2018年05月05日

人の作業のIOT化とは?品質改善 7つのヒント(ヒューマンエラー予防・官能検査・危険予知)

IOTは、機械にセンサーを取り付けて、稼働状況を監視、可動率アップにつなげる
というように、製造業では機械のインターネット接続が先行して実施されつつ
あります。

IOTは、今後品質改善に適応すると非常に有効なツールと考えられます。
しかし、この分野は普及が進んでいないのが実情です。なぜなら、品質の良し悪し
が最終的に「ヒト」に依存するからです。ヒトの動作やミスを捉えて制御するのは
機械にセンサーを取り付けて監視するのとは異なり困難が伴います。
そこで、人の作業を確実に行う、人のミスを未然に防止するといったITの最新技術
の動向について解説してみたいと思います。   



IoTはネットワーク同士でつながったモノ同士が、人を介さなくてもお互いの情報
を通信し連携し合うことを想定しています。その結果、これまで人の手がで行って
いた作業を自動化・効率化することが可能になってきます。

しかし、現実は一気にそこに到達することは難しく、それよりもまず考えるべきは
何がIT化できて生産性向上や価値創出につながるか、その気づきのほうがよほど
大切です。経営者は、そのために現場をよく知ることだと思います。

現場では何が起こっているか?
小ロット多品種生産、要求品質の高度化によって、生産性の低下、品質問題が後を
絶たないといった悩みを抱えています。特にヒューマンエラー対策としてルール
順守、教育訓練、ポカヨケなどの従来手法による対策では効果が得られないと言う
声も聞かれます。

アナログ的な人の作業の状況をいかにデジタル化して認識し、IT処理により確実に
ミスを減らしていくのかが今後、最も重要な取り組みとなっていくものと考えら
れます。

では、IT化によってどのような品質問題の予防が可能となるでしょうか?
実用化が進められている、あるいは実用化されている技術のいくつかの事例を
紹介して見たいと思います。
IT技術活用によるヒューマンエラー予防対策.jpg

1.作業指示
 (1)熟練技能訓練システム → 事例はこちら
 (2)HMDによる組立指示システム
2.作業監視&記録
 (1)作業の見える化システム
 (2)測定記録システム
3.検査
 (1)官能検査システム → 事例はこちら
 (2)作業ミス検出システム
4.マニュアル作成
 (1)マニュアル作成・編集・閲覧
 (2)自動マニュアル作成 → 事例はこちら
5.作業訓練
 (1)熟練技能訓練システム
 (2)
6.間接業務効率化
 (1)RPAによるオフィスの定型業務自動化 → 事例はこちら
 (2)疲労度評価システム
7.コミュニケーション
 (1)ヒヤリハット報告
 (2)グループチャット


詳しくはセミナーで説明します。
セミナーのお申し込みは、以下のフォームから!
posted by k_hamada at 00:00| ★IT・AI技術活用による品質管理 | 更新情報をチェックする
 ★無料書式フォーマット
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアル

 ★無料ネット相談
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
9月27日(金)大阪市産業創造館
(計画中)
(計画中)
(計画中)
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG