製造業が「受託製造(サービス)業」に変身する3つのポイント!

「下請け製造業」から「受託製造(サービス)業」に変身する3つのポイント!

下請け製造業、下請け業者という言葉から受けるイメージは決していいものでは
ありませんね。儲からない、人が集まらない、親企業からのコストダウン圧力
など、など。

しかし、発想を変えて「下請け」という立場を生かし、独自の生き方を模索する
という、前向きな考え方をしてみると、これは意外といけるのでは?ということも
言えると思います。

下請け企業は、言い方を変えると「受託製造業」でありまた、「受託サービス業」
としての役割も担っています。つまり、顧客要求仕様に沿って、QCDを満足した
製品を提供していく役割を担っています。

そう考えると、どうしたら「受託製造(サービス)業」としての機能を高めるか?に
注力していくことになります。

スマートファクトリー化を目指し、IT投資や自動化機器への投資の機運が高まって
いますが、私は、そのことには、いささか疑問を抱いており、その前に優先すべき
重要なポイントがあると考えています。

では、「下請け業者」から、真の意味で「受託製造(サービス)業」に変わるための
ポイントは何でしょうか?それは以下に示す3点です。
 ポイント1:全員で、自社の特徴って何?を考える
 ポイント2:機械に投資?それとも人に投資する?
 ポイント3:儲けるための仕掛け?に投資する

詳しくは

★下請け体質から脱却(記事一覧)

 ★メルマガ・バックナンバー
 ★会員登録はこちらから