トヨタDRBFMを理解する上で重要な3つのポイント(トヨタ式Good Dissection Good Discussion)

トヨタグループの提唱するDRBFMの考え方を理解するため、以下の3つの
ポイントについて解説します。


 ★実例で習得するFMEA/設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス




1.DRBFMでは、変更点(リスクと考える)に着目
 まず第一に、リスクと考えられる変更点に着目し、問題を発見することです。
 FMEAは、Anaiysisであるから、リスクを解析し、評価し、合理的な対策を
 施すことが主体となり、その前に「問題を発見する」するという重要な作業
 がおろそかになっている。

 これに対し、トヨタのDRBFMは、差の情報(リスク)の背後に隠れている
 「問題を発見」することを目的としている。
 言い換えると、DRBFMでは、「リスク(変更)の中から問題を発見する
 ことに徹底的にこだわるのである。

 問題とは、お客様の期待から乖離していることを指しており、設計目標値を
 満足すれば良いと考えるのは間違い。お客様の期待は、それよりももっと
 広げて考える必要があり、それがDRBFMによる問題発見なのである。

 そのためには、設計者はリスク、すなわち変更点を明確に示す必要があるが
 設計が終わって、DRBFMを行う段階になってから初めて変更点を考えていた
 のでは、見つけるのに膨大な時間が掛かり、面倒な仕事になる。

 そこで、設計者は毎日の設計に中で、ベース設計(流用元)と異なる変更
 点を記録しておくことが必要になる。(変更点日記➡変更点一覧表にまとめる)
 そして、変更点の中から隠れた問題を発見する(気づく)のである。

2.未然防止とは、仕事の中に「発見」を組み込むこと
 未然防止とは、お客様のヒヤリハットを事前に開発工程で感じ取り、未然に
 対処すること。単に合否を判定するだけの評価試験や、シミュレーションは
 未然防止とは言えない。

 評価試験や検査で合格しても市場で問題が発生する。ではなぜ試験や検査
 では問題が見つからないのだろうか?
 それは、条件を設定し、その条件で顕在化した問題だけを扱うからである。
 では、デザインレビューやFMEAはどうだろうか?やはり同じように設計の
 結果を審査する、検査する工程と化しており、「問題を発見する」という
 目的で機能していないのが現状と言える。

 では、問題を発見するとはどういうことか?
 まず最初に、これが壊れたらお客様にどのような影響を及ぼすだろうかと
 考え、その次に「どうやったらダメになるか?」を集中して現地現物を
 観察することである。
 そして最後に「どうやったらダメにならないか?」の知恵を絞ること。
 これが設計者の「発見」を組み込んだ設計の考え方と行動を示している。

 次に、徹底した議論により客観視すること。
 これは、前工程の人が、後工程の人と現物を確認しながら議論する中で
 問題を発見する、つまり徹底した議論により客観視するということが問題
 発見につながる。

3.DRBFMは、後工程の人とのデザインレビュー
 DRBFMとは、ワークシートを作るのが仕事ではなく、デザインレビュー
 の中で問題を発見することが目的である。

 設計者の説明に対するレビュアーの対応は以下の様に行う。
  何を変えたのか ➡ 他に変更点・変化点はないか?
  変更に当たって何を心配したか ➡ 他に心配な点はないか?
  それはどんな時に起きるか ➡ 他に原因はないか?
  お客様にどんな影響を与えるか ➡ 他に影響は無いか?
  どんな対策をしたか ➡ 他に対策すべきことはないか?

 従来のデザインレビューでは、レビュアーは、設計者の説明に対してその
 内容が間違っている、あるいは説明不足を指摘しようとする。
 これでは審査なってしまい、大切なことが抜けてしまう。

 もっと大切なことは、設計者が考えていない重要なアイテムである変化点
 心配点などを見つけることである。
 「他に問題はないか」という視点で、設計者に客観視させることができる。
 設計者が考えていないところはどこか?に気づくことがDRBFMの最も期待
 する効果である。