2019年01月08日

スループット会計とは(付加価値生産性を高め利益創出)

ここでは、工場の生産性を定量的に表す、スループット、スループット会計
について解説します。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

1.スループットとは
スループットは一般的には、コンピュータ機器や通信路などの性能を表す特性の
一つで、単位時間あたりに処理できる量のこと。ITの分野では、コンピュータ
システムが単位時間に実行できる処理の件数や、通信回線の単位時間あたりの
実効伝送量などを意味します。

工場においても考え方は同じで、材料を仕入れたら、できるだけ早く加工して
単位時間当たりの生産スピードを高めることでスループットが向上します。
つまり、性能の良いCPUをいくつも使ったコンピュータがスループットが高い
と同じで、作業速度、加工速度を高めることで工場のスループットを高める
ことが可能となります。
スループット向上.jpg
2.スループット会計とは
お金の流れで見ると、スループットとは、製品を販売して得られるキャッシュ
(売上高)から、製品を販売するために投資したキャッシュ(材料費など)
を引いた額のこと。
 ★スループット = 売上高 − 社外へ支払った金額(材料費、外注費など)
スループットとは、言い方を変えると、材料を購入して社内で加工したり組み立て
たりして加わえられた付加価値額のこと。

スループット向上とは、売上高を上げること(高く売ること)と外部に支払う
お金を少なくすること、そして材料購入時点から、売上げ金額を回収するまでの
期間を短縮することをスループット向上といいます。

そして工場の利益は、付加価値額から業務費用を差し引いた額になります。  
 ★利益 = スループット(付加価値額) - 社内業務費用の合計
  (業務費用の合計=直接人件費+間接人件費+減価償却費+輸送費など)

受注生産工場のTOC&IOT活用による工場改革!1124東京.jpg


無料メールマガジン<毎週月曜午前7時半配信>
5分で頭に入れて、その日に実践できる品質管理の常識!!
配信希望は無料会員登録で!<こちらから

音声解説付きテキスト 社内教育用に最適! 
 現場ですぐ使える!(6000円 送料込み:会員割引特典あり)

FMEA DVD講座.jpg モグラたたき.JPG
 ★お申し込みは下記フォームより
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  ★2019年7月1日~8月31日期間限定値下げ!
  更に会員入会(無料)で、30%割引特典!

  ★詳しくは <こちら>
0415スライド1.JPG 04014スライド1.JPG

 ★マニュアルのお申し込みは下記フォームより!