2018年06月24日

キーワード解説:町工場でもできる品質管理

【キーワード】
 ★町工場の品質の悩み【 ★町工場の品質教育【
 ★町工場の品質管理手法【】【】【


キーワード解説:町工場でもできる品質管理

国産初のジェット旅客機MRJの初飛行の日、その精密部品を作り上げた名古屋
のある中小企業。何度も失敗を繰り返しながら、複雑な形状で、寸法精度を
要求される部品を見事作り上げたことをテレビで紹介されており、女性社長
が初飛行を見ながら涙ぐんでいる姿が映し出されていました。

このように、日本のものづくり技術は確かに世界に誇れる素晴らしいもので
あることは間違いありません。
でも一方で、自動車リコールの多発、データねつ造問題など大企業を中心と
する不祥事が相次いで明るみになっています。この両極端な現象を一体どう
捉えたらいいのでしょうか?



町工場の品質の悩みを解決するには:ある工場の事例・対策の進め方

以下のような質問を頂きました。
町工場で必要なことは、良い風土をみんなの力で築き上げていくことです。

 こちら、**の板金工場です。
 中小企業にありがちな、現場現物主義で品質管理のしくみが人材を含めて
 とても貧弱です。このところ、不具合を頻発してしまっております。
 人の入れ替わりが激しくリピート品でも品質管理がうまくいかずまた
 以前決めたルール等も伝承されていません。 
 決めたことをどう守りどう守らせるかのポイントがありましたらご教授
 いただきたくお願い申し上げます。


 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

回答

 人の入れ替わりが激しいと言うことはパートさんが多いのでしょうか?
 また、何人ぐらいで平均年齢はお幾つぐらいでしょうか?不具合は、人的ミス
 の繰り返しですね。一応、数十人規模、平均50代ぐらい、機械と手作業による
 板金加工という想定で幾つかの案を提案致します。

 以下に対策のステップを示します。
0709.jpg
1.コミュニケーション
 ①朝礼
 4,5人のグループごとに、前日の結果、今日の予定、注意事項などを短時間
 でもいいので毎日続ける

 ②不良発生時のミーティング
 現場に関係者を集め、現場・現物を見ながら再発防止策を考える。熟練工は
 自分のやり方が一番いいと思っています。一人で判断し行動するので周りと
 の連携がうまく取れない場合が多いです。

 人数が多いと、本音の話ができない建前の朝礼になってしまうので、人数は
 少ない方が良い。部長は後で、どんな話題が出たか?ヒヤリングする。 
 一日のうちで一度は発言し、意思表示することと。他人の言うことを聞く
 チャンスを作る

2.ヒヤリハットの発見、申告
 ミスしそうになった、ミスをしてしまい修正したなど不良の前兆が日常の
 作業の中に隠れています。それを放置すると、いずれ不良となって現れます。
 そこで、前兆を見逃さず、改善につなげます。
 ①5S改善:整理整頓、製品置き場、不良品置き場、機械の清掃・注油点検を
 毎日徹底

 ②職場巡回:ミスの起きそうな作業、やり難そうにしている作業を管理監督層
 の現場巡回で見つける(気づき、洞察力などスキルが必要)

 ③ヒヤリハットの申告:特に新人は朝礼で、作業のやり難さ、曖昧なところ
 を申告させる

3.教育訓練
 比較的若手の中堅、リーダークラスを徹底的に教育し、責任を持たせる。
 結果が良ければ昇給させる。教育の内容は
 ①新人教育(OJT)
 ②不良の対策
 ③治具の考案などミスを減らすための改善を自発的に行う

4.検査
 不良流出を抑えるため、重要製品、新しい製品は外観、寸法を検査員の目で
 確認する。検査員は訓練してプロとして育てる(選別作業工程としての検査は
 行わない)

5.ルールづくり
 中小企業では、文書による規定類を作ることは大きな負担であり、例え作成
 しても誰も見ないものになってしまいます。簡単で見やすいフローを作って
 現場に掲示する、スローガン的な短い言葉のルールを掲示するなどの工夫を
 します。
  例:「それは、ルール(図面)通りか?今一度見直そう!」
    「ヒヤリ30件が、不良流出1件につながる」

 つまり、町工場では、職場の中に「良い風土」が生まれるように色々と工夫
 をしながら、みんなで力を合わせてミスをなくしていく事が必要ではないかと
 考えます。



品質管理活動は教育に始まって、教育に終わる!町工場でできる品質管理(4)高崎ものづくり技術研究所

町工場というと、社長、つまりその家の「親父」自身が職人であり、同時に
すべての工程を仕切り、すべての窓口となり、すべての決定権をもち、生産
から品質管理まで唯一の判断基準となるという、社長がいなければ何ひとつ
回っていかない会社・・・

