2020年06月05日

ヒューマンエラー予防対策:人のミスは管理の不備、欠陥により表面化する

人のミスはある確率で発生します。
ミスをできるだけ少なくするためには、作業者の意識向上は大切です。
しかし、多くのミスは管理の不備・欠陥により表面化することを現場の管理
監督者は強く意識すべきです。




氷山モデル.jpg
システムの氷山モデルより、ヒューマンエラー要因を分類すると以下のよう..
posted by k_hamada at 09:42

2020年05月28日

無料メールマガジン・バックナンバー:製造業業績回復を加速する5つの改革

料メールマガジンのバックナンバータイトル一覧です。

当研究所が考える中小製造業にとって必要な5つの改革とは
何かを明らかにします。
優先順位は、人材育成改革 → 組織改革 そして
設計改革 → 品質改革 → 生産性改革の順です。
人を育てず、組織を改革せずして、モノの品質は良くならず
利益も出ません。

★会員登録にて毎週配信<お申し込みフォームは>
 https://mailform.mface.jp/m/frms/bintian/7dd3n1q4v

1.人材育成改革
posted by k_hamada at 23:59

2020年04月30日

DVD版テキスト:工場のヒューマンエラー徹底対策講座(音声解説付きスライド)

多品種少量生産工場で発生するヒューマンエラー対策の決定版!
スライドショー+講師音声解説で、社内講習会用として最適!!
【割引価格】 6,000円(消費税、送料込み)
HE対策DVD講座.jpg

はじめに
ものづくり工程の基本要素は
5M:Man(人)/Machine(設備) /Material(材料)/Method(方法)/Measurement(測定)です。
その中で、人の要素は、環境や、さまざまな変動の影響を受け易く、品質のばらつきの
主要な要因となっています。最近は、多品種少量短納期の生産形態への変化..
posted by k_hamada at 13:33

2020年03月10日

モノよりコトの品質が問われる時代:製造業の品七管理

「わが社は品質を重視している」とほとんどの経営者は答えます。
ただ、品質を強みとしてしてきた日本の製品ですが、そのレベルが低下
していると感じている人も多いと思います。
  1章~5章目次

【現場ですぐ使えるマニュアル】

 ★中小企業の経営品質を高めるステップ
posted by k_hamada at 23:30

2020年03月10日

工場の第一線監督者(現場管理・監督者)から見た企業の実情とは

企業経営者は、現場で中心となって仕事をけん引し、改善活動を積極的に推進
するリーダー像を描いているようですが、リーダークラスの若者は、また違った
観点で仕事や経営層を見ているようです。
  1章~5章目次

【現場ですぐ使えるマニュアル】

1.第 一線監督者に必要な能力の重要度と変化
(1)第 ..
posted by k_hamada at 16:43

2019年11月08日

ルールを守らない・ヒューマンエラーが多いという悩み:製造業の無料ネット相談 Q&A集

Q:私は中小企業で品質管理に携わっています。
作業者として経験は豊富ですが、ルールを守れない人がいます。
不良をごまかしていたり、勝手に工程を変えてしまったり、不良が流出しても
あまり関心がないようです。
長く勤めているので、怠慢な性格となってしまったようです。組織で動くこと
を知らないのかもしれません。
何か良い方法はありませんか?
A:お問い合わせ内容について2つの点についてご検討いただきたいと
 思います。
一つは社員教育、もう一つはマネジメントについてです。
まず社員教育ですが新..
posted by k_hamada at 00:00

2019年09月30日

サービス業における品質管理活動とは?

近年は、サービスの多様化が進み、良質のサービスをいかに安くお客様に
提供できるかが問われる時代になりました。
例として、最近では電力供給の自由化が解禁となり、いかに良質の電気を
安く提供できるかが問われています。
その中で、品質管理活動とは、日常業務の中でお客様クレームゼロ、ミス
のない効率の良い仕事を目指すために行う活動のことで、サービス業におい
ては、特に一人一人の業務処理能力や意識・感性が重要となります。

posted by k_hamada at 19:50

2019年09月30日

PDCA/5W1H マトリクス:製造業の事例

マネジメントサイクル(Plan Do Check Act cycle)とは?
企業活動などにおいてP(計画)D(実施)C(評価)A(改善)の4段階を
1サイクルとして、これを繰り返すことで継続的な業務改善を行う仕組みです。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
  ..
posted by k_hamada at 03:37

2019年09月30日

マネジメント3次元マトリクス法

企業活動などにおいてP(計画)D(実施)C(評価)A(改善)の4段階を
1サイクルとしてこれを繰り返すことで継続的な業務の改善を行う。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
posted by k_hamada at 03:37

2019年09月25日

製造業の人材育成手順:重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)

中小製造業では人材育成まで管理が行き届かない場合が多く見受けられます。
しかし若手~中核人材育成は、企業の継続・発展には欠かせません。
人材育成は、5年後、10年後に企業力に大きな差となって表れます。
第1章 今求められる中核人材(プロ人材)の育成
第2章 新人教育(OJT)の..
posted by k_hamada at 23:59

2019年09月25日

製造業の階層別教育の進め方:人材活用を図り生産性向上を図る

企業活動の原動力となる人材の活用を図り、人手不足に対処していくためには
人材育成・能力開発を通じて、従業員が生み出す付加価値を向上させていくことが
必要となります。
そのためには、各階層別に求める人材像を明確にして、効果的な教育訓練を進め
ていかなければなりません。
   重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)



1..
posted by k_hamada at 23:58

2019年09月25日

製造業の人材育成・重要な「プロ人材」育成

中小製造業では、一般的に人材育成に力を入れておらず先輩が後輩に仕事を
見よう見真似で教えることのみにとどまっています。
しかし、会社の規模もある程度大きくなり、さらに成長を遂げるには人材育成
が重要なポイントとなります。特に中堅社員、優秀な現場のリーダーの存在が
欠かせません。にもかかわらず階層別教育、リーダ教育などの教育制度は殆ど
整っていないのが実情です。
そこで人材をどのように育成していけばいいのか? 進め方、内容について
考えてみます。
   重要な若..
posted by k_hamada at 23:00

2019年09月25日

新人教育(OJT)の正しい進め方手順

新入社員は、入社後の研修、OJTによる現場指導など、教育訓練を実施して
早く即戦力として仕事を任せられるようにしなければなりません。

 ★製造業の人材育成手順
   重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)



しかし、中小企業にとっては教育はなかなかうまくいかない、というのが
実情です。その理由としては
 ①教育計画が建前となっていて、中身が..
posted by k_hamada at 17:28

2019年09月25日

間接業務増大への対応方法

間接業務、直接業務を問わず、生産性向上の方策として「多能工化」が求め
られています。
特に間接業務では、出来る人が業務をすべて抱え込むのではなく、業務を
「見える化」して標準化を図り(標準作業)、誰もが一定の訓練で、その
業務を同じレベルで、できるようにすることが求められます。
   重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)
posted by k_hamada at 13:00

2019年09月25日

職場内教育訓練の実施方法:製造業の人材育成・多能工化の進め方事例

中小や小規模企業にとって、人材教育は大事と頭でわかっていても毎日の業務に
追われ、人手もいない中で、教育訓練などやっているヒマなどない!という現実
があります。
   重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)

中途半端な教育を行っても効果はなく、返って時間のムダになってしまい、
ISO9000で要求されているからと..
posted by k_hamada at 11:06

2019年09月25日

コーチングで部下のやる気を引き出す、ティーチングとの違いは?

いくら品質管理の仕組みを作ったり、教育訓練を行っても、行動出来ない部下
が多い、なかなか業務改善が進まないと悩んでいる管理層の方が多いですね。
部下からやる気を引き出し、本質的に持っている能力を引き出すにはどしたら
良いのか?
   重要な若手~中核人材育成トップページ(目次)

PA250001.JPG
その一つの方法として「コーチング..
posted by k_hamada at 00:00

2019年04月10日

何が不足しているのか?正しい新人教育(OJT)の進め方 !

