外観検査の自動化:外観検査機導入時に検討すべきこと!

人による目視検査ではNG品がたびたび客先に流出してクレームとなっている
こんな悩みを抱えている工場は多いと思います。かと言って、高価な検査機を
導入しても、効果に疑問を感じているというのも事実です。

そこで、賢い外観検査機の導入方法について考察を試みます。


1.外観検査の現状と検査機導入の悩み
工程で不良ゼロに抑えるのは難しいとすると、そこは検査で流出を防がなけれ
ばなりません。
一般的に、人的ミスの発生率は、緊張を保っている場合、3/1000と言われて
います。また不良を見逃す確率も3/1000です。
従って不良は、3/1000×3/1000=9/1,000,000(9ppm)以下に抑え
ことは難しいということになります。

しかし、一般的な工場ではおそらく数百~1000ppmを推移しているのでは
ないかと思われます。しかし、人間には機械では絶対に実現できな万能性も
備えておりそこは、ケースによって人間と機械の使い分けをしていくことが
必要になります。

①人間による検査
 ・「目」でみて、触れて「脳」で検査を行う
 ・特に「脳」は認識能力が高く、大変優秀で、応用も利く
 ・チェックシートなどにより、かなりの精度で不良品を見つけることが可能
 ・長時間同じ作業を続けるということが得意ではない(ポカミス・手抜き)

②検査装置
 ・機械が得意なことは少なく、残念ながら応用範囲も狭い
 ・ただ単調に指示したことをひたすら続けるということが得意
 ・想定内のものなら人間のようにポカミス、違反をすることもない
 ・処理スピードは人間の何十倍、何百倍にも達することが可能
 ・学習機能はあるが、幼児をしつけるように手が掛かる

2.賢い検査機導入の手順
人間に頼らず、すべてを自動化したいが、費用的にも、技術的にも実現するのは
難しいというのが現状です。そこで「人間」「検査装置」それぞれの得意分野を
うまく共存させ、より効率のよい検査システムを構築することを推奨します。

        IMG_1898.JPG
         当技術研究所が企画・開発した表面歪測定検査機

①自動検査装置の対象となる検査
 ・生産量が多く、人海戦術で検査しているもの
 ・人による目視検査で大きな工数を消費している
 ・精度が高く、顕微鏡などを使用して大きな工数を消費しているもの
 ・検査範囲が広いため、人の検査に適さないもの
 ・人の検査ではどうしても見逃してしまい、流出してしまうもの

②自動検査装置導入のポイント
すべては自動化できないので機械が得意なものだけを自動化するというのが
基本的な考え方になります。また外観検査機では画像処理ソフトがカギを握
っています。

従って、何を検出したいのかを明確にしたうえで、検出するための画像処理を
しっかりと行うことができる(実績のある)メーカーに依頼することが重要に
なってきます。

大手測定器メーカーの汎用検査機は、様々な検査に対応でき、すぐに使うこと
ができると言うメリットがある反面、実際に使いたい機能や性能が物足りない
ということ一般的に言われています。

非測定対象物の搬送系、冶具、照明、操作性などを含めた検査システムとして
使いやすくそれなりの機能・性能を実現させるためには、特注の検査機を製作
することをお勧めします。

検査機を検討したい・どのような方式が良いか?などについてご相談を
無料で行っております。お問い合わせは下記フォームより


ZOOMオンライン・レベルアップ・セミナー
現場リーダー研修.jpg セミナー.jpg トラブル流出ゼロ.jpg

製造業の未来に向けたメッセージ

★製造業改革 三つの柱
一つ目:人材育成
二つ目:技術力(品質)向上
三つ目:下請け体質からの脱却(顧客開拓のしくみ)


日本のものづくりは、人に受け継がれてきた熟練技能と、全員一丸となって困難に立ち向う、力の結集力より優れた製品が生み出され世界的に高い評価を受けてきました。

 しかし、これだけでは、これからの時代に中小が生き残っていくことは困難になって来ました。市場の厳しい品質要求に応えていくこと、また多様なニーズをとらえて機敏に対応していくことが求められますが、売り上げの伸び悩み、人材難熟練技能者のリタイヤなど、経営資源の不足する中小企業では今までのやり方では対応が困難となっています。

 中小企業にとって今求められるのは、このような時代の要求に応えられる若手人材を育成することです。必要なのは、自ら課題を設定してそれを解決していける「自立型人材」です。また、デジタル革命が進む中、IOT・AIなどの知見を持つ技術人材の育成も急務です。

 IOTの時代が到来し、ルーチン業務は機械への置き換えが加速するといわれています。機械により生産性向上を図ってその分人は付加価値業務へシフトし、新たな製品や新市場の開拓を行い、利益を確保していかなければなりません。デジタル化社会の今こそ、中小企業は、顧客視点のきめ細かいアナログ対応力が求められています。

 経営層は、これらの時代の変化を捉えて、従来からの下請け体質を打破し、果敢に事業変革にチャレンジしていかなければ明るい未来は開けません。

・自立型人材の育成
・差別化固有技術の深耕
・顧客対応組織の新設

など、中小企業の持つソフトな経営資源(人、技術、組織)と、アナログ対応力(顧客の期待に沿う)に磨きを掛け、これらを武器に新たな事業の可能性を追求し、利益を得ていくことこそ日本の中小製造業に課せられた使命と考えます。

   高崎ものづくり技術研究所
   代表 濱田金男