現場改革を阻む暗黙のルールとは?“脱”下請け・中小製造業復活7つの改革:Amazonから発売

現場改革を阻む暗黙のルールとは?“脱”下請け・中小製造業復活7つの改革
中小製造業に焦点を当てて、課題を克服するための改革案を提言!


(内容の一部を紹介します)

受注加工生産型中小企業にとって、今後飛躍を遂げるためには、まず
乗り越えなければならない壁が存在します。それは「下請け的体質」です。

今までの仕事のやり方が頭から抜けず、知らず知らずのうちに暗黙の
ルールとして「下請け的」な考え方、行動が身についてしまっている
のです。いくらIOTの導入や、ロボットを導入しても、企業として
の根本が変わらなければ効果はなく、スマートファクトリーは夢の
また夢の世界となってしまいます。

よく、企業を訪問すると応接室や社長室に「顧客第一主義」という掲示
が目に入ってきます。
しかし社員は「お客様第一主義」をどのように理解して仕事に生かそう
としているでしょうか?また経営者は「お客様第一主義」をどのように
理解し、経営に生かそうとしているでしょうか?

スローガンを掲げるのはいいのですが、では実際どのような行動に結び
つけて行くのか具体的に示している企業はごくわずかです。そして、
お客様から言われたモノを言われた通りにつくるのを仕事としている
企業の多くが赤字経営に陥っています。


51WNPkbeW-L._SX338_BO1,204,203,200_.jpg

中小製造業復活の鍵は「脱」下請け体質。半世紀にわたって製造業に携わった
経験から、中小製造業にとって重要な7つの改革を提案!
現場改革を阻害している暗黙のルールとは何か?スマートファクトリー化は
中小製造業の救世主か?中小製造業こそ熟練技能を磨け!


【目次紹介】
第一章 モブログラ叩きき化したんカイゼンン活動かなら脱皮せいよ
第二章 現場改革を阻む暗い黙のルールとかは
第三章 トルコファクトリーは中小製造業の救世主となるか?
第四章 下請け体質から脱し成長するか?