科学の「なぜなぜ」と品質管理の「なぜなぜ」は根本から異なる:2段階(5M/3P)なぜなぜ分析の進め方

工場のなぜなぜ分析はどのように行えばよいでしょうか?
ここでは、科学者の「なぜなぜ」と工場の品質管理スタッフの「なぜなぜ」は
目的、対象が根本から異なることを理解します。




科学者と、工場の品質管理スタッフは真理を追究する点では共通しています。
しかし、科学者は、自然科学の真理を追究するのに対して、品質管理スタッフは
品質管理のしくみ上の真理を追究する点で、対象が異なっています。

物理学者は、「なぜリンゴは木から落ちるのか?」という事実に対して物理学の
原理を解明して原因を追究します。地球上では万有引力が働いてリンゴは地上に
落下するという因果関係が証明できます。

脳科学者は、「なぜポカミスをするのか?」という現象に対して、脳生理学の
原理を追究します。

yjimage.jpg

ところが品質管理スタッフは、それで終わりではありません。
「人がポカミスした」「製品が床に落ちて変形した」「機械が故障した」「材料が
化学変化した」など、それはそれぞれ「ヒト」「モノ」「機械」「材料」の科学の
法則による不具合現象であり、もちろんそのことを正しく捉える必要があります。

しかし、品質管理では、自然科学の原因追究と対策に留まっていては、再発防止
はできません。
工場では、品質管理上の「発生した原因」を突き止めて、対策することが重要な
ポイントとなります。
ルールの原因.jpg
「発生した原因」とは、「ルールを基準にした原因」ということになります。
ルールには、作業手順書や業務手順書、業務フロー、チェックリスト、教育のルール
などがあります。

そしてまた同じ問題が再発するのは、このルールが不十分であったり、周知されて
いないことが原因となっています。

製品が床に落ちないように取り扱いのルールを決める、機械が故障しないように
日常点検や定期点検ルールを決める、材料が化学変化しないように、保管ルールを
決めるなどを行い、そのルールを守るように、周知し、関係者に徹底します。

そして管理監督者は、ルールが守られているかどうかを定期的に確認することも
必要になります。

以上をまとめると、品質管理では2回の「なぜ」が必要なことが分かります。
 1回目の「なぜ」:起きた現象の自然科学における因果関係を調べる
 2回目の「なぜ」:なぜ起きたのか?品質管理の原因(ルールとの関係)を調べる