IMG_2357.JPG

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
   ・詳細内容・スケジュール(東京・群馬で毎月開催)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・品質不良ゼロ対策 7つのステップ
   ・工場長の体系的組織改革・業務改革マニュアル
   ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル 
   ・受注加工生産工場のトヨタ式生産管理マニュアル
 ★無料サービス
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座
   ・無料ネット相談

しかし、これほど極端ではないにしても、こうした昔ながらのワンマンな
あり方の企業はとても多いのです。

「人」「組織」「しくみ」は、品質管理活動の基本ですが、社員数が圧倒的に
少ない町工場では、必然的に「人」のウエートが大きくなります。
以外にも、町工場こそ、一人一人の品質管理活動が求められるのです。

では、品質管理活動とはいったい何でしょうか?
■ 製品・サービスを生み出すのは「人」である
 クレーム・不具合ゼロ達成の絶対的なキーポイントは「人」の感性を高めること。
 品質管理活動の良し悪しは一人一人の業務処理能力や意識・感性によります。
 品質やお客さまに関する「これはおかしい」と感ずる感性や、細部への、こだ
 わり、完ぺきを期す意識が何より重要。

■ しくみは、人的能力を補う役割
 品質管理活動のしくみ(例;Iso9000)は業務遂行のための基本ルール。
 しかし、仕事の主役である「人」がルール通り運用し、問題や異常があれば
 摘出し、対策処置を講じなければ効果は上がらない。

■ 品質管理活動は教育に始まって、教育に終わる

 自らが、仕事を通じて学び、仕事の中から気付くこと。
 目の前の仕事から学ぶことが実際的で、身につくものであり、応用が利く
 ものである。

■ 仕事を通じた機会から学ぶ(学習する組織)
 自らの仕事:失敗や成功経験、創意工夫、改善活動、チーム活動、リーダ経験
 人の仕事ぶり:上司、先輩、同僚、後輩、お客様、取引関係
 事実・現実:目の前に起こっている事実、現実、問題
 専門家:書籍、後援会、研究会、個人指導
 社員が学ぶ気風を組織として作る

■ 小集団活動の限界

 小集団活動は、上記の考え方からはかけ離れてしまい、誤った品質管理活動と
 なっている。発表会直前の集中活動、リーダーのみに負荷が掛かる、発表テク
 ニックを競う活動。
 企業の発展、体質改善に主眼を置いた活動は何れマンネリ化に陥る。
 自主的な取り組みは、取り組みテーマも選定に困難を来して来る。
 改善活動(効果期待)よりも、教育、人づくりの活動に主眼を移すべきである。

■ 方針管理(トップダウン)、小集団活動(ボトムアップ)のあり方
 いくら、方針を掲げ、テーマを設定しても「人」の品質管理活動が不十分では
 うまくいかない。方針管理(トップダウン)のPDCAを回すには、ボトムアップ活動
 とうまく噛み合わせる必要がある。
 そのための仕掛けが必要である。

  効果の出る正しい改善活動、QCサークル活動の進め方
  ★個人商店経営から脱皮!会社を仕組みで動かす!


町工場でできる品質管理(3)(製造業の工場品質改善対策・事例の解説)

日本にはまだまだ元気な町工場が活躍しています。
3人や5人またはせいぜい10人規模の工場で品質管理は必要でしょうか?
もし必要なら、一体どんな管理が必要になるでしょうか?

25017000009.jpg

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
   ・詳細内容・スケジュール(東京・群馬で毎月開催)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・品質不良ゼロ対策 7つのステップ
   ・工場長の体系的組織改革・業務改革マニュアル
   ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル 
   ・受注加工生産工場のトヨタ式生産管理マニュアル
 ★無料サービス
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座
   ・無料ネット相談

町工場でモノを作っているからには、おそらく図面通りの加工はできて
価格、納期も納入先の要求を満足しているものと思います。それぞれの
持ち場で、社員一人一人が役割を分担して、自然的に出来上がった、チーム
ワークによって仕事が進んでいるのだと想像できます。

そこには暗黙のルールが出来ており、何か問題が発生すると協力しあって
解決に当たる、そのような危機管理もちゃんと出来ているのだと思います。

それはもう、品質管理という意識はなくても、日常業務管理、問題発生時の
処理手順が出来上がっているのです。

PDCAサイクルを回すマネジメントの中で、DCAサイクルのしくみは
すでにできているのです。
あとはP(プラン)を立て、目標を定めて仕事をすること。これができれば
一連の品質管理の活動の形が出来上がることになります。

大手の会社から受注を獲得する、あるいは自ら営業活動を行い、顧客を獲得
するには、最低限の管理体制が整っていることが、企業としての信頼を得る
ことに繋がります。

さあ、そこで最低限の管理体制とはどのようなものでしょうか?
次回以降、一緒に考えてみましょう!

