2020年05月21日

100年以上続く老舗企業の「底力」「事業継続力」の4つの源泉とは ?

日本は“老舗大国”ともいわれ、創業 200 年を超える企業の数は世界で約5,600社
その中で約3,100社が日本の老舗企業が占めていると言われています。
また創業100年以上となると老舗企業は全国で約3万3,000社に上ると言われて
います。


よく、企業の寿命は30年などといわれますが、そのような短い寿命の中でも幾度
もピンチがやってきます。ましてや200年続いた企業であれば、なおさらのこと
です。そのようなときに、どうやって乗り切ることができたのでしょうか。

クララ外観.jpg

戦後を見ても、ドルショック、オイルショック、バブル崩壊、リーマンショック
そして東日本大震災、2020年は新型コロナウイルスと、10数年に一度は危機に
見舞われ、その都度乗り越えてきたのが老舗企業です。

例え倒産寸前にまで追い込まれても復活を遂げ、事業の継続を成し果たしてきた
危機対応とそれを可能にする「4つの源泉」について考えてみます。

1.企業の個性を生み出す「のれん」
企業が長期間に渡って事業を運営していくためには、他社と異なる個性が必要に
なります。そのためには、何よりも自社のビジネスに対して一貫した考え方や
経営理念を貫くことが大切です。

そして、その理念を社内で共有し行動の基本となる社内風土を形成していくこと
で企業の個性が生まれます。そんな企業らしさ、つまり「のれん」を創ることは
老舗企業を目指す上で欠かせません。

老舗の「のれん」は窮地に陥ったときこそ見えてくる価値なのです。
一般的に目に見える財務諸表上の数字や売上状況の数字などで表せることができる
会社の価値だけでは図れない無形の資産が「のれん」なのです。

老舗企業の強みは何かを聞くと、「信用」(73.8%)「伝統」(52.8%)「知名度」
(50.4%)の回答割合が高いという調査結果があり、長年の事業活動を通じて形成
されたこれらの無形の財産が老舗企業の強みだと認識されているのです。

2.価格競争に巻き込まれない強み
多くの老舗企業に見られる共通点の一つに、価格以外の付加価値で競合企業と勝負
できるという強みが挙げられます。そんな「強み」を創るために必要な要素が以下
の3つの項目です。
 ①中核的な技術・ノウハウ
 ②小さな差別化の積み重ね
 ③顧客との接点・対面

中核的な技術はモノとして現れる場合と、アフターサービス・顧客に対する安心感
や安らぎなどの無形のノウハウなどがあります。顧客と向き合い、その期待に応え
るためにがどうすればいいかを常に追求していくことで「強み」が形成されていく
のです。


3.業種や世代を超えた「地域ネットワーク」の構築
人は一人では生きていけないように、企業も自社だけで事業を継続するのは困難です。
そのため、老舗企業の多くは、業種や世代関係なく地域に交流の場を設けるための
「地域のネットワーク」作りを積極的に行っています。

異なる業種や世代の経営者同士で様々な情報を共有し合うことが、それぞれの企業
の強化に繋がります。このような交流を積み重ねることで、「地域ネットワーク」
が形成され、信頼関係を築くことができます。
決して自社の利益に走ることなく、取引先、顧客、地域という一連の繋がりを尊重し
全体としての繁栄を見据えるからこそ長期に渡って事業の継続を可能にしているの
ではないでしょうか。

4.事業を支える「人材」の育成
「のれん」「強み」「ネットワーク」によってサービスを提供するための土台が形成
されます。しかし、それを生かすも殺すも「人」次第です。中小企業において、限ら
れた人材資源の中で商品・サービスの品質を維持させる「人材育成」が至上命題に
なります。


100 年単位の永きにわたって経営を続けてきた「老舗企業」にとっては、幾たびも
経験してきた「存亡の危機」も、ひとつの通過点に過ぎないのかもしれません。
そのたびに老舗企業の存在は、世界中の注目を集め始めています。これは、活力を
失いかけているわが国が世界に誇るべきことです。