何が不足しているのか?正しい新人教育(OJT)の進め方 !
 http://factorysupport-takasaki.com/article/436340536.html
新入社員は、入社後の研修、OJTによる現場指導など、教育訓練を実施して
早く即戦力として仕事を任せられるようにしなければなりません。
しかし、中小企業にとっては教育はなかなかうまくいかない、というのが
実情です。その理由としては
 ①教育システムや計画の中身が十分でなく効果が上がらない
 ②現場指導者は、自..
posted by k_hamada at 00:00

2019年04月10日

ヒューマンエラー予防対策:管理監督者が取り組むべき5つのポイント

現場の管理監督者が取り組むべきヒューマンエラー予防対策5つのポイント!
  http://factorysupport-takasaki.com/article/471576935.html
ヒューマンエラー対策は、ミスをした作業者に注意することは大事ですが
現場の管理監督者として、取り組まなければならない5つの重要なポイント
があります。
ヒューマンエラーが発生しやすい職場では、組織の風土や雰囲気、そして
管理監督者の意識の低さの問題があります。重大な事故やトラブルにつな
がるの..
posted by k_hamada at 00:00

2019年04月10日

製造業の生産性向上と階層別教育の進め方

製造業の階層別教育の進め方
 http://factorysupport-takasaki.com/article/463053224.html
中小企業にとって、社員教育に時間とお金をかけるのは大変なことです。
しかし、中小企業は、「お金と手間をかけて社員を教育する」ことで
生産性向上、利益向上を図っていく以外に、生き残る道はないのです。
人材育成は「仕事をすぐに覚えるために」といった目先の目的で行うもの
ではありません。
「会社の将来を見据えて、5年後、10年後にこうなりたいと..
posted by k_hamada at 00:00

2019年02月27日

新製品の垂直立上げ失敗の原因:新製品の生産立上げ手順

垂直立上とは、新製品の売り上げをその発売と同時に急速に増加させて
売り上げの変化が垂直に上昇しているようにマネジメントすることである。
(パナソニック)
新製品製造のポイントはトラブルなく生産の直立ち上げができるか?新製品たちあげ.jpg

当研究所は、新製品生産立上げの実務支援と、品質事前作り込み対策
協力工場委託生産支援などの一連の業務を請け負いまたは支援を行います。
  お気軽にお問い合わせください。 <こちらから

◆企業の生産技術の衰退と、中小企業に求められるもの
海外生産があたり前になる中で、生産技..
posted by k_hamada at 05:00

2019年02月05日

検査はなぜ必要か?製造業の事例解説・改善の進め方

今、検査には何が求められているでしょうか?
検査とは、辞書を引くと、「基準に照らして、適・不適や、異状・不正の有無
などを調べること。ある基準をもとに、異状の有無、適不適などを調べること」
などとなっています。
また、JIS Z8101-2によると、「検査とは、品物またはサービスの一つ以上の
特性値に対して,測定,試験,検定,ゲージ合わせなどを行って,規定要求事項
と比較して,適合しているかどうかを判定する活動」と定義されています。

posted by k_hamada at 22:00

2019年02月05日

検査の目的と種類:製造業のクレーム対策事例

検査の目的は、不良品を絶対に社外に流出させないことです。
もう一つの目的として、工程の5Mの管理項目(人、機械、材料、手順、測定)
がそのルール通り、守られているかどうかを確認することです。
多品種少量生産の工場では、人が主体となって判断し、作業を行うため、ルール
に沿った正しい作業が行われていることを確認することがより重要となっています。




 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
posted by k_hamada at 13:39

2018年07月02日

熟練技能の継承手順、訓練の進め方:製造業の人材育成・多能工化の進め方事例

中小企業では、定年退職になる職人が多く、新人にその技能を引き継ぐのですが
引き継ぎ完了したはずが、思い通りの製品が出来ずに、不良も多発しているので
どうしたらいいか悩んでいる企業も多いと思います。
IMG_2357.JPG

