品質管理とは真実を追求し、それを顧客満足につなげる活動である

「品質管理」とは「真実を追求すること」これは品質管理活動を実施する上で
最も基本となる考え方で、非常に重要な事です。




 ★品質改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

お客様は、企業が作り出す製品やサービスが良ければ購入します。企業は全員
がお客様に満足して頂くために「品質を第一」とした考え方で、モノづくりを
行います。

1.お客様第一とは、後工程もお客様と考える
お客様を最重要視する考え方は「顧客志向」「お客様が第一」と呼んでいます。
「顧客志向」は、自分の仕事に当てはめると、自分の仕事の後を引き受ける人
が自分の「顧客」に位置付けられ、「後工程」の人に良品や正しい情報を渡す
仕事をすることが重要になります。

つまり、「後工程もお客様」という考え方で、お客様が何を望んでいるのか
その「事実」を捉えて、全社員が仕事をすればよい結果に結びつくと考えら
れます。

商品やサービスの品質が悪いということは、それを生み出している「プロセス」
に、問題があると考えらます。

2.事実を分析し真実を捉えるとは
品質管理は、「事実」を最も重視します。事実情報を入手し、それを分析し判断
し「真実」を捉えます。情報を分析するためには統計的方法を使用します。
の代表的なものが「QC七つ道具」です。しかし、最近は多品種少量生産が
当たり前の時代となっているので、必ずしもQC七つ道具は有効な手段とは言え
なくなっています。

そこで、IOTによって、一つ一つの特徴ある情報を集めてAIで分析することが
試みられるようになっていきました。お客様の要望をきめ細かく聞き、それを
工場のものづくりに反映させていくことが、これからの製造業には求められる
ようになると考えられます。

膨大なビックデータを解析し、それを基に、お客様の求める製品を作り出して
いくこと、これを素早く実現するために、組織の「管理のサイクル」を早く
回す必要が生じています。

3.日常的に発生する変化点の管理とは
人や設備には「ばらつき」が発生します。
「ばらつき」が小さい場合には問題が生じませんが、大きくなると重大問題
が発生する可能性があります。
「品質管理」は、統計的手法や、変化点管理によって、プロセスおよびプロ
セスの相互関係を迅速に察知して、問題の発生を予防することが必要になって
来ます。それを「変化点管理」と呼んでいます。

素早く対応するためにはプロセスの状態を誰が見てもわかるような状態にする
ことが重要です。そのため工程や製品の異常を一目でわかる状態にします。
(見える化)問題が拡大しないように、早期のタイミングで発見できるよう
管理することが重要になり、ここでもIOTの適用が効果的と考えられます

4.管理のサイクルとは?(PDCA/STPDの違い)
「管理のサイクル」は、「PDCAのサイクル」とも呼んでいます。品質管理活動
「PDCA」を回すことが重要です。

 P:計画(Plan)
 D:実施(Do)
 C:確認・評価(Check) 
 A:対策(Action)

しかし、多様なお客様の要望を捉えるには「STPDサイクル」が有効です。
STPDとはSee,Think,Plan,Doの頭文字を取ったものです。よく見て
よく考え、それから計画するというステップになります。

 See:よく見る
 Think:よく考える
 Plan:計画する
 Do:実行する

「会社の方向性や計画が妥当かどうか?」現状と目標の差を見ることによって
攻めどころを絞り込んでから、そこに集中して対策を講じていくという考え
方を取ります。
このサイクルは、課題達成型のQCストーリーをイメージして頂けると理解
しやすいと思います。

5.企業経営の品質を管理する
品質管理は、製造部など特定の部署だけで実施するのでは、大きな効果は
期待出来ません。製品やサービスの品質は、企業全体の組織の一人一人の仕事
で、PDCAのサイクルを回すことにより、効果は非常に大きくなります。

以上の通り、品質管理の「基本的な考え方」は、正しい情報(事実)を素早く
的確に掴み、そこからお客様の要望(真実)は何かを分析し、それに沿える
よう行動することにほかなりません。
お客様の要望を見誤り、漫然と今まで通りのやり方で製品やサービスを提供して
いれば売り上げは伸びず赤字の垂れ流しになります。

企業はお客様に製品やサービスを提供する事でその対価を得ます。そのために
 ①提供する製品やサービスの質を一定に保つこと
 ②常に顧客の要望を取り入れ改善していくこと
 ③新しい製品やサービスを開発し、提供すること

ことなどが企業活動を継続的に行う為の品質管理であり、事業を通じて社会の
信頼・信用を得る事にあります。
私たちが一般的にイメージに抱く品質管理はクレームをなくす、工程の不良を
対策するなどの狭義の意味の品質管理です。

