製造業の生産性向上と階層別教育の進め方

製造業の階層別教育の進め方

中小企業にとって、社員教育に時間とお金をかけるのは大変なことです。
しかし、中小企業は、「お金と手間をかけて社員を教育する」ことで
生産性向上、利益向上を図っていく以外に、生き残る道はないのです。

人材育成は「仕事をすぐに覚えるために」といった目先の目的で行うもの
ではありません。
「会社の将来を見据えて、5年後、10年後にこうなりたいというビジョン
を描き、そのためにはこんな人材が必要で、社員にはいつまでにこんな
能力を身につけて欲しい」という会社としての目標に沿って進められる
べきです。

さて皆さんの会社では、どんな教育が実施されているでしょうか?
1.新人教育
2.多能工教育
3.熟練技能の教育
4.現場リーダの教育
5.幹部候補生の教育

おそらく1 ⇒ 5に行くにしたがって、実施されていないケースが多いと
思います。では、それぞれの階層においてどのように教育方法で人材育成を
進めていけば良いでしょうか?

このような人材が必要だとわかっても、人材育成の手段については明確に
なっていない場合が多いのです。
以下に、各階層の教育体系例を示します。管理層の教育が不十分の場合は
当然部下の教育も不十分となります。

 ★詳しくは

 ★新人教育(OJT)の進め方手順

 ★コーチングで部下のやる気を引き出す


無料メールマガジン 2018年12月27日配信
会員登録にて毎週配信

 <お申し込みフォームは>