物品を製造する
いわゆる「手工業」では、農機具など職人の「熟練の技」に委ねられていました。
手工業の時代にも職人の頭の中には一定のルール(原則)に従ってものづくりが
行われていましたが、原理を身をもって体験し、ものづくりの原則を作り上げて来た
のだと考えらえます。

しかし、大量生産が行われる近代的な工場となった現在、同じものを大量に、しかも
安い価格で提供する必要が生じたため、多くの人、設備を効率よく管理するための
原則(ルール)が生まれました。それが生産管理であり、品質管理となって体系化
されたのです。

そうすると、納期が守られなかったり、品質にばらつきが出る原因は、この原則が
守られなかったためと考えることができます。

■本質を見極めるとは、原理・原則を見極めること
品質問題を考える場合、原理と原則を分けて考えると混乱が無くなります。
 ①自然科学の原理に基づいた原因と結果
  例)締付力が弱い(原因)⇒ 振動でねじが緩む(結果)

 ②管理の原則に基づいた原因と結果
  例)ネジ締め作業者はルールを守らなかった(原因)⇒ 締結力が弱い(結果)

ものづくりの本質は、自然科学の原理に逆らわないこと、そして一定の原則(ルール)
に従った手順通りに運用することに外なりません。

不具合は、原則(ルール)に従わずにものづくりを行った結果、自然科学の原理
(メカニズム)によって発生している現象と考えられます

■本質対策とは
本質対策とは、この原理と原則の事実を良く調べ、両方に対策を施すことを言います。
原理だけ、原則だけの対策では不十分となってしまい、同じ問題が再発することに
なります。
 ①原理の対策
  例)締付力が弱い(原因)⇒ 締付が弱くなった原因の対策
                ・既定の締付トルクが得られるドライバの選定
                ・作業者がルールを守るようにネジ締め作業訓練
                ・ねじ締作業方法(固定冶具など)の改善
 ②原則の対策
  例)作業者がルールを守らなかった、守れなかった(原因) ⇒ ルールを守る対策
                ・ドライバ、固定冶具など生産前事前準備確認ルール
                ・ネジ締め作業の訓練計画、実施と作業認定ルール
                ・正しい作業を実施しているか、職場巡回確認ルール

①の対策は、自然科学の原理に沿った物理的、ソフト的な対策です。
②の対策は、管理の原則に沿ったルールの対策です。

①②の対策のどちらが欠けても、再発防止はできません。
よくある間違いは、①を本質対策と勘違いしているケースです。

原理と原則の原因を解明し、原理と原則の両方を対策することではじめて再発防止が
図れることになります。
posted by k_hamada at 23:58| ★モグラ叩き体質から脱出 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

★★★工場の業務改革支援プログラム★★★
★詳しくはこちら

gd06.jpg 2020年4月1日から「時間外労働(残業)の上限規制始まる!
★★★若手中核人材を鍛える工場の業務改革プログラム★★★
Step1:残業が多い原因を分析しよう
Step2:残業削減の具体的な方法を考えよう
Step3:しくみの定着を図ろう

2020年 セミナー開催予定(東京/大阪/名古屋/群馬)
会員割引特典があります。受講料15,000円 → 10,000円(税込み)会員登録は<こちらから
新型コロナウイルス感染防止のため参加者人数を10名以下とし
濃厚接触を避ける対策を実施します。
 FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
 設計FMEA/工程FMEAにおける潜在不良流出防止
 7月予定 大阪市産業創造館 9:30~16:30

 ★2017年に発生した新幹線のぞみの台車亀裂事故の原因は何だったのでしょうか?
  直接の原因は、台車製造メーカーの製造ミスによるものですが、FMEAを
  正しく実施していれば防ぐことが可能だったでしょうか?
   ・安全性設計の考え方が末端の作業者に伝わらなかった
   ・現場監督者が、現場や製品をよく確認しなかった
   ・指示書通りに溶接を行おうとしたがうまくできなかった
  様々な現場の問題が浮かびあがってきますが、設計には全く問題はなかった
  のでしょうか?皆さんと一緒に検証してみたいと思います。
(今後の開催予定)
 ◆2020年8月予定 愛知県産業労働センター
 不良品を流出させない品質対策!
 全数検査による不良流出防止
   ヒューマンエラー再発防止・予防対策
 4月24日(金)名古屋市愛知県産業労働センター1601会議室 9:30~16:30
 6月24日(水)東京北区北とぴあ806会議室

 ★セミナー4つのテーマ
 ①再発防止手順:「なぜなぜ2段階法」による再発防止対策(ルールの見直しと定着)
 ②全数検査の見逃しゼロ対策:周辺視検査法、画像検査機導入手順
 ③ヒューマンエラー予防策:ルール順守とは?異常に気づく、コミュニケーション
 ④IT・AI技術導入:ヘッドマウントディスプレイ(HMD)AI検査機導入ステップなど

 小ロット受注生産工場の
   実践的!生産現場の問題解決手法!
 5月29日(金)群馬県太田市新田文化会館会議室1 9:30~16:30

 1.現場の3悪(リードタイム・在庫・不良)はなぜ放置されているのか?
 2.若手・中堅社員の「プロ人材」としての「現場改善力」を徹底的に鍛える!
 中小製造業の生き残り策はただ一つ!
 固有技術を磨き、ニッチな市場でオンリーワンの地位を確立すること。
 それにはまず、身近な課題を解決する改善力を身に着けることから始める。

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★購入お申し込みは <こちら>
  検査合格品が市場でクレームとなる、客先で不具合が発見されるなど、品質問題に
  悩まされている工場では、一体何が課題となっているでしょうか?時代は変化しています。
  これからの品質管理のポイントを徹底的に解説!

   2020 新品質管理の基礎講座.jpg
   目次.jpg