一方で、「危機」に遭遇した企業が淘汰され、消えていく企業も少なくありません。

その多くの企業が現在の事業に安穏と甘んじており、時代の変化に追従できず、変革
を怠っているのです。移り変わりの激しい世の中で、現在の事業が今後も継続可能な
環境にあるかどうかを常にアンテナを張って敏感に変化を捉え、自社の資源をそこに
集中させていかなければ未来は開けません。

長い間事業を営んでいる会社は、含み資産はもちろん、数多くの取引先従業員など、
有形無形の資産を多くを徐々に食いつぶしていくことでかろうじて存続していますが
体力が衰えている中「危機」に直面すると、ついに力尽きてしまうのです。
posted by k_hamada at 08:42| ◇中小製造業の辛口トーク! | 更新情報をチェックする
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

★★★工場の業務改革支援プログラム★★★
★詳しくはこちら

gd06.jpg 2020年4月1日から「時間外労働(残業)の上限規制始まる!
★★★若手中核人材を鍛える工場の業務改革プログラム★★★
Step1:残業が多い原因を分析しよう
Step2:残業削減の具体的な方法を考えよう
Step3:しくみの定着を図ろう

2020年 セミナー開催予定(東京/大阪/名古屋/群馬)
会員割引特典があります。受講料15,000円 → 10,000円(税込み)会員登録は<こちらから
新型コロナウイルス感染防止のため参加者人数を10名以下とし
濃厚接触を避ける対策を実施します。
 FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
 設計FMEA/工程FMEAにおける潜在不良流出防止
 7月予定 大阪市産業創造館 9:30~16:30

 ★2017年に発生した新幹線のぞみの台車亀裂事故の原因は何だったのでしょうか?
  直接の原因は、台車製造メーカーの製造ミスによるものですが、FMEAを
  正しく実施していれば防ぐことが可能だったでしょうか?
   ・安全性設計の考え方が末端の作業者に伝わらなかった
   ・現場監督者が、現場や製品をよく確認しなかった
   ・指示書通りに溶接を行おうとしたがうまくできなかった
  様々な現場の問題が浮かびあがってきますが、設計には全く問題はなかった
  のでしょうか?皆さんと一緒に検証してみたいと思います。
(今後の開催予定)
 ◆2020年8月予定 愛知県産業労働センター
 不良品を流出させない品質対策!
 全数検査による不良流出防止
   ヒューマンエラー再発防止・予防対策
 4月24日(金)名古屋市愛知県産業労働センター1601会議室 9:30~16:30
 6月24日(水)東京北区北とぴあ806会議室

 ★セミナー4つのテーマ
 ①再発防止手順:「なぜなぜ2段階法」による再発防止対策(ルールの見直しと定着)
 ②全数検査の見逃しゼロ対策:周辺視検査法、画像検査機導入手順
 ③ヒューマンエラー予防策:ルール順守とは?異常に気づく、コミュニケーション
 ④IT・AI技術導入:ヘッドマウントディスプレイ(HMD)AI検査機導入ステップなど

 小ロット受注生産工場の
   実践的!生産現場の問題解決手法!
 5月29日(金)群馬県太田市新田文化会館会議室1 9:30~16:30

 1.現場の3悪(リードタイム・在庫・不良)はなぜ放置されているのか?
 2.若手・中堅社員の「プロ人材」としての「現場改善力」を徹底的に鍛える!
 中小製造業の生き残り策はただ一つ!
 固有技術を磨き、ニッチな市場でオンリーワンの地位を確立すること。
 それにはまず、身近な課題を解決する改善力を身に着けることから始める。

  ★お支払いは、Paypalまたはクレジットカード、銀行振り込みで!
  会員入会(無料)で、30%割引特典!
  ★購入お申し込みは <こちら>
  検査合格品が市場でクレームとなる、客先で不具合が発見されるなど、品質問題に
  悩まされている工場では、一体何が課題となっているでしょうか?時代は変化しています。
  これからの品質管理のポイントを徹底的に解説!

   2020 新品質管理の基礎講座.jpg
   目次.jpg