2018年12月08日

下請け体質から脱却できない中小企業の特徴

「下請け」とは一般的には、上位の企業から仕事の一部を引き受けている業者
のことです。

つまり、発注元の指示を忠実に実行するという力関係にあるため、いつまで
たっても自社の独自性を発揮する機会がなく、ただ発注企業の顔色を伺い、
いわれたことだけを忠実に行うことが習慣化しています。
また下請け企業は、常に値引き圧力にさらされ、利益が薄く、発注企業のさじ
加減でいつ切られるかわかりません。




 ★中小企業の経営品質を高めるステップ
  ★工場長・品質管理部長のスキルアップセミナー
  ★無料サービス


1.下請け体質とは社員一人一人に根付いた体質のこと
以上のことから下請け体質から脱却できない企業の特徴として

(1)受け身体質の社風が根付いている
(2)製品・サービスの付加価値が低く利益率が低い
(3)市場ニーズを把握する営業活動ができない
(4)技術はあっても企画提案型/問題解決型提案ができない

「下請け体質」とは、企業の問題ではなく、働く社員一人一人の問題でもある
のです。仕事とは、上からの指示待ち、指示された事を消化する、判断を他人に
求めることではありません。

たとえば、営業担当者は、「限られた得意先だけとの取引」「親しい担当者と
ばかりの面談」「顧客の言うままの特殊な仕様をそのまま受注」という現状維持
受け身の考え方、行動パターンに陥っています。

ものづくり白書」では、中小企業の取り巻く環境変化に対する取り組みの現状
を次のように指摘しています。

付加価値が「もの」そのものから、「サービス」「ソリューション」へと移るなか
単に「ものをつくる」だけでは生き残れない時代に入った。海外企業がビジネス
モデルの変革にしのぎを削るなか、我が国企業の取組は十分とは言えない

(1)人材の量的不足に加え、質的な抜本変化に対応できていない
(2)従来「強み」と考えてきたものが、成長や変革の足かせになる
(3)大きな変革期の本質的なインパクトを経営者が認識できていない
(4)非連続的な変革が必要であることを経営者が認識できていない 

つまり「下請け体質」とは、経営者をはじめ社員全員が「これまでのやり方」に
しがみ付き、習慣化した思考停止状態になっていることを意味します。

2.自社製品を開発すれば売れるか?
市場変化で仕事量が減ったりすると今までの営業の力ではまったく手を打つこと
ができず、注文が減り経営がジリ貧になってしまいます。このような経営環境
では社長は何とかしなければと思うの方が自然です。そこで、「自社製品で市場
開拓しなければならない」と考えます。

掛け声はかっこよくても、現実にどうやるかが重要な問題なのです。
先ず、社長は下請けのビジネスモデルと直受/自社製品のビジネスモデルは全く
違うということを理解しなければなりません。営業面だけ見ても、市場開拓を
自分でやらなければなりません。

これはどういうプロセスかと言うと「自社の技術や製品の特長を見極め、売れる
強みが求められる市場(顧客)を見つけ、売り方を考え、売れる仕組みを作り、
営業体制を整え・・・」とマーケティングから営業、設計から製造まで一気通貫
でビジネスをデザインして、事業計画を作り投資しなければなりません。

それには、社長をはじめ社員全員の今までの「受け身」の思考・行動パターンを
180度変える必要があるのです。
下請け企業が、いきなり新商品開発までもっていくには相当の困難が伴うことは
明らかです。

3.まず営業を強化するという考え方?
売上が思ったほど伸びない会社は営業活動を社長人脈に頼っている会社に多く
見られます。社長に営業を依存する会社では社長が限界に達したら思うように
売上は伸びません。

結局「営業が駄目だから売れない・・・」と考えるようになります。
そして、営業スタッフや営業幹部を中途採用しますが、なかなか上手くいきま
せん。訪問営業などで会社の実績や、設備、技術などをアピールしますが、
それだけでは新規の受注には結び付きません。

営業を強化すれば受注が取れると考える社長は結構多いですが、それにはかなり
しっかりした会社」であることが前提となります。


posted by k_hamada at 19:55| ★下請け体質から脱却 | 更新情報をチェックする

2019年度 セミナー開催予定(東京/大阪/群馬)
 ・それでもリコールはなぜ発生するのか?
 ・トヨタDRBFMを正しく理解する
 ・以外とお粗末なJAXAロケットエンジンのFMEA
 ・ポイントは故障モード/故障の摘出方法
 ・多発する電子機器の火災事故とFMEA実施のポイント
 ・のぞみ車両台車亀裂事故とFMEA実施のポイント
 ・部品製造メーカーのFMEA(DRBFM)実施のポイント
◆2020年3月27日(金)
東京北区北とぴあ

◆2020年4月以降 
愛知県産業労働センター

  品質保証部長として最優先で取り組むべき事は
  どんな手段を使ってでも「不良品は絶対に外に
  出すな!」です。
◆2020年1月23日(木)
 太田市新田文化会館

◆2020年1月31日(金)
大阪市産業創造館

◆2020年2月21日(金)
東京北区北とぴあ

 小ロット受注生産工場の生産性向上
  ・リードタイム短縮手法
  ・在庫削減手法
  ・不良ゼロ実現手法
(計画中)

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★購入お申し込みは <こちら>
FMEA_FTA実施手順表紙1.jpg 全数検査.jpg スライド1.JPG 多品種少量生産工場 生産性向上の攻めどころ0824.jpg 設計ミス未然防止対策.jpg 若手中堅社員のプロ人材育成マニュアル0104.jpg なぜなぜ分析表紙1.JPG 工場長の業務改革・品質改善活動マニュル.jpg


音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

   ★お申し込みは <こちらから
FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG スライド4.JPG スライド5_1.jpg
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み
  工場ですぐ使える品質管理書式雛形、フォーマット、マニュアルを多数準備しました。
  4M変更申請書/クレーム対策書・是正対策書/STPDフォーマット/OJT計画書・・・

 ★無料:ネット相談フォーム
  無料で質問、問い合わせなどメール、電話でお答えします。

 ★無料メールマガジン <毎週配信>
   5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
   配信希望は無料会員登録で!<こちらから  ◆◆過去の配信記事◆◆