No.27 中小製造業のDX 2つの方向性と事業再構築事例(DVD);情報技術の活用による新たなビジネス創出

中小製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)
 2つの方向性と事業再構築事例(DVD)


スライドショー+講師音声解説で、社内講習会用として最適!!
6,000円(消費税、送料込み)

 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから

DX成功事例は、大手企業における取組事例、中小であっても取り組みやすい事例
の紹介はなされていますが、小ロット・多品種受注生産を行っている製造業の事例
は少ないのが現状です。

機械の自動運転や監視などによる生産性向上は取り組みやすい事例といえます。
しかし、小ロット・多品種の受注品を、主に熟練技能者が生産に当たる工場のDX化
はどのように進めていけば良いのか?例えば、ロボットの導入によって、生産性は
向上するのか費用対効果は得られるのか?成功事例は少ないと考えられます。

本解説では、小ロット・多品種受注生産工場のDXの方向性を示し、どのように売り
上げ、利益を生み出す事業を生み出すのか?その方法と手順について考えてみます。

中小製造業のDX.jpg

目次
1.多品種少量製品製造、部品加工メーカーの特徴
2.多品種少量生産工場のDX化の課題
3.受注生産型中小製造業「変革」の方向性

 事例1:射出成形ラインに協働ロボット導入検討と課題
 事例2:システム開発事業進出計画と課題
 事例3:製造業の自社製品オリジナル商品開発、製造販売計画と課題

 上記取り組みが挫折した理由と、今後の課題について考る

4.経済産業省DXSelection 2022選定企業とその傾向分析

 事例1株式会社Y金蔵製作所(最優秀)
 事例2株式会社N電機製作所
 事例3株式会社R社
 事例4株式会社M社
 事例5株式会社H製作所

 選定された11社のDX取り組み成功事例の分析からわかること

各取り組み内容は、デジタル化、IT化によって、自社のコア技術、サービス
を軸に、より高度化するとともに、新たな顧客獲得を目指すことに留まらず
実績を重ねたシステムを外販するという事例まで上げられています。
分析からわかることは、ごく普通の中小企業であっても、このようなDX化
の取り組みは可能ということが分かります。

そして、その取り組みを可能にしているのは、中小ならではのきめ細かい
アナログ的な対応をベースに、DX化「経営の変革」によってより効果的に
顧客へのアプローチを行っていると考えられます。
ぜひ経営者の皆さんは、この事例をよく研究し、自社に展開してみては
如何でしょうか?

<hr>