故障モードとは何か?思い付きで列挙しても潜在不良流出は防げない

故障モードとは何か?思い付きで列挙しても潜在不良流出は防げない

評価テストや検査では見つけることができない潜在不良を顕在化させるためには
設計時点で、想定される故障・事故発生までの一連の流れの中で、「故障モード」
を出発点とした「ボトムアップ設計」を行う必要があります。

一般に、故障モードをすべて列挙し、FMEA解析することと解説されますが、ただ
列挙しただけではFMEAを正しく実施することはできません。

故障・事故発生を予測するには、そこに至るまでのプロセスを解明する必要が
あります。 

「ほこりや湿気が溜まる」→「火花放電を繰り返す」→「徐々に炭化する」→
「電気が流れる」→「発火する」というプロセスを経て、火災事故に発展します。
故障モードとは.jpg
このメカニズム、流れが重要となります。故障モードだけを列挙しても、故障や
事故の発生までの流れは、想像できません。

トラッキング(導通)現象を故障モードと捉えるか、故障と捉えるかを議論する
のではなく、使用条件、環境条件から事故発生に至る一連の流れ、発生シーンを
捉えてFMEAを実施する必要があります。

単独で「端子の短絡」という故障モードをリストアップしても、発生メカニズム
と事故の予測を行うことは困難な作業となります。  

では、どのように設計を進め、FMEAを実施したらいいでしょうか?

 ★FMEAの正しい実施手順は

 ★FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
  設計FMEA/工程FMEAにおける潜在不良流出防止
   詳しい内容、お申し込みは 

 ★メルマガ・バックナンバー

 ★会員登録はこちらから