モグラたたき対策から脱出できない6つの要因と対策とは? 

モグラたたき対策から脱出できない6つの要因と対策とは?   

企業に伺った際、対策書を見せて頂きますが、正しく是正処置が行われている例は
ほとんど皆無に等しい状況です。それはなぜでしょうか?それには共通点が見えて
来ます。

まず、再発防止策の手順を上記フローによりしっかり頭に入れておく必要があります。
 ①不適合の事実関係と因果関係を明らかにする
 ②品質管理の不備の原因を特定し、修正処置を行う
 ③再発防止策として実施管理、追加修正、確認と承認を行う

以上を踏まえて再発防止ができない6つの要因と対策を挙げてみます。
モグラたたき.jpg


モグラたたき対策から脱出できない6つの要因とは
 要因1:不適合の事実関係が不明、あるいは良く調べない
 要因2:因果関係が不明、またはよく調べない
 要因3:対策が(暫定)処置で終わっている
 要因4:対策が実施されても、守られていない
 要因5:対策そのものが、不備、または欠陥がある
 要因6:再発防止が確実に打たれたかどうか確認していない

では、それぞれの要因に対する6つの対策とはどのような内容でしょうか?

 ★詳しくは
 ★モグラたたきからの脱出&再発防止対策講座