2019年06月27日

エラープルーフ化を実現する5つの対策と5つのしくみとは?:製造業の品質対策の進め方

製造業の品質問題の予防策として有効なエラープルーフ化について考えて
見ます。
エラープルーフとはエラー(ミスによる故障や不具合)が発生しないように
あるいは発生しても通常の機能や安全性を維持できるように プルーフ(防ぐ)
ように、あらかじめしくみや手順を設計する概念です。

重要な事は作業を構成する人以外の要素、すなわち 機器、しくみ、手順等の
「作業方法」を 改善することです。





エラープルーフの構成図を示します。
ヒューマンエラー対策は、思い付きでバラバラに実施するのではなく、3つの
発生防止策と2つの波及防止策に分けて対策を講じます。以下に、それぞれの
項目について解説します。
エラープルーフ.jpg
1.発生防止対策
(1)排除
 排除とはエラーの原因を事前に取り除くこと
エラーの原因となるあるいは発生させる可能性のある業務を不要にすることが
基本的な考え方
(2)代替化
 代替化の基本的な考え方は、人が行っている作業を機器やシステムなど他に
代替させること。例えば人が計測して行っている作業を、機器を用いて自動化
するなど
(3)容易化
 容易化の基本的な考え方は、作業をしやすくすること
身近な例として整理整頓(5S)わかりずらいものは、色分けする番号を明記する

2.波及防止対策
(1)異常検出
 異常検出はエラーを可能な限り速やかに検出し、迅速に対応すること
異常が無いと確認できない限り、次の工程には進めない工夫も必要になる
(2)影響緩和
 エラーが発生しても、その影響が可能な限り小さく、そして他に波及する
ことを防ぐこと

3.5つの仕組み・手順の設計
 エラープルーフの本質は人の対策ではなく、人以外の対策を講ずることである。
そして、あらかじめ手順や仕組みを設計することが重要となる。
(1)工程設計のしくみ
発生防止は、最上流の工程設計において、QC工程図を作成し、その中で「排除」
「代替え化」「容易化」を考慮した工程、作業手順を検討する。
また教育訓練の中で、次工程完結能力、不確かさ検出能力、異常検出能力を身に
付ける必要がある。

(2)4M管理のしくみ
 「異常」の見える化と早期発見、対処手順をしくみ化して大きな不具合に発展
することを防がなければならない。

(3)リスクアセスメントのしくみ
 不具合の大きさ、波及性についてはリスクアセスメントを実施して定量化し
対策を講ずる必要がある。

(4)検査のしくみ
 検査は付加価値を生まないと言われているが、必要に応じて検査を実施することも
考慮しなければならない。検査の方法、項目などを決めるためのしくみを構築して
おく必要がある。

(5)FMEAのしくみ
 作業ミス発生が、故障や事故につながらないように、故障モードからすべての不具合
を洗い出すFMEAのしくみを構築しておく必要がある。

【関連する記事】

無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!