2019年06月27日

製造品質を良くすることとは=コストを下げる事?(失敗コストと予防・評価コストの関係)

製造品質とコストの関係について考えてみます。
一般に工場では失敗コストと予防・評価コストについてどのように管理すれば
いいでしょうか?




例えば、検査を厳重に実施して、2重に検査する、人出を掛けて全品を検査する
などの方法では、コストはその分上昇します。しかし、検査を省いた結果、不良
が流出するなら、市場での処置、回収作業など、社内コストと比べ膨大なコスト
が掛かります。また、信用も失い、無形の損失も大きいと思います。

c2a21dbe801487922a3f1ebe71886845-1024x541.png
上図のように、最適な品質水準は失敗コストと予防評価コストの交わる点であり
一番低いコストとなります。

この図から分かるように、品質を限りなく高くしていくとコストもどんどん上昇
します。しかし、価格が高ければだれも買わなくなり、市場競争力は無くなります。

市場の要求は、なるべく安く、良いものを欲しい時に手に入ることです。
実は品質管理の目的は、「コストを掛けずに品質向上させる」ことなのです。
しかし、上のグラフの様に、最適な品質水準を見分けるのは理屈では理解でき
ても実際にいくら費用を掛けて対策すればいいのか?判断が難しい問題です。

そこで、「付加価値生産性」の計算式を用いて工場全体のムダな費用を省き
付加価値」を高める改善活動の中で品質改善を進めていくことになります。

詳しくは下の解説記事をご覧ください。

では、実際の改善の項目はどのようなものがあるでしょうか?

製品や工程の不適合(トラブル)を未然に防止し、検査は行わなくてもトラブル
が起きないよう、管理のしくみや、教育訓練、作業手順、設備、測定機の配置を
事前に考え、万全な体制を敷いてで生産をスタートさせる手順を確立しなければ
なりません。

一例として、費用を掛けずに品質を作り込む、トヨタ生産方式の「自工程完結
自働化」「ポカヨケ」などの考え方が参考になります。トヨタ生産方式の考え
方は、現場でアイデアを出し、試行錯誤を繰り返して独自の管理方法を確立する
ことです。

また、評価テストに時間や人手を掛けるのではなく、製品設計や、工程設計時点
で潜在する不具合を洗い出すための手法を導入します。
品質工学(タグチメソッド)」「FMEA」「FTA」「リスクアセスメント
などの信頼性設計手法を上流工程に組み込んで製造工程や市場における品質トラ
ブルを予防します。
【関連する記事】
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアルを多数準備しました。

 ★無料:ネット相談フォーム
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆

2019年度 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
  ・電子機器開発における信頼性設計のポイント
  ・機構部品・ユニット開発における信頼性設計のポイント
  ・FMEA(DRBFM)/FTAの重要ポイント12
◆2020年3月27日(金)
東京北区北とぴあ

◆2020年4月以降 
愛知県産業労働センター

  ・ヒューマンエラーの科学的分析
  ・全数検査の見逃しをゼロにする
  ・画像検査装置等IT技術導入時の注意点
◆2020年1月23日(木)
 太田市新田文化会館

◆2020年1月31日(金)
大阪市産業創造館

◆2020年2月21日(金)
東京北区北とぴあ

 小ロット受注生産工場の生産性向上
  ・リードタイム短縮手法
  ・在庫削減手法
  ・不良ゼロ実現手法
(計画中)

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★詳しくは <こちら>
FMEA_FTA実施手順表紙1.jpg 全数検査.jpg