  ★セミナー情報
  ★無料サービス

原因を追究すると、..
posted by k_hamada at 16:00

2018年07月02日

工場の熟練技能の教育方法:製造業の人材育成・多能工化の進め方事例

Q.部品製造業です。定年退職になる職人が多く、新人に引き継ぎを実施させ
 引き継ぎは完了したのですが、思い通りの製品が出来ずに不良も多発している
 状況です。
 原因を追究すると、先人から引き継いだマニュアルを守っていない様子で、
 感覚や思い込みでやってしまう傾向にあり、そう思っていたとか、そうだと
 思ったとかに行きつきます。
 先人はそんなことは無かったのですが、新人に切り替わったことで、この
 ような問題が多発しています。
 新人には、品質安定化のために、製品毎に作業手順マニュア..
posted by k_hamada at 12:00

2018年06月24日

決めたことを守らせるには?ある工場の事例・5つの対策の進め方

工場の現場で必要なことは、良い風土をみんなの力で徹底して築き上げていくことです。
何を徹底したらよいのか? 以下にいくつかの事例を挙げてみたいと思います。



 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ
posted by k_hamada at 12:00

2018年05月20日

支援メニュー:若手・中堅社員の実践的教育:高崎ものづくり技術研究所

多品種少量受注生産工場では、品質・納期確保・生産性向上が最大のテーマです。
そのために、若手人材育成は中小製造業の共通の課題です。
支援フロー.jpg
gd06.jpg
では、第一線の若手・中堅社員の実践教育手順について以下に解説します。
1.品質管理の基本を学ぶ
品質管理は、正しく理解しなければなりません。
しかし、従来の品質管理解説書では、多品種少量受注生産の工場には適応して
いるかというと疑問符府が付きます。
相変わらず、統計、QC七つ道具、QCサークル活動など、大量生産時代の管理の
やり方から、抜け切れていま..
posted by k_hamada at 20:00

2018年05月20日

無料:品質改善 書式フォーム・テンプレート・雛形

製造業の現場ですぐ使える品質改善ツール・テンプレート(雛形)



無料:書式フォーマット・マニュアル一覧

4M管理
 ◆4M変更管理フォーマット集(客先提出用含む).xlsx
 ◆4M変更管理マニュル.pdf

クレーム対策書
 ◆Newクレーム対策書(書式 記入例).xlsx
 ◆New原因調査再発防止対策フォーマット.xlsx

ヒューマンエラー対策
 ◆ヒューマンエラー再発防止対策マニュアル.pdf
 ◆ヒューマンエラー予防対策評価シート.xlsx

再発防止対策
 ◆モグラたたきからの脱出・再発防止対..
posted by k_hamada at 18:55

2018年05月08日

QCサークル活動にまつわる質問(疑問や不満とは):問題丸投げでは解決しない

QCサークル活動(小集団活動)に関する疑問や「やらされ感」に関する不満は
多く寄せられます。
企業のQCサークル活動はどのような位置づけにあると考えればいいでしょうか?




  ★工場の日常管理と品質改善活動・事例セミナー
  ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ

QCサークル活動の疑問..
posted by k_hamada at 21:00

2018年05月05日

HMD:ヘッドマウントディスプレイの応用例 製造業の事例解説・改善の進め方

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)は製造ラインの業務支援・検査にとどまらず
サービス業、卸売業、建設業、保守メンテナンス業など、様々な業界で応用が
可能です。
以下にその応用例を紹介します。
HMD.jpg
カメラ、マイク、ヘッドセットなどを組み合わせ、コンピュータに接続することで
アイデア次第で、様々な用途として使うことができます。
①案内(ガイダンス)
 ・商品説明:価格、使用方法や機能の説明など表示
 ・作業手順:工場の作業や機械設備の操作手順など順番に表示
 ・ピッキング・仕訳:バーコードリ..
posted by k_hamada at 00:00

2018年05月01日

多能工化とは?製造業の品質管理 改善の進め方事例

多品種少量生産工場の多能工化につて考えてみます。
工場では、準備作業や運搬作業、問い合わせなどの直接作業以外の作業が増加
しています。それらの意作業についても多能工化する必要があります。

