No.16 PDF版 製造工程におけるバラツキの管理と統計解析手法;品質向上のカギを握る品質改善テクニック

製造工程におけるバラツキの管理と統計解析手法;品質向上の
カギを握る品質改善テクニック
表紙.jpg

PDF電子データ版:税込1500円
 下段のお申し込みフォームのNo.16をご指定ください。
 お求めはクレジットカード(海外可)または銀行振り込みで! 
 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから

統計的品質管理(SQC)は、統計学の専門家ではなく、現場で働く作業者でも
解析できるように、なるべく簡単な手法(QC手法など)を用いて問題を分析
することを目的としている。

例えば、QC七つ道具は、現象を数値的・定量的に分析するための技法で、
可視化することで、誰でもすぐに問題点を理解でき、説明は容易にできる。
そしてSQCは、技術的に高度な問題に対して、検定と推定、相関分析・
回帰分析、実験計画法、多変量解析法、タグチメソッド(品質工学)など
がある。

ここでは、製造工程におけるバラツキの管理と統計解析手法を用いた品質
改善手法について詳しく解説する。

目次
Ⅰ.統計的な見方
 1.統計的品質管理
 2.基本統計量でデータの全体像をつかむ
 3.サンプリング
 4.分布のばらつき
Ⅱ.統計解析手法
 1.統計解析とは
 2.検定
 3.分散分析
 4.相関分析
 5.回帰分析
 6.多変量解析
Ⅲ.工場におけるバラツキの管理
 1.製造工程におけるばらつきとは
 2.製造工程におけるバラツキの実際
 3.工程能力、工程能力指数
 4.管理図
Ⅳ.実験計画法
 1.実験計画法とは
 2.直交表(直交配列表)の活用
 3.直交配列実験の実務
 4.直交配列実験を基にした重回帰分析の実務
Ⅴ.統計的分析応用編(コーヒーショップ経営)
 1.移動平均
 2.一回当たりの購買金額
 3.気温と商品売上の相関
 4.2つの商品の売上に差があるのか
 5.複数商品の各売上に差があるのか
 6.曜日と商品に関係性が”あるのか
 7.売上に最も影響を与えている施策は何か


”最新” 現場の第一線で活躍する管理者・監督者の必読書
検査合格品が市場でクレームとなる、客先で不具合が発見されるなど
品質問題に悩まされている工場では、一体何が課題となっているで
しょうか? 時代は変化しています。

厳しい品質要求とともに、多品種少量、短納期生産体制により、従来
型の品質管理手法では流出防止対策が不十分となり、品質問題が流出
します。

そこで本講座では、時代にマッチした新たな品質管理の取り組みに
重点を置き、「上流工程の未然予防手法」をメインに、管理者が取り
組むべき品質管理の基本と再発防止の考え方、実施手順について解説
します。

 (PDF電子データ版:税込1500円)
 お求めはクレジットカードまたは銀行振り込みで!