2020年07月07日

高崎ものづくり技術研究所:製造業の品質改善・工場ですぐ使える改善事例の紹介(590記事)



活 動 実 績
セミナー開催実績企業支援実績メディア掲載実績出版実績
With コロナの厳しい時代に突入した現在、現状の延長線上に生き残りの策はありません。
それにはトップからスタッフまでの全員が、下請け体質から脱すること、それは、一気に自社製品開発!
ではなく、現状の取引先に対して一人ひとりの受け身の考え方や行動パターンの変革が求められています。
まず取引先に信頼される技術力・提案力を磨くことが、中小企業にとって最も重要なポイ..
posted by k_hamada at 23:40

2020年06月18日

TOC理論による生産性向上・リードタイム短縮対策トップページ(目次)

キーワード解説:生産性向上・リードタイム短縮対策
生産性とは「単位あたりの付加価値額」を意味します。付加価値額とは
売上金額から外部流出費用を引いた金額で表します。
「労働生産性」は社員一人当たり付加価値額を意味します。従って、単に生産
数量を増やしたり作業時間を短縮したりするのは「生産効率向上」であり
付加価値額が増えなければ「生産性向上」とは言いません。
付加価値額を増やすためには「売上額を増やすこと」と「外注費を減らすこと」
です。いづれにしても、それに見合う社内の生産能..
posted by k_hamada at 23:59

2019年10月15日

トヨタ式現場カイゼンの誤解とは:製造業の現場改善の進め方

工場改革の切り札ともいえる「トヨタ生産方式」の導入上の問題点について
考えて見ます。
その際に気を付けなければならないのは、全体最適の生産性向上を目指す
事です。「シングル段取り」「省人化」など職場単位で実施する場合も多い
と思いますが、これは部分最適となって、工場全体としてみた場合に、生産性
向上にはつながりません。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ..
posted by k_hamada at 23:10

2019年10月07日

コストと品質のトレードオフをどう解決するか?

加工精度などの品質とコストは基本的に、トレードオフの関係にあります。
それらを、いかに高い品質レベルで価格を低くバランスさせるかが、企業の
競争力向上へとつながります。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス
posted by k_hamada at 21:58

2019年10月07日

スループット会計とは(付加価値生産性を高め利益創出)

ここでは、工場の生産性を定量的に表す、スループット、スループット会計
について解説します。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ★無料サービス

1.スループットと..
posted by k_hamada at 20:00

2019年10月07日

受注生産工場の生産管理:利益が出るポイント

近年、ものづくりにおいて多品種少量生産、変種変量生産の傾向がより顕著
に現れてきました。少ない量をより短納期で、しかも安く作らなければなら
ず、日本のものづくり企業はこのような厳しい環境下において、いかに利益
を創出していくかが最大の課題となっています。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
posted by k_hamada at 18:39

2019年10月07日

生産性向上の意味とは?①受注生産企業における労働生産性向上のポイント

近年「生産性」という言葉は、人手不足や長時間労働への課題意識が高まる
中で注目されるようになっています。また安倍内閣が打ち出した「働き方改革」
でも「労働生産性の向上」は急務とされています。
しかし「生産性」「労働生産性」「付加価値生産性」などという言葉の意味
正しく理解されている方はどのくらいいるでしょうか。
また世界の主要国の中で「日本の労働生産性は低い」と言われていますが、
企業の労働生産性と、国際社会として見る労働生産性は少し違う意味である
ことを知っておく必要があります..
posted by k_hamada at 16:56

2019年06月27日

製造品質を良くすることとは=コストを下げる事?(失敗コストと予防・評価コストの関係)

製造品質とコストの関係について考えてみます。
一般に工場では失敗コストと予防・評価コストについてどのように管理すれば
いいでしょうか?



例えば、検査を厳重に実施して、2重に検査する、人出を掛けて全品を検査する
などの方法では、コストはその分上昇します。しかし、検査を省いた結果、不良..
posted by k_hamada at 21:00

2019年04月10日

コストと品質のトレードオフをどう解決するか?

製造品質を良くすること=コストを下げる事?コストと品質のトレードオフ
をどう解決するか?
  http://factorysupport-takasaki.com/article/465651223.html
一般に工場では「製造品質向上」させるためにどのような手段を講じて
いるでしょうか?
例えば、2重に検査する、人出を掛けて全品を検査するなどの方法では
コストはその分上昇します。しかし、検査を省いた結果、不良が流出
するなら、市場での処置、回収作業など、社内コストと比べ膨大なコ..
posted by k_hamada at 00:00

2019年03月10日

協力工場(外注)管理のポイント(購買部門・生産部門の役割)

今まで、KKD(勘と経験と度胸)により、場当たり的に進めてきた外注政策は
見直す必要が生じています。外注化するか、しないかの判断は何を基準に行う
のか、ほとんどの企業で社内基準は明確になっていません。