 ★品質管理の本当の意味を事例で習得するセミナー
 ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ

日本では、1人1人が長時間働き、沢山の仕事をこなして評価される文..
posted by k_hamada at 23:30

2018年05月01日

製造業の品質管理の成り立つ条件:製造業の品質管理 改善の進め方事例

製造業の現場で品質管理が浸透しているかどうか、そして品質管理活動が成り
立つ条件とは何かについて考えてみます。
一つ目目の条件:固有技術
従来から培ってきた過去のノウハウ、人に備わった技能など、企業固有の差別化
技術・商品・ノウハウ、過去トラブル事例などの共有財産を指します。
特に最近では、市場における商品の安全性・信頼性を確保するための設計技術
製造のノウハウなどを指します
二つ目の条件:管理技術
製造現場の問題解決力(現場力)とトラブル未然予防のしくみ、手法の確立の
程度、Iso9..
posted by k_hamada at 19:00

2018年04月25日

現場の管理監督者が取り組むべきヒューマンエラー予防対策5つのポイント

ヒューマンエラー対策は、ミスをした作業者に注意することは大事ですが
現場の管理監督者として、取り組まなければならない重要な5つのポイント
について解説します。





1.ヒューマンエラーが発生しやすい職場とは
ヒューマンエラーが発生しやすい職場では、組織の風土や雰囲気、そして
管理監..
posted by k_hamada at 23:40

2018年04月25日

職場内教育によるヒューマンエラー再発防止・予防対策の進め方

人間は訓練によって多くのミス(ヒューマンエラー)を防ぐことが可能になります。
また、適切に訓練された資格者をその作業に当てることも重要な事です。





 ★ヒューマンエラー再発防止・予防対策(事例研究)
posted by k_hamada at 23:24

2018年04月25日

未然防止のヒューマンエラー対策

ヒューマンエラー(ポカミス)の未然防止、再発防止を図るためには、どのような
対策を行えばいいでしょうか?





品質管理の基本0601.jpg
手順書をいくら直しても、作業者をいくら再教育しても「次から注意しなさい!」
と言っているに過ぎず、ポカミスは無くなりません。

 ★ヒューマンエラー再発防止・予防対策(..
posted by k_hamada at 18:00

2018年04月20日

若手・中堅社員の「プロ人材」育成マニュアル:製造業の現場の中核人材育成

若手・中堅社員の「プロ人材」育成マニュアル
製造業品質改善を推進する中核人材育成の考え方・手法・事例解説
若手人材育成、品質向上のためのQCサークル活動を活性化する
製造業クレーム対策・是正処置・水平展開・再発防止・流出防止対策 ヒューマンエラー予防
工場の現場の4M管理・品質検査・多能工教育・DRBFM・未然予防・リスク対策
   (全19シリーズ目次)

若手・中堅社員の「プロ人材」育成マニュアル
 階層別(新人・職場リーダー・管理..
posted by k_hamada at 12:00

2017年12月17日

セル生産における多能工化・人材育成の手順:高崎ものづくり技術研究所

多品種・少量生産で採用されるセル生産方式は、生産変動へ柔軟に対応で きることが最大の強みで、現在は、家電メーカーや産業用機器メーカー等 で積極的に導入されています。
 ★生産性改善、日常業務改善手順を事例で習得するセミナー    ・セミナー・プログラム(東京・群馬)  ★製造業の品質改善事例解説書シリーズ    ・新製品立上げと協力工場生産委託マニュアル    ・工場長の業務改革プロジェクト活動マニュル    ・4M変動に強い現場の日常管理のしくみと運用マニュ..
posted by k_hamada at 06:00
 ★無料:品質管理書式フォームお申し込み ★無料:ネット相談フォーム

   9月:セミナー予定

FMEA(DRBFM)/FTA実践コース
設計プロセス・製造プロセス

 ★9月4日(金)名古屋:愛知県産業労働センター