形骸化しないルール(しくみ)の作り方と運用方法とは?

形骸化しないルール(しくみ)の作り方と運用方法とは?

まず、現場のルールにはどんな種類があるでしょうか?
・作業指示書などの現場で管理する作業標準類、記録類
・業務全体を規定する業務マニュアル、業務フロー
・ISOなどで規定する工場の共通ルール
・上司の指示、暗黙のきまり、慣習など

現場で守らなければならない対象と考えられるルールは作業指示書や業務
マニュアルなどが該当すると思います。
しかしよく考えてみると、普段仕事をするうえで優先しているルールは?
と問われると、実は、社長の意向であったり、上司の指示であったり、
また暗黙の決まりであったりすることが多いと思います。

つまり、明文化されたルールよりも、明文化されない暗黙のルールの方
がより強制力を持っており、それに従って仕事をしていると思われます。

では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
結局、明文化されているルールは、100%完璧にできているわけではあり
ませんし、時間が立つにつれて陳腐化していきます。
実際の業務内容と、どんどんギャップが広がっていきます。

また「こうすべき」と、トップダウンで一方的に与えられたルールは、
納得できないと感じた場合、守られることはありませんね。

では、形骸化しないルールを定着させるにはどうすれば良いでしょうか?
 詳しくは

  ★ルールのピラミッドとは(ルールはこのように組立てられている)
  ★生産性を高める暗黙のルールって何だろう?
  ★報連相のルールを作る:ルール作り3つのポイント!

 ★無料メールマガジン 2019年12月20日配信
  会員登録にて毎週配信

 <お申し込みフォームは>

 ★会員登録をお願いします。
  <お申し込みフォームは>