2019年09月25日

入社2年~3年:若手社員のメインプレーヤー成長に向けた5つの基本とは?

この記事によって、若手社員に対する情報発信として大切なことは何かを考えた
場合、いくつかの項目が上げられると思います。

 ★製造業の人材育成手順
   重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)

毎年4月に入社する新人に対する期待は大きいものがあります。しかし教育のみ
ならず、あらゆる経験を通して期間を掛けて徐々に成長していきます。

併せてこちらもご覧ください。

以下の4つのステージは若手社員の成長のステップと、担うべき役割を示して
います。

1.スターター(Starter/社会人)
 ビジネスの基本を身につけ、組織の一員となる段階
2.プレイヤー(Player/ひとり立ち)
 任された仕事を一つひとつやりきりながら、力を高める段階
3.メインプレイヤー(Main Player/一人前)
 創意工夫を凝らしながら、自らの目標を達成する段階
4.リーディングプレイヤー(Leading Player/主力)
 組織業績と周囲のメンバーを牽引する段階

そこで、入社2~3年の社員が、プレイヤーからメインプレイヤー(一人前)に
成長するために必要な5つの基本について考えてみます。

1.積極的な行動力
企業では受け身の姿勢の人は正直要りません。
大手企業の工場であれば、日々同じような組立てや加工、検査といった定型作業
を黙々とこなすことも多く、受け身の姿勢の人であっても必要とされます。
しかし多品種少量生産型の中小製造業では、一つ一つの生産ロットが小さく生産
品目が多岐にわたったり、また一人の作業者が一つの工程だけでなく複数工程を
こなす必要があるなど、多様な生産業務をこなすことが若手社員でも求められる
ことが多々あります。ですから、受け身でなく、積極的に行動する力が求められ
ることになります。
2.原理や仕組みなどの本質を知る力
与えられた作業を何も考えずに黙々とこなすだけの人は成長しません。難しい材料
力学や化学など全てを理解する必要はありませんが、せめて自分が担当している
作業に関係することの原理や仕組みを先輩に教えてもらい、また自分自身で考える
ことで品質不良発生時などに根本解決策が見つかりやすくなります。

原理や仕組みを知ることは、品質管理の理解につながります。品質管理の考え方
は、どの仕事にも共通ですから、今担当している仕事を通して原理や仕組みを
知ることができれば、以後どんな仕事についてもやっていけることを意味します。

3.前後工程、だけでなく工場全体を理解する力
新人・若手社員は、自ら前後工程、あるいは工場全体に興味を持ち、現在担当して
いる工程とのつながりや違いなどを休憩時間などに先輩社員に少しずつ教えてもら
うようにします。
このような前向きな取り組みをすることで、現在の工程における生産性向上や原価
削減のアイディアが生まれたりします。

4.ミスをしない工夫と努力
ミスをしない人には、共通する習慣があります。それは記録することです。
メモをする人とメモをしない人の違いは、習慣にあるのかもしれません。メモをする
習慣を身につけてしまえば、ミスが激減し、仕事の段取りがよくなります。一方、

新人は仕事を任せられ信頼を得るまでには一朝一夕で成し得ることはできません。
ですが、小さな約束を守り続けると、やがて「あの人に任せて安心」と思ってもら
えるようになります。

5.ホウレンソウ(報連相)
若手社員が「報連相」を知らないかというと、それは違います。
その「報連相」という言葉は、新入社員研修にも出てくるワードなので、知って
はいるのです。ただ、具体的に何をどうしたら報連相になるのかは、明瞭では
ないと思います。

実はそれは若手社員に限った事でもないと、感じています。
若手社員が報連相をしない理由があります。
 1.報連相が重要という認識がない
 2.報連相のやり方がわからない
 3.報連相は仕事だと思っていない

上記のような「意識」「スキル」の問題もあれば、もう一つこんな現場の声も
あるのです。
 4.タイミングがつまめない
 5.上司に対する苦手意識がある
 6.上司との人間関係が出来ていないので話しにくい

「人間関係」というハードルが高そうですね。
報連相を受ける側も、「受ける義務がある」と考える事が必要なのです。
つまり、部下にどのように声をかけるか、を考えて行かなくてはなりません。

環境ができていれば、行動はしやすいものです。

そして、もう一つ
 7.マイナス要素(失敗や仕事の遅れなど)の報告をしたら怒られるので怖い

という理由もあります。
受ける上司の「スキル」も問われています。報連相は若手社員に対してだけ望む
ものではありません。会社やその現場が一つになって、「機能させていこう!」
という意識をもつことがスタートです。

互いに報連相を機能させやすい「人間関係」を創っていこうというベースも心に
刻みたいものです。

以上、5つの基本を上げましたが、何事も経験を積むことによって会得するので
あって、一度教育したからと言ってすぐに身につくものではありません。
先輩や上司の適切なタイミングでの声かけや、フォローが行えるような育成方法を
獲得していただきたいと願っています。

【関連する記事】
posted by k_hamada at 22:00| ★中核人材育成と教育訓練の進め方 | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアルを多数準備しました。

 ★無料:ネット相談フォーム
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年度 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
  ・電子機器開発における信頼性設計のポイント
  ・機構部品・ユニット開発における信頼性設計のポイント
  ・FMEA(DRBFM)/FTAの重要ポイント12
◆2020年3月27日(金)
東京北区北とぴあ

◆2020年4月以降 
愛知県産業労働センター

  ・ヒューマンエラーの科学的分析
  ・全数検査の見逃しをゼロにする
  ・画像検査装置等IT技術導入時の注意点
◆2020年1月23日(木)
 太田市新田文化会館

◆2020年1月31日(金)
大阪市産業創造館

◆2020年2月21日(金)
東京北区北とぴあ

 小ロット受注生産工場の生産性向上
  ・リードタイム短縮手法
  ・在庫削減手法
  ・不良ゼロ実現手法
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
FMEA_FTA実施手順表紙1.jpg 全数検査.jpg