中小製造業の生き残り戦略における組織強化と人材育成シリーズ


1.中小製造業の組織力強化下請け体質脱出
中小製造業は、自社の強みをどこに見出すのか?特に独自技術を育て上げて
いく長期的な戦略が必要になってきます。
ほとんどの受注生産企業は、発注元企業から発注を受けて生産を開始します。
しかし、加工賃のみでは付加価値が低く抑えられるため、受注量の拡大、
付加価値の大きい製品の受注獲得を狙って営業活動を行わなければならなり
ません。


2.中小製造業の人材育成
中小企業にとって人材は貴重な経営資源の一つです。
しかし、せっかくの人材も有効に活用しているとは必ずしも言えない状況が
あります。
忙しい日常の中で、中長期的な観点で人材を育成していくことは困難が伴い
ます。人材育成を継続的に行っていくためには、PDCAの回る人材育成の
しくみを社内に構築する必要があるのですが、これも、実効性の伴うしくみ
となると、かなり労力を使うことになります。