2020年05月28日

無料メールマガジン・バックナンバー:製造業業績回復を加速する5つの改革

料メールマガジンのバックナンバータイトル一覧です。

当研究所が考える中小製造業にとって必要な5つの改革とは
何かを明らかにします。
優先順位は、人材育成改革 → 組織改革 そして
設計改革 → 品質改革 → 生産性改革の順です。
人を育てず、組織を改革せずして、モノの品質は良くならず
利益も出ません。

★会員登録にて毎週配信<お申し込みフォームは>
 https://mailform.mface.jp/m/frms/bintian/7dd3n1q4v

1.人材育成改革
posted by k_hamada at 23:59

2019年10月08日

なぜ若手社員は消極的なのか?必要なのは明確なノルマを与えること

組織力強化、つまりチームとしての力を発揮するには、コミュニケーションを
密にして、みんなで知恵を出し合い、物事を解決したり、より良い方法を考え
たりしなければなりません。
しかし、自分から積極的に動こうとしない、積極的にコミュニケーションを
取ろうとしないなど、若手社員を中心に、消極的な社員が多いという実態を
どう考え、解決していけば良いでしょうか?


 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
posted by k_hamada at 00:00

2019年10月08日

組織図作成手順・組織が成り立つための3要素:製造業の事例

中小企業の組織のあり方、組織が成り立つための3要素とは何かについて
考えてみます。
組織の3要素.jpg


 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
posted by k_hamada at 00:00

2019年09月30日

生産性を高める暗黙のルールって何だろう?高崎ものづくり技術研究所

生産性を高めるための暗黙のルールとは一体何でしょうか?
日本の企業は、悪しき「暗黙のルール」をなくし、生産性を向上させる
良き「暗黙のルール」を社内に根付かせていくことが求められているの
ではないでしょうか。




20170706155803.jpg

 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
 ..
posted by k_hamada at 20:00

2019年09月30日

サービス業における品質管理活動とは?

近年は、サービスの多様化が進み、良質のサービスをいかに安くお客様に
提供できるかが問われる時代になりました。
例として、最近では電力供給の自由化が解禁となり、いかに良質の電気を
安く提供できるかが問われています。
その中で、品質管理活動とは、日常業務の中でお客様クレームゼロ、ミス
のない効率の良い仕事を目指すために行う活動のことで、サービス業におい
ては、特に一人一人の業務処理能力や意識・感性が重要となります。

posted by k_hamada at 19:50

2019年09月30日

工場の日常管理の基本7つのチェックポイントとは?

日本の多くの中小製造業は、「多品種少量、受注加工生産型企業」です。
またほとんどの企業は,ISO9000に基づいた品質管理体制が一応整備されている
と考えられます。
しかし、品質管理の考え方は、大量生産時代に欧米から学んだTQMを基本とする
「古典的品質管理」がベースとなっています。
つまり、「モノづくり工程のカイゼン」が主体の品質管理であり、「情報の品質
人・組織の品質管理」はあまり考慮されていません。
そして最も重要な「問題を未然に防止する」ためのしくみが欠落しているのです。

 日..
posted by k_hamada at 06:07

2019年09月30日

報連相を定着させるには?

強い組織作りに欠かせない「報・連・相」について考えて見ましょう。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
posted by k_hamada at 03:38

2019年09月25日

入社2年~3年:若手社員のメインプレーヤー成長に向けた5つの基本とは?

この記事によって、若手社員に対する情報発信として大切なことは何かを考えた
場合、いくつかの項目が上げられると思います。

 ★製造業の人材育成手順
   重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)

毎年4月に入社する新人に対する期待は大きいものがあります。しかし教育のみ
ならず、あらゆる経験を通して期間を掛けて徐々に成長していきます。
併せ..
posted by k_hamada at 22:00

2019年09月25日

職場内教育訓練の実施方法:製造業の人材育成・多能工化の進め方事例

中小や小規模企業にとって、人材教育は大事と頭でわかっていても毎日の業務に
追われ、人手もいない中で、教育訓練などやっているヒマなどない!という現実
があります。
   重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)

