2019年03月04日

社長がその気にならなければ!工場の品質改善の進め方・事例

1年以上前、若手社員の教育支援を要請された企業ですが、その後製品の品質
トラブル続きで、日程がの延び延びになってしまい、現在も全く支援活動が
行われないままになっています。

品質トラブルをなくすために、時間を割いて若手社員の品質教育を行うという
決心を一旦は行った社長ですが、なかなか時間が取れず?ずるずると過ぎて
しまっているのです。

この場合、どう考えたらいいでしょうか?
 ①短時間で効果の上がる魅力ある教育プログラムを新たに提案する。
 ②毎日の業務に追われ、余裕のない社長にこれ以上関わることはやめるべき。
 ③定期的に情報提供を続け(メルマガ)相手勘合からのアクションを待つ。

さあ、あなたならどの方法を取りますか?
今まで②の考えが強かったのですが、最近は①の考え方にシフトしています。

とにかく、一にも、二にもトップの考えや行動に左右される中小企業では
トップに、いかにその気になってもらうかが鍵となります。

良くも悪くも、会社の運命は、社長の考え一つで決まってしまうのだという
事なのです。

posted by k_hamada at 00:00| ◇企業支援のあり方とは? | 更新情報をチェックする

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!