品質管理の本質とは『企業経営の品質を管理』する事なのです。

2021年 DVD版:ナレーション付きテキスト品質改善講座
 各6000円   お申し込みは <こちらから
 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから> 
スライド1.JPG
No.01 DVD:6,000円
時代に適した新たな品質管理の取り組みに重点を置き、潜在不良の未然流出防止対策の考え方と実施手順について解説します。
品質管理の基本とルールを守るしくみ、工程設計段階における予防処置、4M管理手法、検査方式設計手法など。
   詳しい内容はこちら 
スライド2.JPG
No.02a DVD:基礎編 6,000円
No.02b DVD:応用編 6,000円
ヒューマンエラー対策のポイントは、ミスの起きやすい作業を科学的に分析すること、ミスを予防するためのしくみをしっかり構築することです。多品種少量生産工場においてヒューマンエラー対策は最も重要な品質向上策です。
   詳しい内容は<こちら
スライド3.JPG
No.03 DVD:6,000円
多品種少量生産工場における現場の日常管理の主体は4M変化点管理です。本マニュアルでは、4M変化点の発生するケースを3つに分類し、それぞれの管理方法、手順を詳しく解説します。
   詳しい内容はこちら
スライド4.JPG
No.04a DVD:基礎編 6,000円
No.04b DVD:応用編 6,000円
モノと情報の流れ図を作成し、流れを阻害する個所を特定し、しくみの悪さを是正する活動で、部分最適に陥ることなく、全体最適化を図り、工場の品質向上、生産性向上を図る。 
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.11a DVD:基礎編 6,000円
No.11b DVD:実務編 6,000円
FMEA簡易評価法(DRBFM)を基礎から学ぶための入門テキスト 基本的な考え方補助ツール、実施手順(事例)をわかりやすく解説します。
   詳しい内容は<こちら
スライド2.JPG
No.12 DVD:6,000円
工程FMEAを実施するにあたっては、製造工程の信頼性設計の考え方、リスクの想定と予防策を講ずることが前提となります。また上流工程からの情報の欠落、劣化を防止するためのレビュー実施が欠かせません。
   詳しい内容はこちら
スライド1.JPG
No.21a DVD:基礎編 6,000円
No.21b DVD:応用編 6,000円
スマートファクトリー化を見据えた中小製造業のロボット導入、IOT導入を伴う現場改革手順、導入の課題を明らかにします。
  詳しい内容はこちら
スライド2.JPG
No.22a DVD:基礎編 6,000円
No.22b DVD:応用編 6,000円
ボトルネック・制約条件(TOC)理論に注目して、攻めどころを設定し、リードタイム短縮、付加価値生産性(スループット)工場を図る改善手順について事例を交え、解説します。
   詳しい内容はこちら
お申し込みはこちらから
 品質管理・品質改善事例研究
      <PDF電子データー配信>

 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから 

★ご注文は <こちらから
  お支払いは、銀行口座振り込み、クレジットカード払い、Paypalから選択
  (海外からもで購入可能)

スライド1.JPG
多品種少量生産、人手不足など厳しい市場の品質要求に応える新しい品質管理手法を提案!統計を使ったもぐらたたき方式から気づき、予測に基づくトラブル未然防止に重点を切り替えます。
 ★PDF電子マニュアル:1500円
スライド1.JPG
多品種少量生産時代の現場の4M管理のルール重点管理・先手管理/重要要因・重要特性の統計的管理手法などを体系的に網羅しています。
 ★PDF電子マニュアル:3,000円
スライド2.JPG
まず、現場におけるモノと情報の流れ図を作成し、全体を俯瞰します。流れを妨げる問題をクローズアップし原因を究明します。原因は、管理の仕組み上の不備・欠陥に起因します。決して現場の整理整頓など目に見える事象に囚われてはいけません。
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド1.JPG
企業の問題で一番対策が難しいのはヒューマンエラーです。その再発防止手順を主体に具体的に分かり易く解説。ポイントはヒューマンエラーの品質管理要因分類!IT・AI最新技術を活用した検査装置、作業ミス防止装置など!
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド1.JPG
工場監査(工場選定)、ISO9000に沿ったシステム監査、工程監査(SMT基板工場)の3種類セットになっています。協力工場調査130項目、工場システム監査19項目、工程監査280項目、海外工場にも使えます。
 ★EXCEL形式データ:3,000円
スライド1.JPG
製造工程設計におけるFMEAの考え方・実施手順、リスク予防の観点で製造工程の予防対策を実施方法をわかりやすく解説します 
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
スライド2.JPG
小規模設計チーム、部品設計、ユニット設計など小規模な製品でも使えるFMEA簡易評価法を紹介します。FMEAの基礎知識、設計工程に組み込むにはどうするか?ノウハウを明らかにする実務解説書。
 ★PDF版電子マニュアル:1,500円
全シリーズ(23種類)の一覧表は<こちら