中途半端な教育を行っても効果はなく、返って時間のムダになってしまい、
ISO9000で要求されているからと..
posted by k_hamada at 11:06

2019年06月27日

工場のクレーム・不具合の原因と対策

製造業のクレームや工程で不具合が見つかった場合の原因と対策手順に
そって、考え方を整理してみます。





1.現場のルールの原因と共通ルールの原因
現場のルールとは、作業手順書、作業フロー、チェックシートなどを指します。
現場のルールの原因とは、作業手順書の内容が欠落、不明確、あるいは作業者..
posted by k_hamada at 22:59

2019年06月27日

慢性不良の原因究明と対策:ある製造業の部品加工工場の事例

製造業における慢性不良対策の状況を見てみましょう。ある自動車部品加工
メーカーの流出不良に悩む工程の検査員から届いた質問ですが、一検査員と
してどのような行動を取ったら良いか?考えてみましょう。



(質問)
私は、車関係のベアリングシールを作っている会社に勤めています。
製造工程は①ゴムシ..
posted by k_hamada at 00:00

2019年04月10日

暗黙のルールと明文化されたルール、生産性を高めるのはどっち?

生産性を高める暗黙のルールって何だろう?
 http://factorysupport-takasaki.com/article/460494212.html
日本企業は、悪しき「暗黙のルール」を正し、生産性を向上させる、良き
「暗黙のルール」を社内に根付かせていくことが求められています。
ちなみに、組織のルールは以下のように3つに分かれます。
 組織のルール= 工場の規定(ISO) + 作業の標準 + 暗黙のルール
組織内には明文化されたルールのほかに、実はもっと強制力を持..
posted by k_hamada at 07:39

2019年04月10日

形骸化しないルール(しくみ)の作り方と運用方法とは?

形骸化しないルール(しくみ)の作り方と運用方法とは?
 http://factorysupport-takasaki.com/article/472330134.html
まず、現場のルールにはどんな種類があるでしょうか?
・作業指示書などの現場で管理する作業標準類、記録類
・業務全体を規定する業務マニュアル、業務フロー
・ISOなどで規定する工場の共通ルール
・上司の指示、暗黙のきまり、慣習など
現場で守らなければならない対象と考えられるルールは作業指示書や業務
マニュアルなどが該..
posted by k_hamada at 00:00

2019年04月10日

慢性不良の原因究明と対策:ある部品加工工場の事例

慢性不良の原因究明と対策:ある部品加工工場の事例
 http://factorysupport-takasaki.com/article/468214007.html
自動車部品加工メーカーの慢性不良対策の状況を見てみましょう。
流出不良に悩む工程の検査員から届いた質問ですが、一検査員として
どのような行動を取ったら良いか?考えてみましょう。
私は、車関係のベアリングシールを作っている会社に勤めています。
製造工程は①ゴムシールを機械で型抜き→②検査→③加硫→④最終検査です。
私は..
posted by k_hamada at 00:00

2019年04月10日

なぜ報連相(ホウレンソウ)は徹底されないのか?

なぜ報連相(ホウレンソウ)は徹底されないのか?
報連相の運用ルール作り3つのポイント
報連相は知っていても、それをいざ実行するとなると難しい場合があります。
お互いに忙しい、報告する場がない、報告してもなにもリアクションがない
など、報連相がうまく機能するための環境が整っていないという事実も指摘
されます。
誰でも怒られるのは嫌です。しかし会社ではちょっとしたミスや嘘、隠し事
などから大きな問題へと発展し、結果的に莫大な損失をする大事件になる可
能性はいつでも充分に潜んでいます。
..
posted by k_hamada at 00:00

2018年06月30日

標準化とルール・ISO9000の効果的活用方法トップページ(目次)

品質管理の基本となるのは「標準化」で、「ルール」として明文化します。
標準を体系化したものが「しくみ」そして、全社のしくみが品質システム
(ISO9000)です。
【INDEX】 
1.ISO9000とは
2.標準化と..
posted by k_hamada at 23:59

2018年06月30日

報連相のルールを作る:ルール作り3つのポイント!