品質管理とは? 町工場でできる品質管理(1)(製造業の工場品質改善対策・事例の解説)

製品の品質を維持・向上させていくことは、お客様の満足につながり、企業
の成長に欠かせないことです。品質管理の重要性・必要性は、社長であれ
社員であれ十分認識していることでしょう。

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
   ・詳細内容・スケジュール(東京・群馬で毎月開催)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・品質不良ゼロ対策 7つのステップ
   ・工場長の体系的組織改革・業務改革マニュアル
   ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル 
   ・受注加工生産工場のトヨタ式生産管理マニュアル
 ★無料サービス
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座
   ・無料ネット相談

でも、製造部門第一線では何をやればよいか?多数ある品質管理手法の中から
現場で知っておくべき基本的な管理・改善手法は何か?については分からない
という会社も多いのです。

DSCF0119.JPG

このシリーズでは、不良の兆候察知と未然防止、不良の低減・撲滅、品質
事故の拡大防止、再発防止のために職場でなにをどのように行って行けば
いいか具体的に説明して行きたいとおもいます。
では、最初に品質管理とは何かから始めましょう。

1.品質管理とは?
管理とは、まずその会社の社長が将来、会社をどうしたいのか?
つまり、会社の方向を決める、経営計画/方針を打ち出すかと思います。
これを方針管理といい、会社の目指すべき方向性やビジョンといった内容を
社員全員に浸透させることから始まります。

次にこの方針に基づいて、その目的を達成するべく、各部門/現場レベルに落と
し込んで、日常管理を行います。これを方針展開と言います。
各部門はP(Plan)D(Do)C(Check)A(Action)のサイクルで目標を
達成する活動を行います。

そして、日常生産活動を行うに当たっても、工程設計(P)、実際の作業(D)
良し悪しを確認(C)するために検査を行い、不具合が発見されたら、QC
7つ道具や統計的品質管理手法といったデータ分析を行い、原因を特定し
改善対策を講じます。
この一連の動きが品質管理活動ということになります。

品質管理とは? 町工場でできる品質管理(2)(製造業の工場品質改善対策・事例の解説)

国産初のジェット旅客機MRJの初飛行の日、その精密部品を作り上げた名古屋
のある中小企業。何度も失敗を繰り返しながら、複雑な形状で、寸法精度を
要求される部品を見事作り上げたことをテレビで紹介されており、女性社長
が初飛行を見ながら涙ぐんでいる姿が映し出されていました。

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
   ・詳細内容・スケジュール(東京・群馬で毎月開催)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・品質不良ゼロ対策 7つのステップ
   ・工場長の体系的組織改革・業務改革マニュアル
   ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル 
   ・受注加工生産工場のトヨタ式生産管理マニュアル
 ★無料サービス
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座
   ・無料ネット相談

このように、日本のものづくり技術は確かに世界に誇れる素晴らしいもので
あることは間違いありません。
7つのステップ1.jpg

でも一方で、自動車リコールの多発、データねつ造問題など大企業を中心と
する不祥事が相次いで明るみになっています。この両極端な現象を一体どう
捉えたらいいのでしょうか?

確かに、日本人は一人一人を見れば、技能レベルも高く、仕事に対して真面目
に取り組むことでは、世界中でもまれな民族であることは間違いありません。

ただ、「和を以て貴しとなす」というのは、日本人はとにかくカドを立てない
で仲良くするのが一番大切といった意味で、例えば農作業を毎年共同で滞り
なく行うには適した考えであるが、グローバル化した近代工業においては
必ずしも、環境変化に対応できない面が生じていることも否定できません。

yjimage[2].jpg

こう考えると、日本の企業は、ある程度の規模で、個人個人の技能が生かせる
環境で世界と勝負する、ここに焦点を絞り差別化を図って行くことが最も有望な
生き方ではないかと思えるのです。
006[1].jpg
欧米は、強力なトップが企業を率いて、特徴ある製品、サービスを提供し、
短期間でその成果を得ることを得意とする。

日本は職人技で一品生産、欧米は標準化で工業生産、それに習ったアジアの
新興国も同様に欧米流の生産体系を強いている中、日本の中小企業の特徴ある
生き方は、これからも世界に通用していくものと確信しています。

そのためには、鍛冶屋的な職人気質を残しつつ、世界の市場に進出を果たす
経営手法、管理手法を学んでいくことも重要と思います。

7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG