2019年03月04日

社長がその気にならなければ!工場の品質改善の進め方・事例

1年以上前、若手社員の教育支援を要請された企業ですが、その後製品の品質
トラブル続きで、日程がの延び延びになってしまい、現在も全く支援活動が
行われないままになっています。

品質トラブルをなくすために、時間を割いて若手社員の品質教育を行うという
決心を一旦は行った社長ですが、なかなか時間が取れず?ずるずると過ぎて
しまっているのです。

この場合、どう考えたらいいでしょうか?
 ①短時間で効果の上がる魅力ある教育プログラムを新たに提案する。
 ②毎日の業務に追われ、余裕のない社長にこれ以上関わることはやめるべき。
 ③定期的に情報提供を続け(メルマガ)相手勘合からのアクションを待つ。

さあ、あなたならどの方法を取りますか?
今まで②の考えが強かったのですが、最近は①の考え方にシフトしています。

とにかく、一にも、二にもトップの考えや行動に左右される中小企業では
トップに、いかにその気になってもらうかが鍵となります。

良くも悪くも、会社の運命は、社長の考え一つで決まってしまうのだという
事なのです。

posted by k_hamada at 00:00| ◇中小製造業の辛口トーク! | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   セミナー予定表
 不良を絶対流出させない品質対策  ★6/24(水) 東京北区北とぴあ8階会議室
ルールの原因.jpg