報連相は知っていても、それをいざ実行するとなると難しい場合があります。
お互いに忙しい、報告する場がない、報告してもなにもリアクションがない
など、報連相がうまく機能するための環境が整っていないという事実も指摘
されます。

 ★中小企業の経営品質を高めるステップ
 ★工場長・品質管理部長のスキルアップセミナー
 ★無料サービス

1.報連相とは
(1)報告とは
営業の..
posted by k_hamada at 22:35

2018年05月20日

支援メニュー:若手・中堅社員の実践的教育:高崎ものづくり技術研究所

多品種少量受注生産工場では、品質・納期確保・生産性向上が最大のテーマです。
そのために、若手人材育成は中小製造業の共通の課題です。
支援フロー.jpg
gd06.jpg
では、第一線の若手・中堅社員の実践教育手順について以下に解説します。
1.品質管理の基本を学ぶ
品質管理は、正しく理解しなければなりません。
しかし、従来の品質管理解説書では、多品種少量受注生産の工場には適応して
いるかというと疑問符府が付きます。
相変わらず、統計、QC七つ道具、QCサークル活動など、大量生産時代の管理の
やり方から、抜け切れていま..
posted by k_hamada at 20:00

2018年05月01日

報連相(ホウレンソウ)とは?!製造業の品質管理 改善の進め方事例

ホウレンソウとは、職場で仕事を円滑に進めるために欠かすことが出来ない
「報告」「連絡」「相談」のことを言う。

 ★品質管理の本当の意味を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ

一つ一つ意味を考えてみよう。
報告:上司からの指示や命令に対して、部下が経過や結果を知らせること。
連絡:上司や部下にかかわらず、情報を関係者に..
posted by k_hamada at 00:00

2018年04月25日

製造業の現場の特徴とヒューマンエラーを誘発する4つの要因とは?製造業の品質改善事例

製造業の現場の特徴とヒューマンエラーを誘発する4つの要因とは?
ヒューマンエラーの対策は、かつては量産ラインの加工・組立作業など
繰り返し作業中のミスが主な対象でした。
そこでは、人の認知、判断、行動に伴うミスに注目し、できるだけミスを
引き起こさないようにする「ポカヨケ」対策が主体となっていました。
つまり、個別の要因ごとに現場の「カイゼン」によって対策されてきました。
しかし、小量の受注で多品種化された工場のヒューマンエラーは、いままで
の「ポカヨケ」対策だけでは対応が難しくな..
posted by k_hamada at 23:56

2018年04月25日

ロジカルシンキングとは?工場の品質管理に適用するには?

ロジカルシンキング(logical thinking)とは、一貫していて筋が通っている
考え方、あるいは説明の仕方のことです。
日本語訳として「論理的思考」と置き換えられ、2000年ごろより、ロジカル
・シンキングのための様々なツールや手法が企業向けに提唱されています。




ところで、日本人は論理的思考が苦手とされています。
なぜでしょうか?
「お互いに何も言わなくても分かり合っている集団」「以心伝心が重要となって..
posted by k_hamada at 23:00

2018年04月25日

うっかりミスとヒューマンエラー・手抜き、近道行為とは

工場のヒューマンエラーは、「うっかり」ミスや、「手抜き」「近道」行為
などにより発生します。
これは、標準書を整備し、いくら教育しても防ぐことはできません。





 ★ヒューマンエラー再発防止・予防対策(事例研究)

posted by k_hamada at 21:35

2018年04月20日

工場長の業務改革・品質改善活動マニュアル

工場のQCDに責任を持つ工場長の業務改革の進め方マニュアルです。
人材育成、品質改善、生産性改善のヒントを満載しました。

   (全19シリーズ目次)

工場長の業務改革・品質改善活動マニュル
 (PDF電子データ版:1500円)
 お求めはクレジットカード(海外可)または銀行振り込みで! <お申込みフォーム

手法を使いこなす3つの提案
「なぜそうするのか?」本質を理解すれば実務にすぐ応用できます。
 ①目的を理解する
 ②手順・フォ..
posted by k_hamada at 00:00
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   9月:セミナー予定

FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター