2018年06月30日

キーワード解説:標準化とISO9000

【キーワード】
 ★報連相のルールを作る【 ★業務システム構築方法【
 ★業務マニュアルの作り方【 ★業務管理のしくみを作る【
 ★ルールはノウハウの結晶【 ★ISO9000を正しく取得する方法【
 ★現場品質向上【 ★経営品質向上【


標準化とISO9000

成長過程にある中小企業の落とし穴が、業務の仕組みの未熟さによる非効率
そしてミスの多発です。
これは、各組織や社員の業務範囲が不明確だったり、指示命令系統、情報ル
ートが曖昧なために、経営者と社員のベクトルが合わず、連携がうまく取れ
ないために起こるのです。

社長は社員が少数の時は、全員に目が届き、適時、直接指示を与えたり、情報
収集できたものが、業務の拡大に伴って社員も増え、一人ではコントロールが
困難になってきます。

そこで、会社の業務システム(仕組み・ルール)が必要になってきます。
社長はこの仕組みをうまく使って、間接的に組織を効率よく動かすマネジメント
力が必要なのです。

ISO9000の品質システムは、このような企業のニーズに沿って構築されなければ
なりません。どこかのシステムをコピーして構築したシステムは、業務の実態と
合わずに、品質向上どころか、余計な負担となって維持管理が困難となります。

posted by k_hamada at 23:59| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする

報連相のルールを作る:製造業の標準化・マニュアル化事例

報連相は知っていても、それをいざ実行するとなると難しい場合があります。
お互いに忙しい、報告する場がない、報告してもなにもリアクションがない
など、報連相がうまく機能するための環境が整っていないという事実も指摘
されます。

 ★中小企業の経営品質を高めるステップ
 ★工場長・品質管理部長のスキルアップセミナー
 ★無料サービス

誰でも怒られるのは嫌です。しかし会社ではちょっとしたミスや嘘、隠し事など
から大きな問題へと発展し、結果的に莫大な損失をする大事件になる可能性は
いつだって充分に潜んでいます。

仕事をスムーズに進め、成功へと導くためには、報告、連絡、相談(報連相)が
重要です。とは言っても、それぞれ忙しい中で、ついつい報連相がおろそか
になりがちです。それを防止するために、報連相運用ルールを作って運用する
ことも有効な手段です。

1.報告とは
営業の結果や、作業の進捗状況などを伝えることです。
上司や先輩、職場のメンバーなどと情報を共有することにより、状況を把握する
ことができるため、仕事がスムーズに運びます。また必要であれば、アドバイス
も得られます。

報告のコツは、何事も早めに報告をすることです。
アクシデントが起きてから連絡するのではなく、何か起こりそうだと感じたらすぐ
に報告を入れること。万が一本当にトラブルに発展しても、その後の対処が早く
なり、被害が大きくなることを防ぐことができます。だからと言って、不安になる
度に報告していたのでは、上司を苛立たせるだけですから、状況を良く見極める
ことも必要です。

タイミングと内容が肝心ですが、これは経験からくる勘を働かせるのが一般的で
どうしても遅れがちになります。

2.連絡とは
連絡とは、作業上の変更点、改善点、今後の予定、注意事項などについての情報を
共有しあうことです。
連絡を受け、関係各所へさらに連絡が必要な場合もありますので、「これくらいは
連絡するほどのことではないな」と勝手に判断せず、「***になりましたが、
問題ないでしょうか?」などと周囲に確認を取りながら行なうようにします。

3.相談とは
何かトラブルが起きたときや、次の指示を仰ぐとき、また何か不安に感じたこと
があった場合に行ないます。
事件が大きくならないうちに、「どうすればよいでしょうか」と、正直に報告
連絡そして相談することが大切です。

しかし、内容が簡単であるならちょっとした合間にでも相談できますが、状態が
複雑で、正確に説明するには時間がかかる場合もあります。そんな時は、上司や
先輩に時間を取ってもらうことも必要になります。

相談をする前に、自分で対策を練れるならば、あらかじめ対処法などを考えて
おきます。勝手な判断をして、相談もせずに行動しないよう気をつけ、必ず周囲
からの意見を聞き、自分の考えが間違ってないか、問題ないかを確認してから
行動するようにします。

4.報連相運用ルールの作り方
(1)社内で必要な報告事項、連絡事項をリストアップする。
 ・作業完了報告
 ・変更連絡
 ・異常連絡
 ・品質報告
 ・生産計画、日程計画

(2)何を、誰が、いつ、どこで報告(連絡)するかを明確にする。
 ・全体集会
 ・会議
 ・ミーティング
 ・朝礼
 ・文書配布
 ・e-mail
 ・その他

(3)運用フォーマット
 ・5W1H報告シート
 ・ヒヤリハット報告メモ
 ・会議・ミーティング議事録
 ・指示・連絡文書
 ・出張報告書
 ・点検記録、作業記録
 ・品質対策書 

報連相は、業務を行っているどのタイミングでも発生するのでその都度行うが
相談しやすくするために部署内ミーティングの機会を定期的に設けて、上司や
同僚に相談できる時間を設けるようにすることが必要です。

報連相は仕事の流れをスムースにすることから、部門内、部門間、工程・プロセス間の
潤滑油としての役割を担っています。

posted by k_hamada at 22:35| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする

「業務システム」構築方法:製造業の標準化・マニュアル化事例

成長過程にある中小企業の落とし穴が、業務の仕組みの未熟さによる非効率
そしてミスの多発です。

 ★中小企業の経営品質を高めるステップ

  ★工場長・品質管理部長のスキルアップセミナー
  ★無料サービス

これは、各組織や社員の業務範囲が不明確だったり、指示命令系統、情報ル
ートが曖昧なために、経営者と社員のベクトルが合わず、連携がうまく取れない
ために起こるのです。

社長は社員が少数の時は、全員に目が届き、適時、直接指示を与えたり、情報
収集できたものが、業務の拡大に伴って社員も増え、一人ではコントロールが
困難になってきます。

そこで、会社の業務システム(仕組み・ルール)が必要になってきます。
社長はこの仕組みをうまく使って、間接的に組織を効率よく動かすマネジメント
力が必要なのです。

仕組みは、目に見える形の「業務マニュアル」「業務フロー」に落とし込み、ま
た「生産管理システム」など、コンピュータシステムを構築して維持・管理され
なければなりません。

今回は、理論だけでなく実践に即した業務マニュアルの意義、体系、具体的な作
成方法、注意点について解説します。

1.業務マニュアル作成意義
(1)目的
  業務マニュアルを作成する目的はなんでしょうか?
物事を始める場合は、必ず目的を明確にしなければなりません。

企業によって、様々な課題があり、それを一つ一つクリヤしていかなければなり
ません。ある会社では、新分野に進出したいが人材がいないとか、納期や品質問
題でいつも悩まされているとか、社長自身が忙しすぎて、社員一人ひとりのこと
には手が回らないとか・・・

つまるところ、社長自身が日ごろの雑用に忙殺されずに、次に打つ手を落ち着い
て考えたい、日常の業務は、阿吽の呼吸で通じ合うスタッフに任せたいと思って
いるのではないでしょうか?

今でも、社長は何も指示や判断をいちいちしなくとも、物事はある程度進んでい
きます。たとえ、一週間不在でも何となく業務は処理され、進んでいく。

でも、日ごろ思っている様々な課題は解決されずに残っている。これを速く何と
かしなければ?

これが、社長の本音ではないでしょうか?

このことに対する有力な解決策が社内業務システムの構築(仕組みづくり)なの
です。従って、仕組み作りの一番の目的は、社長が頭に描いていることが、いち
いち、一つ一つ指示を出さなくても、仕組みを運用することによって実現してい
くこと。

この目的に向かって、話を進めて行くことにします。

(2)業務マニュアルのメリット・デメリット
社内業務システム(仕組み)の目に見える形となったものが業務マニュアルです。
コンピュータのプログラム化された、ERPシステムのような総合パッケージも仕
組みと捉えられますが、プログラム化するに当たっては、人間がその仕組みを決
めなければなりません。

業務マニュアルを作成するに当たって、メリット・デメリットを良く理解してお
くことが必要です。何事も良い面があれば悪い面もあると言うのが世の中の法則
なので、欠点ばかりを強調してもいけません。かといって、絶対100%完ぺき
ということもありません。

メリットとしては
 ・もちろん、社長がいちいち指示や、判断をしなくても業務が進んでいくこと
 ・昨日入社した新入社員でも、ある程度間違えずに作業が出来ること
 ・品質や納期が安定すること
 ・マニュアルがあることで皆が統一された行動、作業が出来ること

そして、一番のメリットは「管理技術力が向上すること」なのです。
逆に管理技術が向上するように、業務マニュアルに仕組んでおくことが重要な作業
となります。

つまり、業務マニュアルは作って終わりではなくて、それを運用することによっ
て組織の能力が高まること、ノウハウが蓄積され「賢いシステム」に成長すること
を期待しているのです。(詳細は後述)

デメリットとしては
 ・マニュアルに頼りすぎて、何も考えない、工夫できない社員が出来上がること
 ・マニュアルがないと出来ませんと言う社員が出来上がること
 ・不測の事態が生じた場合に対応出来ない者があらわれること
 ・余りの細かく決めすぎて、それを守れなくなること
 ・業務の実態と離れて行ってしまうこと

業務マニュアル作成の目的が曖昧であったり、十分に社長の想いが反映されていない
場合は、デメリットがより顕著に表れてきます。
あらかじめ、メリットがより大きく、デメリットの影響をより小さくなるように工夫
することが大切な作業になります。 

2.業務マニュアル作成の準備
業務マニュアルの体系をどう作成するか?一番の悩みどころです。
ここで頭に浮かぶのが、ISO9000の品質マネジメントシステムですね。
このシステムの体系は、非常に参考になるのですが、間違っても外部コンサルタン
トの言われるがままに作成してはいけません。

業務マニュアルの作成は、ISO9000の認証取得が目的ではありません。
目的の項を思い出してほしいのですが、あくまでも「社長が頭に描いていることが
いちいち一つ一つ指示を出さなくても、仕組みを運用することによって実現して
いくこと」です。

外部コンサルタントに助言を求める時も、「社長の想い」の通り、マネジメント
システムを動かす「業務マニュアル」でなければならない事を明確に伝えること
が最も重要になります。

ISOの要求事項に適合するしないの細かい技術的な内容はコンサルタントに任せ
社長はどのような管理システムにしたいか?どうしたら想いが実現できるか?の
構想を十分練ってから、システムの構築に取り掛かるべきです。

社長が頭に思い描いていること(理念、方針・目標)をトップダウンで示し、そ
の内容を具体的にシステムに取り入れます。
例えば
 ・優秀な人材の確保と育成(新人、管理層、技術者、後継者など)
 ・組織を活性化したい
 ・組織の役割を明確にし、責任権限を委譲したい
 ・日常の問題解決力をもっと高めたい
 ・業務の効率化を図り、原価を低減したい
 ・品質問題を解決したい
 ・技術ノウハウの蓄積と、後継者へ継承したい
 ・差別化技術をもっと磨きたい
 ・販路を新たに開拓したい
 ・新分野へ進出したい
 ・新商品を開発したい

まあ、いろいろと出てきます。
それだけ、課題を抱えていることになりますが、この内容を社長一人に力で何とか
しようと思ってもどうにもなりません。
だから、仕組みでこの課題を解決できるように持っていくしかないのです。

3.業務マニュアル作成(システム化)の手順
(1)業務の実態を調査し見える化する
課題を解決するには、まず現状がどうなっているか?社長の「想い」と現状とのギャ
ップはどれくらいなのか?現状に対して何が不足しているのか?一つ一つ明らかにし
ていかなければなりません。

それには、まず業務全体の流れが見えるフローを作成します。
基本的に企業活動は、各組織(プロセス)が連携してつながり、INPUTに付加価値を
加えてOUTPUTする活動と捉えられます。
 ・各業務において、何がINPUTされ、何がOUTPUTされるのか?
 ・プロセスにおいて、どんな付加価値が加えられるのか?
 ・プロセスの構成は何か?