 ★生産開始前に取引基本契約は必須!
  ★工場長・品質管理部長の品質改善セミナー
  ..
posted by k_hamada at 20:00

2019年01月01日

原価低減対策Q&A:製造業の原価低減対策事例

利益の出る「原価低減ものづくり改革」は、トヨタ生産方式でおなじみの、
ムダを徹底的に省いて、生産性向上、リードタイム短縮により、ものづくり
工場の原価低減、在庫削減により利益を向上させる改革です。
しかしながら、トヨタ生産方式の考え方を理解した上で、自社に適したやり方
を模索しながら改革を進めなければなりません。導入する上で最も基本となる
項目について、Q&Aを作成しました。
Q なぜ、カンバン方式は、うまくいかないのですか?
単に多品種少量生産ではなく、変種変..
posted by k_hamada at 18:32

2019年01月01日

工場の生産性向上(狙いはスループット向上):利益確保対策の進め方その1

近年、中小製造業は受注品の多品種少量生産化傾向の中で、様々な課題が浮き
彫りになっています。長期にわたって継続する安定生産品と断続的な小ロットの
生産品が混在する生産ラインを維持していくには、今までの管理方法が通用しな
くなっています。
以下にその一般的な課題を列挙します。
(1)大量生産品の受注量の減少傾向による売り上げ確保が困難となっている
(2)「多品種少量の製品」が増え、段取り時間の増大など管理工数が増大する
(3)「小ロット購入部品」の単価が割高となり、製造原価が上昇している..
posted by k_hamada at 14:00

2018年05月08日

QCサークル活動を行っても生産性が上がらない訳とは?製造業改善事例

工場の生産性とは何を指すでしょうか?
また生産性を阻害する要因は一体何でしょうか?




  ★工場の日常管理と品質改善活動・事例セミナー
  ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ

そもそも工場の生産活動とは何でしょうか?
製造業は、材料を仕入れその材料を加工して、製品としての付加価値をつ..
posted by k_hamada at 21:48

2018年05月08日

QCサークル活動にまつわる質問(疑問や不満とは):問題丸投げでは解決しない

QCサークル活動(小集団活動)に関する疑問や「やらされ感」に関する不満は
多く寄せられます。
企業のQCサークル活動はどのような位置づけにあると考えればいいでしょうか?




  ★工場の日常管理と品質改善活動・事例セミナー
  ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ

QCサークル活動の疑問..
posted by k_hamada at 21:00

2018年05月01日

4M要素だけで問題解決可能か?(5M、6Mとは)!製造業の品質管理 改善の進め方事例

4Mとは、人(Man)機械(Machine)方法(Method)材料(Material)
のこと、5Mとは、4Mに測定・検査(Measurement)を加えたもので
工場を管理する上で欠かせない要素である。
特に多品種少量受注生産工場では、4Mの変化をとらえて品質管理を進めて
いかなければならない。
ただ、本当に4M要素だけで工場の問題は解決するだろうか?



■ 工場の4M管理はこれがすべて!
posted by k_hamada at 23:30

2018年04月20日

新;製造業の品質改善マニュアルシリーズ:工場の現場の解説書・手引書

製造業品質改善事例・マニュアル&工場の改善・品質向上のためのQCサークル活動を活性化する
製造業クレーム対策・是正処置・水平展開・再発防止・流出防止対策 ヒューマンエラー予防
工場の現場の4M管理・品質検査・多能工教育・DRBFM・未然予防・リスク対策

新;製造業の品質改善マニュアル

 ★会員割引特典があります。通常価格より → 30% Off 
  会員登録は<こちらから 

解説書.jpg
★ご注文は下段フォームより
  お支払いは、銀行口座振り込み、クレジットカード払い、Paypalから選択..
posted by k_hamada at 23:59

2018年04月20日

スマートファクトリー化に向けた生産現場の課題達成型改善活動マニュアル

スマートファクトリー化に向けた
生産現場の課題達成型改善活動マニュアル
製造業生産性を向上させるセ最所についての考え方・手法・事例解説
製造業の品質改善マニュアル
 品質向上のためのQCサークル活動を活性化する
 製造業クレーム対策・是正処置・水平展開・再発防止・流出防止対策 ヒューマンエラー予防
 工場の現場の4M管理・品質検査・多能工教育・DRBFM・未然予防・リスク対策
   (全19シリーズ目次)

 スマートファクトリー化に向けた
 ..
posted by k_hamada at 09:00

2018年04月20日

多品種少量生産工場 生産性向上の攻めどころ

多品種少量生産、個別受注生産工場の利益は、付加価値生産性の向上に
よって得られます。そのためには、まず在庫削減とリードタイムの短縮化
を図ります。ライン化、基準日程、ボトルネック工程管理の3つがポイントです。

   (全19シリーズ目次)

多品種少量生産工場 生産性向上の攻めどころ
 (PDF電子データ版:税込1500円)
 お求めはクレジットカード(海外可)または銀行振り込みで! <お申込みフォーム

手法を使いこなす3つの提案
「な..
posted by k_hamada at 00:00

2017年12月17日

セル生産方式を支える現場作業システム:セル生産ライン構築事例

セル生産は、セルラインというハードウエアと直接作業者によるセル作業 だけでは成り立たちません。セル作業をサポートする仕組み(作業システ ム)があって初めて可能となります。
 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー    ・セミナー・プログラム(東京・群馬)  ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ    ・新製品立上げと協力工場生産委託マニュアル    ・工場長の業務改革プロジェクト活動マニュル    ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用..
posted by k_hamada at 18:38
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   9月:セミナー予定

FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター