FMEA(DRBFM)の正しい実施手順(2)故障モードリストと故障モード抽出表

FMEAの正しい実施手順(1)では、設計の考え方を根本から転換する必要性
について解説しました。また、問題点の検討が漏れやすい変更点・新規点の
記録を、設計過程で残すべきとの見解を述べました。

今回は故障モードに注目した設計を行うためのツールである、「故障モード
リスト」と「故障モード抽出表」について解説します。


 ★実例で習得するFMEA/設計ミス防止対策セミナー
 ★設計品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス




設計の手順の中にいくつかの設計ツールを取り入れながら、FMEAを効果的に
実施する手順を解説します。
FMEAフロー.jpg

(1)故障モードリスト
故障モードリスト(一覧表)は、効率的なセルフFMEA、FMEAレビューを実施
する際に、漏れがなく効率的に設計が可能となる有効なツールと言えます。

しかし、故障モードがどのようなメカニズム(環境条件や使用条件)で発生する
のか、また製品にどのような重大な影響を与えるのかについて予測しなければ
なりませんが、このリストだけでは漏れるおそれが出てきます。

(2)故障モード抽出表
そこで、過去の不具合情報を収集、解析を行って「故障モード抽出表」を作成
します。
不具合情報は、NITEなどの公開されている市場情報、社内の過去トラブル集
などから、不具合(故障・事故)の発生状況、発生原因を故障モード、原因を
キーワードとして一覧表を作成します。

キーワード検索を行うことによって、過去に発生した故障・事故の情報が
得られるため、漏れがなく対策を行うことが可能になる。
市場に流出する不具合は、ほとんどが過去に発生している問題であるため
「故障モード抽出表」を参考にすることによって、対策の漏れを防ぎます。

例えば「錆」という故障モードはだれでも考え付くことができます。
しかし、これから採用しようとする部品が、どのような場合に錆が生じ
その錆がどのような重大な事故につながったのか?経験したことがなければ

故障モード→「錆」→原因→「高温・高湿環境で発生」→影響→「部品の腐食」

というように一般論で片付けられてしまう恐れがあります。
しかし、ある部品は以下のような事故が発生します。

故障モード→「錆」→原因→「沿岸地域で使用」→影響→「腐食によるガス漏れ」

この例の様に、部品の使用環境、使われ方によって大きな事故につながる恐れ
があります。設計時にはその部品の市場での使われ方を想定し、採用する必要が
あります。そのヒントを与えてくれるのが「故障モード抽出表」なのです。


故障モード一覧表と故障モード抽出表の詳しい作成方法はセミナーで説明します。
 ★実例で習得するFMEA/設計ミス防止対策セミナー