これを一つ一つ明らかにします。例えば製造工場では
 ・INPUT:指定された材料
 ・OUTPUT:図面通り加工された部品
 ・PROCESS:材料の受入検査、加工、測定、梱包・・・
 ・PROCESSを構成するもの:測定器、加工機械・・・

また日常の改善活動では
 ・INPUT:納期遅れ・不良発生情報など
 ・OUTPUT:システムの改良案(業務マニュアル改訂)
 ・PROCESS:不良情報ルート、品質会議、対策案検討
 ・PROCESSを構成するもの:品質会議、生産会議、業務改善プロジェクト

この作業を一つ一つ洗い出し、現状の業務の内容を「見える化」していきます。
この業務の流れを見える化する手段として「業務フロー」を作成していきます。
この作業を業務の棚卸しと言い、各部門の主なメンバーが定期的に集まって、
一つ一つ業務を明確にしていきます。

(2)会社全体としての業務体系づくり
一つ一つの業務の洗い出しが終わったら、大きな模造紙のような紙に各業務を
並べ、関連する業務を線で結び付けます。
ある業務のOUTPUTは次の業務のINPUTになり、また次の業務につながっていく
というような具合です。

そうすると、会社全体の業務(事業)は、何と何がINPUTされて、何と何が
OUTPUTされているのかが見えてきます。

これが、会社の「業務システム図」なのです。
これは、あくまでも現状の業務システムであって、社長の想いとはかけ離れ
た機能しか果たさない、いわば欠陥システムであるかもしれません。

でも、それに落胆するする必要はさらさらありません。
社長の想いと現実とのギャップがどれくらいあるのかが明確になればあとは
ギャップを埋めるべく、弱いところを補強していけばいいわけですから、あま
り悩む必要はありません。

(3)ルールが不明確な業務の洗い出し
業務の棚卸を進めて行く中で、業務の手順や、どこの部署で責任を持って
実施するのかが曖昧な業務が出てきます。

特に、品質や価格、納期、そして安全にかかわる問題が起こる可能性がある
業務については、最優先で決める必要があります。いろいろある中で、何が
重要で、優先的にやらなければならないかを、重点思考で実施していきます。

4.業務マニュアルの具体的作成方法
ここからいよいよ具体的に、業務マニュアル体系および、各業務マニュアル
を作成する作業に入ります。
 ●業務マニュアル体系図
 ●マニュアルの種類と役割
 ●フォーマットの統一
 ●人材、組織力を強化するための仕掛けを埋め込む
 ●維持管理(発行、改版、配付)管理方法
 ●電子マニュアルの管理方法
 ●事例紹介

5.業務マニュアルの上手な運用方法
 ●意識づけ、教育
 ●マニュアルは作成して終わりではない
 ●マニュアル見直しの方法
 ●最終目的は、企業のノウハウの蓄積

posted by k_hamada at 22:30| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする

業務マニュアルの作り方:製造業の標準化・マニュアル化事例

マニュアルは、明確な作成目的のもとに作成し、運用することが大切です。
業務マニュアル作成の第一の目的は、「会社や職場の目的・目標達成のため」
です。
業務マニュアルを使って作業・業務や改善を行ない、会社や職場の目標を達成
することにあります。

 ★中小企業の経営品質を高めるステップ
 ★工場長・品質管理部長のスキルアップセミナー
 ★無料サービス

したがって、業務マニュアルを作成するときには、マニュアルを使って仕事を
するときの目標(目標項目と達成水準)を設定して進め無ければなりません。
目標を明確にしないで作成したマニュアルを使って仕事をしても、成果の達成が
おぼつかなくなります。

マニュアル作成のステップは概略以下の通りです。
(1)業務を洗い出す
業務マニュアルを整備するためには、どんな業務が行なわれているかがわからない
状況では作成はできません。そこで、まず実際、メンバーが行っている業務の調査
行ない見える形にします。

業務調査のやり方には、各担当者に担当している業務を書き出してもらう方法と、
業務マニュアル作成担当者がヒアリングを実施する方法が考えられます。

(2)業務マニュアル化する業務を抽出する
業務調査を行い、業務一覧表にでまとめておきます。
その中でトラブルやミスが頻発している業務であるとか、作業効率が悪い業務など
から優先的にマニュアル化を行います。

(3)業務マニュアルを体系化する
抽出し、優先度付けされた業務一覧表をもとに、マニュアル化すべき業務を抽出し
これを体系的に整理します。業務マニュアルの全体像を把握しやすくします。
フロー図や系統図、あるいはマトリクス図などにまとめると分かり易く漏れが
無くなります。

マニュアルの様式について一定のフォームを作成しておき、このフォームのなかで
レイアウトを行います。誰もが使いやすいマニュアルは、
 ①業務の全体像がわかること
 ②業務の目的がわかること
 ③何をこなせばよいのかがわかりやすい
 ④チェックリストで業務の確認ができる
 ⑤誰にでもわかる言葉で書かれていること
 ⑥トラブルの起こりやすい部分がわかりやすい
などが網羅されたものです。

(4)記載内容の検討
マニュアルは一般的に、以下の項目を記載します
 ①目的
 ②適用範囲
 ③用語の解説
 ④関連規格
 ⑤内容
  ・Plan(計画、目標)
  ・DO(5W1H、責任部門、実施時期)
  ・Check(実施結果の記録、評価)
  ・Action(改善、次回計画への反映)

(5)教育・導入・定着化
完成したマニュアルは、印刷または電子化して共通ファイルに入れて閲覧が容易
にできるようにします。そして、導入に先立って関係部門に教育を実施します。
業務を行う上で、疑問が生じたら、すぐにマニュアルを見て、マニュアル通りに
業務を行うようにし、定着を図ります。

(6)運用・見直し
関係者がマニュアル通りに業務を行うことを徹底することが基本ですが、マニュ
アル通りに作業すると効率が低下したり、品質上のトラブルが発生しやすくなる
ようであれば、マニュアルを変更する必要があります。

このように、業務の効率化、品質向上につながるように、常にマニュアルを見直し
業務内容と一致させておくことが重要な作業となります。

最後に
マニュアルづくりには、相当の労力が必要とされます。
一所懸命に作り上げても、できた時点から内容の陳腐化が始まります。
「今の仕事のやり方」がベストであり続けることはありません。
日々改善し続けることで、仕事の質は高まっていきます。
マニュアルもそれと歩調を合わせながら、改定していくことで鮮度を保つことが
できるのです。

今あるマニュアは完成品ではなく、業務に携わる人がより良くしていくために存在
していることを理解すべきです。そして、マニュアルが常に最新の状態を保ち
やすいように工夫し、実行していくことが大切です。

posted by k_hamada at 20:57| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする

業務管理のしくみを作る:製造業の標準化・マニュアル化事例)

社長の思うように動いてくれない社員!
築き上げてきた会社が成長し、業務が増え、人も増え・・・
いちいち指示を出していたんでは仕事が回らなくなって来た!

 ★正しい業務改善の進め方がわかる?
   品質不良ゼロ対策 7つのステップ「目次」

  ★業務改善活動・QCサークル活動を事例で習得するセミナー
    東京・群馬開催スケジュール

  ★無料サービス
    工場長の業務改善計画書作成マニュアル


毎日雑用に追われ忙しい社長!

president.gif

a2735ad0.jpg

1人1人の社員の行動が把握できなくなって来た。

そんな悩みを抱えている社長さん!

解決する方法はたった一つ。

自分の右腕のようにコントロールできる、管理システムを

作ることです。


yjimage23P00ZUW.jpg

①組織

②仕組み(業務フロー・マニュアル)

③人材


これらを、社長の想いをこめて作り、育て上げる事です。

管理システム = マネジメントシステム ≠ ISO9000

間違っても、ISO9000のシステムは作らないでください。

このシステムは、決して社長の想い通りに動きません。

右腕のようにコントロールできる、管理システムを作るには?

とにかくネックになっている部分から一つ一つ確実に対策していかなければなりません。
特効薬はどこを探してもありません!!

posted by k_hamada at 04:00| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする

ルールは組織のノウハウの結晶製造業の標準化・マニュアル化事例

中小製造業の業務改革シリーズ3
組織における決め事、ルールというのは、その組織のノウハウの結晶であるはずです。
過去に様々な問題や失敗を体験してきた結果、こういう時はこうしよう、これは決し
てしてはならないといったことが「ルール」として伝承されてきているはずです。

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
   ・詳細内容・スケジュール(東京・群馬で毎月開催)
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
   ・品質不良ゼロ対策 7つのステップ
   ・工場長の業務改革プロジェクト活動マニュル
   ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュアル 
   ・多品種少量生産工場のトヨタ式生産管理マニュアル
 ★無料サービス
   ・不良流出ゼロ達成3つのステップ 無料メール講座
   ・無料ネット相談

ところがルールの精度も上がらず、本来ルールとして受け継がれるべき大切な情報も
失われて、ろくでもないルールが残ってしまっている組織は、今後の成長は望めない
でしょう。

成長し続ける組織・チームを実現するために組織のルールは、以下の点を考慮して制
定し、定期的に見直しされるべきです。
1.経営計画書
 顧客視点の経営理念を掲げ、経営トップの意思が下位層の作業員まで伝わ
る仕組みを作ること。
経営計画書の内容は、企業のそもそもの存立意義、顧客に対して、どのような製品
サービスを提供していくのかを示す「経営理念」、それに向かっていつまでに、何を
どの様に具体的に進めて行くかを「経営方針」「経営目標」として具体化し全社員へ
明示し徹底させます。

2.業務計画書
 経営目標は、部署別に、その役割に応じて分担され、達成すべき目標値を定め
これを実現する方策を講じる。この活動内容を半年、ないしは1年の業務計画書に
まとめ、それに従ってP,D,C,Aサイクルを回す

3.日常業務管理
部署ごとの業務の内容、責任範囲を明確にして業務フロー・業務マニュアルを
作成する。
その中で日常管理しなければならない「管理項目」と「手順」「管理点」を、4M
に分類し、だれが、いつ、どのように管理するのかを決める。
また、成果を示す特性値(QCDの指標)の達成目標を定め、その達成度を常に
監視し、達成できなかった場合の原因究明と対策案の立案を行う。
このような日常業務の基本的活動を行うための仕事の基本ルールを定め、一人一人
がこれを守ることが大切であることを周知徹底させること。
そのためには
 ・組織を決め役割、権限を明確にすること(組織図、業務役割分担表)
 ・組織間の横断的情報交換の仕組みを作ること(会議体、情報フォーマット等)
 ・組織の活動指標を見える化し管理する仕組みを作ること(管理グラフ、月報等)
 ・基本ルールの見直しを定期的に行う仕組みを作ること(少なくとも一年周期)
 ・必要な人材の育成、登用、信賞必罰の仕組みを作ること

個人商店的経営の場合は、上記の内容はすべて社長の頭の中にあり、また社員の
一人一人のそれぞれ違った考えがあるが、組織の小さいうちは社長の指示のもとで
日常業務が処理されています。

ところが、これでは永遠に個人商店から脱皮することは難しく、組織力も強化
されない事が理解できると思います。

毎日の業務をどのように組織的に行うか?そしてその成果をどのような尺度で
図り、問題があればどのように改善していくのか?まず、基本を定め、それを
ベースに活動していく必要があると思います。

基本ルールは、企業の成長に伴いレベルアップし、最も効率的に、安価で品質の
良い製品やサービスを生み出すよう最適化されます。
そこには、企業独自のノウハウが結晶となって積み重なっていきます。

posted by k_hamada at 03:59| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする

ISOを正しく取得する方法:製造業の標準化・マニュアル化事例

ISO9000の小規模企業での無駄のない取得方法について解説します。

日本もグローバル化の中で、1990年代にISO取得ブームが巻き起こりました。
あれから、25年以上たって、どうでしょうか?取得した企業は口をそろえて
「役に立たない」「維持費用が高すぎる」と、否定的な意見が多く聞かれますね。

■ 建設業界のISO事情
下のグラフを見てください。
2006年をピークに取得件数は減少傾向が続いています。
スライド1.JPG
引用:日本における認証の実態(公益財団法人日本適合性認定協会)

主な原因は、建設業界の取得が大幅に減少しているからです。
建設業者がこのように当初ISO9001取得に向かったのは、公共工事の入札の問題
があり、入札への影響を懸念する建設業者が一斉にISO取得に乗り出したのが、
建設業者の認証が急増した理由です。

受審業者の中には小さな会社が多く含まれており、社員が数10人程度の会社が
次々とISO9001の認証を受けています。小さな会社が無理をしてISOを取り、
メリットを出せず、経営を圧迫している点も大きな問題です。

建設業は、公共工事を巡って行政に対し、大量の書類を作成し提出しています。
このような会社がISO9001に取り組むと、近隣の業者から品質マニュアルや
規定類を集めてきて、あっという間に同じものを作ります。

しかし、ISO9001は仕事に合わせて書類を作るのが重要で、書類を先に作ってしま
うと動けなくなります。自慢の機動力がアダになって、他社の丸写しの動かないシ
ステムを作ってしまうのです。

■ ISO取得企業がなぜ不祥事を起こすのか?
次に下の図を見てください。
ルールで決められたことを忠実に守り、守られているかどうかを監視する機能の
確立、社員に対するルール順守の認識が高められているなら、このような問題は
市場に出ないはずです。

下表のような問題は、ISOの認証を受けたマネジメントシステムのもとで発生し
ており、一体何のためにマネジメントシステムを構築し、そしてまた、第三者機
関は何のために定期審査を実施しているのでしょうか?

スライド2.JPG
引用:日本における認証の実態(公益財団法人日本適合性認定協会)

これらを見ると、ISOの取得は決して、消費者にとって、信頼に値するものでな
い事が証明されたことになります。

では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
先ほどの入札に参加する目的だけの建設業界のように、各企業は単にライセンスを
が目的だけで取得しているのでしょうか?

いや、経営者は、「品質が向上するから」「マネジメントシステムが整備される
から」など、会社を良くしようとして、お金を掛けてでも取得しようと考えたに
違いありません。

では、なぜ当初の目的を達成できなかったのか?また当初の目的を達成するため
には、どのような手順で、システムを構築し、どのようにそのシステムの維持管
理を行っていけばいいでしょうか?

以下、実際にある小規模企業で実施した例を示します。

1.トップの考える会社の将来像(5年後、10年後のビジョン)を明確にする
2.経営の基本となるトップの理念・行動指針を明確にする
3.会社の将来像を見据えて、必要な業務や工程を明確にし、業務フローを作成する
  (例:市場開発部、多品種小ロット対応製造ライン、アフターサービス部など)
4.組織図を作成する(各組織の役割、権限を明確にする)
5.必要な人材像を明確にする(どんな技能や職務経験を持った人材が何人必要か)
6.1年間(年度)の方針、目標を決める(経営計画書作成)
7.方針、目標にそって、各組織の年度の目標と達成計画を立てる(業務計画書作成)
8.業務計画実行の進捗度と、目標達成度を毎月レビューする
9.必要な人材を育成するための教育計画を作成し、業務計画に加える
10.以上1~9をルール化(規定化)する(ISO9000の品質マニュアルに相当)

上記を見て、従来持っていた一般のISO9000の構築手順とはずいぶん違うイメージ
を持ったと思います。
1~10までの手順は、経営の根幹を成す活動です。これがしっかりと実行できて
ルール化がされることが大前提です。これができていないまま、ISO9000を取得し
ても、全く意味がありません。


経営者としての要求事項を実現させるためのマネジメント・システムのはずですから
まずトップの考えを優先させるべきです。ISO9000の要求事項はその後に当て
はめればいいのです。

ISO認定機関は、あなたの会社の経営の事は全く考えてくれません。
iso9000の要求事項さえ規格が満足していれば認定証をくれます。
しかも実行は伴っていなくてもいいのです。
(記録類がでっち上げでもとがめられることはありません)
これが、嘘がはびこる原因となっているのです。

認証取得するには、ISO認証機関、ISO専門のコンサル会社に依頼する前に
このことをしっかり考えなければならないのです。

posted by k_hamada at 00:59| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする

現場品質向上のISOのあり方2:製造業の標準化・マニュアル化事例

ISO9000を取得し、運用しても製品品質が向上しない、本当に役にたって
いるか怪しい、全体的に“やらされ感”が蔓延しているというような考えを
持っている人は多いと思います。
また、ISO9001:2015に切り替わると、その傾向がもっと強くなるのでは
ないかと危惧されます。

徐々に現場の「品質管理活動」が衰退していく原因の一つに、この品質管理
の”やらされ感”があると考えられます。

品質管理の基本.jpg

9001:2008 の構成は以下のようなもので、製造業を強く意識させます。
 6.3 インフラストラクチャー
 6.4 作業環境
 7 製品実現
 7.1 製品実現の計画
 7.2 顧客関連のプロセス
 7.3 設計・開発
 7.4 購買
 7.5 製造及びサービス提供
 7.6 監視機器及び測定機器の管理
 8 測定,分析及び改善

私は、ISO9001:2015によって、製造現場から離れ、より経営品質に近づいた
ISO 9000:2015の品質管理とバランスを取るため、製造業に於いては、
ISO 9001:2008 の考えを一部取り入れて「現場品質向上のしくみ」を残す
べきと考えます。

製造プロセスを規定するのはQC工程図、業務マニュアルなどとそれを守るしくみ
です。まずこれをしっかり固める事が必要です。
問題が発生したら、物事を三現主義で捉え、因果関係の究明と、しくみの不備を
直していく2段階の対策を行っていくことで、トラブルを未然に防止する現場の
プロセスを作り上げ、理想に近づけて行きます。

この事は現場の責任で独自に進めなければならないのです。(ボトムアップ活動)
何かトラブルが起こりそうな場合、その予兆を計りトラブルが起こらないよう
にするシステムの構築

まさに、この事が、求めている「品質管理活動」そのものです。


posted by k_hamada at 00:58| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする

経営品質向上のISOと現場品質向上のISO:製造業の標準化・マニュアル化事例

ISO9001:2015版品質管理の意味について考えてみます。
ISO9001:2015の要求事項は製造現場の品質管理から、経営の品質管理に
シフトしてきた事が強く感じられます。
しかし、製品やサービスの品質は現場の日常管理のサイクルがうまく回って
初めて達成されるものであり、これは、経営とは別に現場レベルのしくみが
重要と考えます。

品質.jpg

■ ISO9001:2015版の特徴
ISO9001:2015版の特徴として「経営との結びつき」があげられます。
「事業プロセスに規格要求事項を統合すること」が求められており、組織の
日常業務にマネジメントシステム要求事項を組み込むことにより、通常の
業務を行うこととマネジメントシステムの運用を一体化することを意味して
います。

この事と、「文書の簡素化」の方向性と併せて考えると、品質マニュアルは
「中期経営計画書」「事業計画書」などに置き換えることによって作成不要
になるというものです。

また、「リスク及び機会への取組み」は、事業を継続していく上で、市場や
競合他社、自社の優位技術などを考え併せて取り組めという意味に捉えると
「SWOT分析」などを用いて経営戦略を立案せよ!の意味合いで捉えられます。

■ 1987:ISO9001の特徴
1987年に制定されたISO9001では、生産者が設計・開発、製造、据え付け
および付帯サービス までのすべての業務を実施している場合に適用する
規格で、当時は製造業の製造プロセスそのものの品質(不適合を出さない)
管理を求めていました。

当時のISO9001の要求から見ると、ISO9001:2015の要求事項は製造現場の
品質管理から、経営の品質管理にシフトしてきた事が強く感じられます。

■ トップマネジメントとボトムアップ活動の融合
しかしながら、経営の品質と現場の品質は決して別々のものではありません。
むしろ有機的に結びついていなければ組織全体としての品質向上は望めません。

ISO9000が更に経営品質を求めて行くと同時に、現場レベルの日常業務における
品質管理活動を融合させるしくみが必要になっているのだと思います。
工場長の方針管理.jpg

(続く)

posted by k_hamada at 00:35| ★キーワード解説:標準化とISO9000 | 更新情報をチェックする
7月東京 名古屋2.jpg
セ ミ ナ ー 予 定 表
テーマ(目的日時開催場所
主な項目
 多品種少量生産工場の現場改善力強化による
 付加価値生産性向上と利益率UP
未定
 
・生産活動の目的
・生産性向上・リードタイム短縮
・ムダ取り(直接・間接業務)
 若手・中堅社員の自立化と現場力の発揮
未定
・QCサークル活動
・個人目標管理(MBO)
・業務計画による改善活動
 ヒューマンエラー予防7つの対策
 ヒューマンエラー要因4分類と再発防止策
12月20日
(木)
9:30~12:30

12月20日
(木)
13:30~16:30
東京都北とぴあ
8F 807会議室
JR王子駅北口5分
AM/PM連続受講の場合割引特典あり
・再発防止対策と流出防止策
・是正と予防、水平展開
・顧客信頼の品質対策手法
 顧客から信頼を得る3つの品質対策手法
 ロジカルシンキングに沿った正しいなぜなぜ分析
・ヒューマンエラー要因
・ヒューマンエラー予防策
・IOT活用技術
 小規模チームで効果の上がるFMEA/FTA手法
未定 
・工程FMEA
・信頼性設計とFMEA/FTA
・リスクアセスメント
    好評!解説書シリーズ一覧
  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
スライド1.JPG