今、受注加工生産工場にとって必要なのは「リアルタイムIOT」だ!中小製造業のスマートファクトリー化

小ロット受注生産製造業の課題は何か?
機械の稼働率を高めることでも、在庫を削減することでもない。

小ロット受注生産工場では、急な受注や設計変更に対応できること
そして、生産納期を守ることに徹しなけらばならない。

その納期を守るために最も重要な要素は、以下の2つです。
 ・きちんと生産計画をたてる
 ・リアルタイムに実績を収集
することです。

1.株式会社 S精工の事例
S精工は創業以来、精密加工技術を強みとして、お客様の要望に一品一様
に応え、精密金型開発や精密成形に取り組んでいます。

しかし、工場の課題として、以下の項目が指摘されていた。
 ①生産実績情報がすぐに見つからない
  帳票類が、紙、PCのフォルダに保管されており、必要な帳票を探すのに
  1時間以上掛かっている

 ②工程計画の調整に手間を要する
  計画担当者は現場の現在の状況が分からないため、加工現場に出向い
  たり、営業担当者に頻繁に状況の確認が必要となり、正確な情報を
  得るまでに時間が掛かる

そこで、この課題を解決するため、ある受注生産に適合した生産管理シス
テムを導入した。

  ★MonoRevo

導入後の主な効果として以下の3つが上げられる
 ①必要な情報が全て蓄積されるようになり管理ナンバーによって「過去
  の外注先」や「製造に必要な時間」「価格」など、すぐに情報を見つけ
  出すことができるようになった

 ②特急品を受けたら、画面を見て、工程を動かして無理なく調整できる
  現場や営業担当者への質問も減り、お互いにストレスなくコミュニケ
  ーションが取れるようになった

 ③工場の生産キャパが増加し、内製化比率の向上に繋り、限界利益率が
  74%も増加した

img_277.jpg


2.リアルタイムIOTがめざすもの
IoT×生産管理システム導入に当たって、三つの「見える化」がポイント
になります。
 ①工場の「見える化」……工場設備、生産実績を「見える化」すること
 ②管理の「見える化」……受注・計画・進捗・遅れをリアルタイムで
             「見える化」すること
 ③経営の「見える化」……意思決定、管理会計を「見える化」すること
             新たな受注につなげること

究極の目的は、見える化により受注増につなげ、利益を獲得することです

3.IOTの課題
IOTによる機械の稼働監視システムは普及しつつあるが、複雑な行動を伴う
人の動作、行動をリアルタイムで把握、見える化するシステムは、普及が
進んでいない。

a0186_08.jpg

作業者の加工開始/完了などの単純入力作業の場合でも、その必要性を
理解してもらう必要があり、実現が困難なケースが多い。
 ・リアルタイムに現場の進捗を把握するためには現場の協力と作業者の
  意識付けが必要
 ・タブレットなどの端末をどの工程に設置し誰が操作するか? 
など、現場の協力が欠かせない。

「きちんと生産計画を立てる/リアルタイムで実績を収集する」

小ロット受注生産製造業では、最低限この基本機能が実現可能なシステムを
導入することが求められるが、このことを理解なしに、生産管理システム
を導入しても、単なる伝票発行機と化してしまうことは間違いない。

ZOOMオンライン・レベルアップ・セミナー
現場リーダー研修.jpg セミナー.jpg トラブル流出ゼロ.jpg

製造業の未来に向けたメッセージ

★製造業改革 三つの柱
一つ目:人材育成
二つ目:技術力(品質)向上
三つ目:下請け体質からの脱却(顧客開拓のしくみ)


日本のものづくりは、人に受け継がれてきた熟練技能と、全員一丸となって困難に立ち向う、力の結集力より優れた製品が生み出され世界的に高い評価を受けてきました。

 しかし、これだけでは、これからの時代に中小が生き残っていくことは困難になって来ました。市場の厳しい品質要求に応えていくこと、また多様なニーズをとらえて機敏に対応していくことが求められますが、売り上げの伸び悩み、人材難熟練技能者のリタイヤなど、経営資源の不足する中小企業では今までのやり方では対応が困難となっています。

 中小企業にとって今求められるのは、このような時代の要求に応えられる若手人材を育成することです。必要なのは、自ら課題を設定してそれを解決していける「自立型人材」です。また、デジタル革命が進む中、IOT・AIなどの知見を持つ技術人材の育成も急務です。

 IOTの時代が到来し、ルーチン業務は機械への置き換えが加速するといわれています。機械により生産性向上を図ってその分人は付加価値業務へシフトし、新たな製品や新市場の開拓を行い、利益を確保していかなければなりません。デジタル化社会の今こそ、中小企業は、顧客視点のきめ細かいアナログ対応力が求められています。

 経営層は、これらの時代の変化を捉えて、従来からの下請け体質を打破し、果敢に事業変革にチャレンジしていかなければ明るい未来は開けません。

・自立型人材の育成
・差別化固有技術の深耕
・顧客対応組織の新設

など、中小企業の持つソフトな経営資源(人、技術、組織)と、アナログ対応力(顧客の期待に沿う)に磨きを掛け、これらを武器に新たな事業の可能性を追求し、利益を得ていくことこそ日本の中小製造業に課せられた使命と考えます。

   高崎ものづくり技術研究所
   代表 濱田金男