2019年01月01日

経営者を責めても会社は良くならない!業務改革を成功させるとっておきの「ツール」とは?

会社を改革し、これから良くしていこうとするとき、経営者のマネジメント能力
だけに期待するのは難しい。今まで会社を引っ張ってきたやり方を、ここで180度
転換させることはほとんど期待できない。




だとしたら、社員一人一人、どのように改善に取り組んでいくべきか?

まず、現場を一番よく知っているのは現場で実務に携わっている社員であること
を自覚すべきだ。経営者は方針は立てても、現場は何が課題なのか?具体的に
どう改善を進めればいいのか?はわからないし、具体的な指示はできない。
それは現場の人間が一番よくわかっているはずであり、上からの指示を待っていて
も、いつまでたっても解決に向かっていくことはない。

しかし、現状のどこを見直せば、一層の効果が上がるのかが分かっていても、
自分の業務範囲内で解決できないことも数多く存在する。自分たちで試行錯誤し
頑張ってみても解決しない場合、たいていはそこであきらめてしまう。
「組織間の壁」や「上司やトップの無理解」に突き当たり、「やってもムダ」
と考えてしまう
3.jpg
自職場だけでは解決できない課題は、共同で改善に当たらなければならない。しかし、
課題はわかっていても、ではどうやって共同で解決して行ったらいいのか分からない。
ここが一番の問題なのである。

まず、今の現場管理者・監督層にはそこまで求められる時代になっていることを自覚
すべきである。つまり、受け身の体質から抜け出さなければ、改善は進まず、そして
自分たちの未来もない。

冒頭で述べた通り、経営者は実務上の課題はわかっていないのだから、何らかの
方法で分かってもらう努力が必要なのだ。また、経営者も社員の課題を吸い上げる
ためのツールを用意しなければならない。
 ①まず、自分たちで解決に当たり、試行錯誤を繰り返す
 ②解決できない場合、上司や他の部署に相談し協力を求める
 ③費用面や人材面で課題がある場合は経営TOPに判断をゆだねる

一般の企業では、②、③の手段がないために、①で終わってしまうケースが非常
に多い。

そこで、業務改善活動の枠組みの中に、「コミュニケーションツール」を設けて
おくことが重要なポイントとなる。
部署間にまたがる問題、設備や人など経営判断が必要な問題が発生した場合タイム
リーに解決するためのツールとして
 ①問題発生時に、現場ミーティングを行うための環境の整備
  ・問題の場所に関係者がすぐ集まれるルール
  ・スタンディングミーティングのルール(立ったまま、30分以内で行う会議)
 ②活動の進捗を定期的にレビューする
  ・業務改善の結果だけを報告するのではなく、ポイント、ポイントで経過を報告
  ・目標値の定量化と現状を数値で捉えギャップを明確にする

つまり、結果管理ではなく、途中経過におけるコミュニケーションの密度を高め
「経営でできること」「部署間の協同でできること」「自職場でできること」を
明確に振り分けることが業務改善活動のおける最も重要なポイントと言える。
posted by k_hamada at 23:59| ★製造業の現場改善の進め方 | 更新情報をチェックする
 ★無料書式フォーマット
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアル

 ★無料ネット相談
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
9月27日(金)大阪市産業創造館
(計画中)
(計画中)
(計画中)
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG